ファスティングで食欲を抑える方法と挫折しないポイント

ファスティングを成功させるポイント

ファスティングと聞くと皆さんはどんなことをイメージするでしょうか。ダイエットのためと答える人がほとんどでしょうが、実はただ減量をするというだけではありません。ファスティングは食欲を抑える方法として取り組むことも可能で、定期的に取り組むことで結果的に減量にも成功することができます。ファスティングとはどのようなものなのかを詳しく知り、ダイエットに役立ててみませんか?

ファスティングとは?

ファスティングとは1日から3日の期間を酵素ドリンクと水など水分だけで過ごすダイエット法のことを言います。酵素ドリンクを飲むことで体に必要な栄養素を摂りつつ、体に溜まった老廃物を体外へ排出することで減量をはかります。短期間での減量を目指す人やデトックスしたいと考える人に人気のダイエット法です。断食や無理なダイエットと違い、1日から3日という短期間で集中して行うため、手軽に取り組むことができると注目されています。

1日に決められた量の酵素ドリンクを飲み、それと同量の水を飲むことがファスティングの基本ですが、少量であれば豆乳やフレッシジュース、ハーブティーなどを飲むことも可能です。味のあるものが飲めるということや、無理な食事制限がないことがファスティングの魅力です。

ファスティングは食欲を抑える方法のひとつ

短期間で減量ができ、デトックス効果もあるということがファスティングの最大の魅力ですが、食欲を抑える方法のひとつでもあります。ファスティングが食欲を抑える効果があるといわれている理由として挙げられるのは、ファスティング前後の過ごし方にあります。ファスティング期間中はもちろん食事を摂ることができませんが、ファスティングの前後も食事量に注意する必要があります。

ファスティングに取り組む前日は、ファスティングに向けて軽めの食事をすることが好ましいです。またファスティングが終わった翌日からは、回復食と言ってスープやおかゆなどを中心とした食生活をしばらく送ります。回復食の期間はファスティングを行った期間と同じ日数か、それよりもプラス1日か2日の期間が必要です。ファスティングの前後を合わせると軽めの食事をしている期間が長く、自然と食欲を抑えることができるようになるのです。

ファスティングとは食欲を抑えるために行う

単に減量をしたいという目的でファスティングに取り組むのもいいですが、ファスティングは普段食べすぎで困っている人や、食欲を抑える方法を知りたいという人にこそおすすめです。定期的にファスティングに取り組むことで全体の食事量を自然と減らすことができるようになります。食事量が減れば食欲も抑えられ、少量の食事でも満足することができるようになります。3日もファスティングに取り組む自信がないという人は、半日から始めてみてはいかがでしょう。食欲を減らすという意味では、半日からのファスティングも十分有効です。

ストレスが溜まるとつい暴飲暴食をしてしまうという人にもファスティングはおすすめです。ファスティングは胃腸を休めることも目的なので、疲れた胃腸をファスティングで休ませてあげましょう。ファスティングとは食欲を抑えるための方法としても注目されています。

ファスティングの挫折原因

プチ断食ダイエットと呼ばれるファスティングは、主に酵素ドリンクなどで半日~3日ほど過ごすダイエットで、胃に固形物を入れないため酷い空腹感が襲ってきます。初日でそれに耐えられず挫折してしまう人が多く、逆に初日を過ぎると体が慣れてしまって決めた日にちまで耐えられる方もいらっしゃいます。しかしその難関、一日目の空腹感にはどうしても抗えないため成功しないという方のために、この記事ではファスティングによる空腹感を抑える方法をご紹介いたします。

食欲には抗わない

ファスティング中は固形物を食べることはできませんが、低カロリーなヨーグルトや炭酸水などを使えば問題なくファスティングを続けることができます。酵素ドリンク以外飲んではいけないという事ではありませんので、このような食材であれば摂りすぎないように適度に食べるのも良いでしょう。食べなかったことによって我慢できず、1日目でファスティングが終わってしまうよりは良い結果になります。炭酸水は一日に2リットルほど飲んでも問題ありませんので、かなり空腹感を凌げ食欲を抑えることができます。ヨーグルトも非常に腹持ちが良く、食感により「食べた」という気分を味わえるため体が自然とそれで満足するようになります。ヨーグルトは砂糖やジャムなどを加えずに食べてください。

空腹感や食欲を忘れる

上記の方法でもどうしても何かが食べたくなってしまうという方は、食欲を忘れるほど楽しめることに取り組むなどもおすすめです。特に社会人の方は、平日のファスティングは厳しいため休日の2日間で取り組む方が多いのですが、この時に温泉や自分の趣味を最大限に楽しむことによって食欲を忘れることもできます。
自宅のお風呂や温泉などには食欲を抑えられる効果があり、食事前にお風呂に入ると空腹感を忘れられるため、ダイエットには非常に有効だと言われています。これは内臓に血液が集まり胃腸が働いてお腹が減るという作用を考えて、お腹が空くころにお風呂に入ることでその血液が全身に巡り、胃腸の働きが緩やかになるため食欲を抑えてくれるのです。この時、お風呂を少し熱めに設定するとなおよいでしょう。一日一回しか入れないものでもないので、もしどうしても空腹に耐えられなかったり寝るまでの時間を持て余しているようでしたら、もう一度お風呂に入っても良いと思います。お風呂から上がった後は水を飲みしっかり水分補給することも大切です。

ファスティングを成功させる方法

空腹感や食欲をある程度コントロールできるようになると、ファスティングは自然と成功します。しかしここで気を付けていただきたいのが、断食には成功しても、それからすぐに自分の好きなものやご褒美と言って沢山ご飯を食べると1日でリバウンドしてしまう恐れがあります。せっかくファスティングに成功したのに、直後に台無しにしてしまうのはあまりにも勿体ありません。2~3日以上のファスティングには必ずと言っていいほど回復食が必須になりますので、ファスティングに挑戦しようと思っている方は一度ルールや注意事項についてしっかりと確認してから実践してください。空腹感に耐えるファスティングが成功したのであればそれ以上辛いことはありませんので、回復食まで油断せずに取り組みましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食にフルーツはOK?

  2. ファスティングの資格

    ファスティングの資格取得方法【取得難易度は高い?ファスティン…

  3. ファスティングの気を付けたい点

    ファスティングの回復食には大根を食べよう

  4. ファスティングの回復食にバナナはNG!?その理由は?

  5. ファスティングが体験できるおススメのホテル

  6. ファスティング後は回復食でリバウンド防止!メニューやおすすめ…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法