ファスティングは体や心によい影響を与えてくれます。また、ファスティングにどういった効果があるかを知ることで、ファスティングの成果をより実感できます。

ファスティングにどのような効果があるか、学びましょう。

体脂肪が落ちる効果

ファスティングには、脂肪を燃焼し、体重と体脂肪を理想的なバランスにします。

ファスティングをすると体重が減るのはなぜ?

ファスティングをすると、体重がほぼ確実に減ります。単純に、食べないから痩せるということではなく、ドリンクなどでビタミンとミネラルを補給しつつ、摂取カロリーをぎりぎりまで減らし、それによって代謝力が上がるからです。

体の消化機能を休めることで、弱った組織が修復でき、蓄積された脂肪を燃焼します。

ダイエット

毒素を排出するデトックス効果

ファスティングには脂肪組織に溜まった毒素を追い出す効果があります。

ファスティングで老化を防ぐ

代謝という働きが体にはありますが、これは細胞を新しいものに作り替える働きのことです。年をとっていくと、代謝のサイクルは長くなっていきます。

ファスティングは、代謝のサイクルにおける体内の浄化の役割を果たしてくれます。

普段の生活で、私たちの体の中では毒素が溜まっていきますが、これは脂肪に溜まりやすいのです。その脂肪を、ファスティングでは燃焼するため、デトックス効果につながります。

デトックス

大腸を浄化する効果

宿便として腸壁にこびりついた老廃物を取り除き排出する効果があります。

ファスティングで大腸を綺麗にする

便秘でお悩みの方は、ファスティングが効果的です。ファスティングでは、最低限のものしか口にしません。そのため、ファスティングは大腸の掃除に効果的です。

食べ物の残りかすや老廃物は、大腸を通って排出されますが、その大腸の環境が綺麗でない場合、ゴミが溜まってしまい、便秘になります。

大腸

病気を早期回復させる効果

ダメージを受けた細胞を修復し、自己治癒力がアップします。

ファスティングで自然治癒力がアップ

ファスティングは人為的に飢餓の状態を作り出しています。ファスティングによって、生物が本来持っている自然治癒力を思い出させる効果があります。

例えば、風邪の時に食欲が出ないのは、こういった自然治癒力を高めるために、体がそのように仕向けているのです。

元気がみなぎる効果

ファスティングには臓器を休息させて、体を元気にさせる効果があります。

ファスティングで内臓に休息を与える

私たちの内臓は栄養の消化と吸収で働き続けています。ファスティングは、疲れた内臓を一休みさせるよい時間となります。

内臓はファスティングの期間にリフレッシュし、パワーアップします。肝臓や肺などもリフレッシュさせるのです。食べ過ぎると胃もたれする…といったのは、こういう理由です。

血液を浄化させる効果

ファスティングには余分なコレステロールを取り除き、血液をサラサラにさせる効果があります。

ファスティングが血液を綺麗にする理由

ファスティングで一定期間食べ物を食べないと、体の中に残っている不要な物を燃焼して、エネルギーを作り出そうとします。

そのため、血中のコレステロールを消費し、血液が綺麗になります。

味覚や聴覚などの感覚が研ぎ澄まされる効果

感覚が鋭敏になり、爽快に感じる効果があります。

ファスティング後は食事が美味しくなります

ファスティングを行った後、回復食を口にすると、いつも以上に美味しく感じられます。

それは、空腹だからではなく、舌の味覚をつかさどる細胞の修復が行われたためです。その他、聴覚、視覚、嗅覚などの感覚もアップします。

元気

免疫力を高める効果

白血球が活性化し、細菌やウイルスによる感染を抑制します。

ファスティングで免疫システムを正常化

ファスティング後、病気にかかりにくいと感じることがあります。

それは、ファスティングによって臓器を休めたため、白血球が活性化するのことにより、正常化します。白血球は小腸にたくさん存在し、その小腸をファスティングで休めることによって、白血球が元気になります。

白血球は異物を撃退する働きをしているため、免疫力が高まるのです。

白血球