りんごがファスティングの回復食にピッタリ!その理由と食べ方

りんごには酵素やポリフェノール、ペクチンなどの痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が豊富に含まれているため、ファスティングの回復食にはもってこいの食材です。
今回は、ファスティングの回復食にりんごを用いると良い理由や最適な食べ方について詳しくご説明していきます。

痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が豊富

りんごには、痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が豊富に含まれています。
そのため、ファスティング後の回復食に取り入れることでファスティングで手に入れたスリムな体を維持することが可能です。
りんごに含まれている、痩せやすい体づくりに役立つそれぞれの栄養素について、詳しくご説明していきます。

・ペクチン
水溶性食物繊維であるペクチンは、腸内に存在するビフィズス菌などの善玉菌のエサとなって善玉菌を増やすとともに、悪玉菌を撃退します。
そのため、腸内をきれいに掃除して有害物質の排出を促す効果があり、便秘によく効きます。
便秘が解消されれば、ぽっこりと出ていてお腹がスッキリして、お腹痩せの効果が得られます。

・ポリフェノール
ポリフェノールとは強い抗酸化作用をもつ物質であり、活性酸素を除去して体の老化を防ぐ効果があることはよく知られていますが、それだけではなく、血液をサラサラにする効果もあります。
血液がサラサラになることで、血流が良くなり代謝アップの効果が期待できます。
代謝がアップすれば、日常生活や運動で消費するカロリーが多くなり、痩せやすい体をつくることができるのです。

・酵素
酵素が多く含まれる食材と言えば大根を思い浮かべる方も多いかと思いますが、りんごも酵素が多く含まれる食材の一つです。
酵素には、体に必要な栄養素の吸収を高める作用があるため、りんご食べて酵素を十分に摂取することで体の機能が高められて体内の毒素が排出されやすくなります。
体内の毒素が排出されれば、体の巡りが良くなり代謝がアップして痩せやすい体となることができるのです。

回復食のりんごは生の状態ですりおろすorミキサーにかける

回復食で食べるりんごは、生の状態ですりおろしたりミキサーにかけたりして食べるのがおすすめです。
ポイントの1つ目は、生の状態で食べること。
りんごに含まれている、代謝アップに効果的な酵素は非常に熱に弱い成分であるため、必ず加熱せずに生の状態で食べるべきです。
さらに、すりおろしたりミキサーにかけたりすることで液体状となって消化吸収しやすくなることはもちろん、酵素が活性化されてより効果的に酵素を体内に取り入れることが可能となります。

食べ過ぎには注意

回復食でのりんごの食べ過ぎには十分注意してください。
果物であるりんごはヘルシーなイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、果物にも「果糖」という糖分が含まれているため、食べ過ぎることで太ってしまいます。
そのため、1回に食べる量は1/3個程度にして糖分の摂りすぎを防ぎましょう。

回復食の1日目からでも摂取可能!

今回は、ファスティングの回復食にりんごを用いると良い理由や最適な食べ方について詳しくご説明してきました。
りんごはすりおろすことで液体状となるため、回復食の1日目からでも安心して摂取することができます。
今回ご紹介した内容を参考に、ファスティングの回復食にはぜひともりんごを取り入れてみてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングとは?3つの食欲を抑える方法

  2. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティング1日目で頭痛の3つの原因と正しい対処法

  3. ファスティングの効果

    甘酒がファスティングダイエットの回復食に最適

  4. ファスティング・断食が体験できるおすすめホテル4選

  5. ファスティングと酵素ドリンクはどう関わっているの?

  6. ファスティングを成功させる方法

    人気あるファスティングドリンクの共通点とは

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法