ダイエット効果が期待できるファスティングとは?

1日ファスティングのスケジュール

雑誌やメディアなどでも取り上げられることが増えたこともあり、「ファスティング」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。最近ではモデルや有名人などがファスティングに挑戦していることもあり、さらに注目度が高まってきました。ファスティングをするとダイエット効果が期待できるなどといわれていますが、実際はどうなのでしょう。今回はファスティングとはどのようなものなのか、詳しく紹介します。

ファスティングとは体をリセットするもの

ファスティングとは、食事の代わりに酵素ドリンクを使って行うダイエット法のひとつとして注目されています。ファスティングによる減量はあくまで結果であり、もともとの目的はダイエットではありません。食事を酵素ドリンクに置き換えることで消化器官を休ませ、老廃物を体外に排出して体をリセットすることが最大の目的です。人は消化するためにたくさんの酵素を使います。ファスティングをすることで酵素を消化に使わなくなるので、その分を脂肪燃焼にまわすことができるようになります。また酵素の力でデトックスが進み、体がすっきりとしてきます。デトックスが進むと腸内環境が整うので、便秘解消にもつながります。ファスティングによって体が良い方向へ向かうことで、ダイエットの効果も期待できるというわけです。

ダイエット目的でファスティングに取り組む

ファスティングとは体をリセットする目的が大きいと紹介しましたが、もちろんダイエット目的でファスティングに取り組むことも可能です。ダイエット目的でファスティングに取り組む場合、いくつかのポイントがあるのでしっかり把握しておきましょう。

・酵素ドリンクは無添加で加糖されていないものを選ぶ

・酵素ドリンクは推奨量をしっかり飲みきる

・酵素ドリンクを飲んだら同量の水を飲む

・なるべく普段通りに過ごす

・ファスティング前後には準備期間と回復食期間を設ける

ファスティングはライフスタイルや経験などに合わせて、1日から3日の期間で取り組むようにしましょう。初めてファスティングに取り組むのにいきなり3日間から始めてしまっては、体に負担がかかってしまいます。初めは1日のファスティングから始めてみるといいでしょう。

ダイエット効率を上げるファスティングとは?

もっとファスティングによるダイエット効率を上げたい、と考えている人もいるかもしれません。ファスティングで大きなポイントとなるのは、ファスティング前後の取り組み方だといわれています。先にも少し触れましたが、ファスティング前後にどのような食生活を上げるかで、ダイエットが成功するか失敗するかが決まります。前日までお腹いっぱい食事を摂り、翌日からいきなりファスティングをしてしまっては、消化に時間がかかりファスティング効率が下がります。また、ファスティング後にいきなり普通食を摂ってしまうのもNGです。ファスティング後は体が栄養を欲しているので、いつもよりもたくさん栄養を吸収しようとします。ゆっくりとカロリーを増やしていくことでリバウンドを防ぎます。ファスティング前は数日前からファスティングに向けて食事を減らし、ファスティング後は体の調子を見ながら少しずつ食事を増やすことが大切です。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの効果

    ファスティングを体験できる安いホテルを選ぶ際のメリットと注意…

  2. ファスティングの回復食とスケジュール

    ヨーグルトを使ったファスティングの効果や食事方法

  3. ファスティングダイエットは専門家の元でやるのが効果的!おすす…

  4. ファスティングの回復食

    ファスティング後の回復食3日目以降に食べたい「まごわやさしい…

  5. ファスティング後は回復食でリバウンド防止!メニューやおすすめ…

  6. ファスティングの回復食に豆乳がおすすめ!3つの理由とは

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法