リバウンドしない酵素ドリングファスティングの正しい方法

ファスティングの資格

ファスティングは短期間で大きなダイエット効果が得られるとして、女性を中心に人気のダイエット法です。ファスティングが終わった直後は体重が減っているのに、いつも通りの生活に戻ったとたんに体重もあっという間に元に戻ってしまい、あまり効果を実感できなかったという人も少なくありません。リバウンドせずに酵素ファスティングを成功させる、おすすめのやり方について紹介します。

酵素ファスティングの前日は準備期間

ファスティングに取り組むのは1日から3日ですが、前日から準備期間としてファスティングに向けた食生活をすることがひとつめのポイントです。「明日から酵素ファスティングだから、今日はお腹いっぱい食べよう」と前日に満腹状態にしがちです。体の中に食べ物が入った状態で酵素ファスティングに入ると、まずはもともとあった食べ物を分解することにエネルギーを使わなくてはいけません。そうすると脂肪燃焼効率が悪くなり、思うようなダイエット効果が期待できないこともあります。ファスティングの前日は朝から軽めの食事を心がけ、夜は消化のいいものを中心に腹7分目を目安に食べましょう。

ファスティング期間中はたっぷり酵素ドリンクを飲んで

ファスティング期間中は、酵素ドリンクと水を中心に過ごします。朝昼晩の3回の食事を酵素ドリンクに置き換えるというイメージではありますが、この3回以外でもお腹がすいたりのどが渇いたりしたら、どんどん酵素ドリンクを飲みましょう。ファスティング中に酵素の量が十分でないと、体が飢餓状態になり食事を摂るようになったときに、一気に栄養を摂りこんでしまうためリバウンドしやすくなってしまいます。また、酵素ドリンクと合わせて水もたっぷりと摂りましょう。酵素ドリンクはデトックス効果が高いため、水を飲んでしっかりと水分を補給することも大切です。

酵素ファスティング後の回復食がリバウンドを防ぐ

食事を摂らないファスティング期間を乗り越えた後、普通食に戻すまでの回復食の期間をきちんと摂ることが、酵素ファスティングの正しいやり方です。回復食を飛ばしていきなり普通食にしてしまうとリバウンドの原因になるだけでなく、胃に負担をかけてしまい体調不良の原因となってしまいます。

回復食はファスティングと同じ日数をかけることが理想で、ファスティングの翌日は重湯や具のないお味噌汁、暖かい豆乳などから始めましょう。回復食2日目から粒が残らないくらいのおかゆやペースト状の野菜をプラスします。3日目におかゆやうどん、柔らかく茹でた野菜などを食べましょう。

酵素ファスティングは自分に合ったやり方を

酵素ファスティングは3日間やることが最も効果的と言われていますが、慣れていない人はいきなり3日間の酵素ファスティングに取り組むことは危険です。体をファスティングに慣らす意味でも、半日や1日のファスティングから始めてみてはいかがでしょう。3日間でなくても1日のファスティングを毎週繰り返すというやり方でも、十分にダイエット効果やデトックス効果を実感することは可能です。無理な酵素ファスティングは行わず、自分のペースで取り組み自分に合ったやり方をすることが大切です。

雑誌やメディアなどでも紹介され、今や健康を維持しながら取り組めるダイエット法として、ファスティングが注目されています。ファスティングという言葉は知っていても「具体的にどのようなことに取り組めばいいわからない」という人のために、ファスティングとはどのようなものなのかを紹介します。正しい方法を知って健康的にダイエットに取り組みましょう。

ファスティングとは必要な栄養を摂りながら行うダイエット法

ファスティングとは、断食という意味がある「fast」という英語がもとになっています。断食は何も口にしないという認識ですが、ファスティングは水分はもちろん、必要な栄養を摂りながら取り組むダイエット法です。

今多くの人が取り組んでいるファスティングは、酵素ドリンクが必須アイテムです。酵素ドリンクを中心にスムージーや豆乳、具のないお味噌汁などの水分と塩分を摂りながら行います。必要な栄養は摂るけれど固形物は摂取しないというスタイルは、体のデトックス効果を高め効率的に脂肪を燃焼させることを目的としています。

ファスティングとはダイエット効果だけだと思われがちですが、肌がきれいになったり胃腸の調子が整ったりと、体のバランスを立て直す効果も期待できます。

ファスティングを成功させる正しい方法

ファスティングをしても思うように減量につながらなかったという人や、すぐにリバウンドしてしまい思っていたほどファスティングの効果を実感できなかった、という人も少なくありません。正しい方法を知ることでファスティングを成功させましょう。

①準備期間として前日から食事量を減らしましょう。

②ファスティング期間は1日から3日が基本です。期間中は酵素ドリンクと水を中心に摂り、豆乳やフレッシュジュースは気分転換として摂りましょう。1日に3回から9回に分けて酵素ドリンクを飲みますが、空腹を感じたらいつでも酵素ドリンクを飲んでもOKです。

③ファスティング期間が終わったら、回復食を摂りましょう。おかゆを中心に1日から3日かけて普通食に戻します。回復食2日目の夜からは柔らかく煮たうどんやそうめんなどを食べてもOKです。

基本的なファスティングの方法はたったこれだけです。回復食の期間を取らずにいきなり普通食に戻すと、胃の負担になるだけでなく急激に栄養が体内に入り込むため、リバウンドの原因となってしまいます。ゆっくりと元の生活に戻していきましょう。

正しい方法にプラスしたい成功へのカギ

ファスティングをより良いものにするには、正しい方法に取り組みつつ+αのポイントを加えることがカギです。ひとつは軽い運動を取り入れることです。ファスティングで脂肪が燃えやすい状態になっていますから、軽い運動を取り入れることでダイエット効果を高めることができます。ファスティング中はなるべく普段通りの生活を心がけ、ウォーキングやヨガなど手軽に取り組める運動をしましょう。

もうひとつはリラックスして行うことです。ファスティングの最大の敵は空腹とそれを満たしたいという気持ちです。イライラが募るとどうしても食べることを考えてしまいがちなので、なるべくリラックスした状態でファスティングに取り組めることが理想です。足湯や半身浴を楽しんだり、趣味に時間を使ったりして空腹感を紛らわせるような過ごし方をしましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 酵素ドリンクなしでファスティングはできる?

  2. ファスティングドリンク

    理由は3つ!ファスティングの回復食にりんごを食べよう

  3. ファスティングの回復食とスケジュール

    ファスティングを体験できるホテルはどんなメリットがあるのか

  4. ファスティングの効果

    リラックスしながらホテルでファスティングダイエット

  5. 酵素ドリンク

    ファスティングは酵素ドリンク以外のもので代用OK?

  6. ファスティングドリンク

    単なるダイエットじゃない!ファスティングとは?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法