ファスティングは簡単に言うと、プチ断食です。全く食べないというわけではなく、いつもの食事を酵素ドリンクに置き換えて、断食を行います。

ここでは、ファスティングの効果ファスティングで準備するもの半日ファスティングのやり方1日ファスティングのやり方3日ファスティングのやり方酵素ドリンクの作り方を説明します。

この記事だけで、ファスティングをすぐに実践することができますので、是非お試しください。

ファスティングの効果

ファスティングを行うと、消化と吸収で働き続けていた内臓を休めることができます。内臓の中には酵素が存在しており、酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」の2種類に分かれています。

  • 普段の生活:代謝酵素が少なめ、消化酵素が多めとなっています。現代の食事は食べすぎの場合が多いため、消化酵素ばかりが働いています。
  • ファスティング中:代謝酵素が多め、消化酵素が少なめとなっています。そのため、エネルギーが燃えやすくなります。

このように、ファスティングで代謝酵素を働かせることで、ダイエット効果も得られます。

ダイエット

ファスティングで得られる効果は、主に5つに分けられます。

  1. 体内のミネラルバランスを正常に整える
  2. 体内の脂肪酸バランスを正常に整える
  3. 抗酸化栄養素を摂り、活性酵素から体を守る
  4. 食物酵素を摂り、消化を助ける
  5. 腸や肝臓の消化機能を休め、健康状態が高まる

ファスティングで準備するもの

ファスティングを始める前に、準備しておくと便利です。なるべく、下記のものを揃えておきましょう。

ファスティング

  • ノンカフェインの飲み物:カモミールティー、ルイボスティーなど。
  • 体重計:体脂肪率を測る体重計を用意します。
  • ペンとノート:体の状態を記録します。体脂肪率など。
  • 酵素ドリンク:市販の酵素ドリンクを用意します。もしくは、酵素ドリンクを手作りすることもできます。
  • ジューサー:酵素ドリンクを手作りする場合は用意します。
  • 良質な水:ファスティング中は1日あたり2リットルの水が必要です。ミネラルウォーターなどを用意します。

半日ファスティングのやり方

朝食または夕食のどちらかを、ファスティングジュースに替える方法です。あとの食事は、普段の食事を行います。

半日ファスティング

半日ファスティングの流れは下記の2通りです。

  • 朝<酵素ドリンク>→昼<普段の食事>→夜<普段の食事>
  • 朝<普段の食事>→昼<普段の食事>→夜<酵素ドリンク>

半日ファスティングについて詳しく知りたい方は、ファスティングは一日と半日でも取り組めるのかもご覧くださいね!

1日ファスティングのやり方

1日ファスティングを行う場合は、前日からファスティングを行う準備を始めましょう。この準備する期間を準備期間と呼びます。

準備期間は、マゴワヤサシイの食材を使った食事を行います。マゴワヤサシイは、「豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも」の頭文字を指します。

例えば、豆を使った豆腐料理を摂取するとよいでしょう。油分が少なめの和食がベストです。

1日ファスティングの流れは、下記のとおりです。

前日<マゴワヤサシイの食材を使った食事>→ファスティング当日<3食全てを酵素ドリンク>→翌日の朝<お粥>→翌日の昼・夜<マゴワヤサシイの食材を使った食事>

1日ファスティングの効果についてもっと知りたい方は、1日ファスティングによるダイエット効果やメリットについてをご覧くださいね!

3日ファスティングのやり方

半日ファスティングや1日ファスティングを行って、ペースを掴んでから、3日ファスティングに取り組みましょう。

また、3日ファスティングでは、必ず良質な水を用意しましょう。

前日の3日間<マゴワヤサシイの食材を使った食事>→ファスティング3日間<起床後に水を300cc取り、3食全てを酵素ドリンクにする。1日2リットルの水を合間に消費する。>→翌日の朝<お粥>→翌日の昼<お粥>→翌日の夜<マゴワヤサシイの食材を使った食事>→徐々に<マゴワヤサシイの食材を使った食事>から<普段の食事>へ戻す

3日ファスティングの回復食特集は、ファスティング後の3日目におすすめ回復食5選に詳しく書いています!

酵素ドリンクの作り方

市販の酵素ドリンクを使うと便利ですが、価格も高価な場合が多いです。そのため、手作りの酵素ドリンクを作ってみましょう。

酵素ドリンク

手作り酵素ドリンクの材料(1杯分)

  • いちご…100g
  • レモン…1/2個
  • 豆乳…80cc

手作り酵素ドリンクのレシピ(1杯分)

  1. いちごは、へたを取りましょう。そして、半分に切ります。
  2. レモンは皮をむいて、一口大に切ります。
  3. 1と2をジューサーにかけます。
  4. 3に豆乳を混ぜ合わせて完成です。

使用する果物は、できれば季節にあった旬の食材を使うと、さらにファスティングの効果がアップします。