ヨーグルト断食ダイエット方法【初心者でも簡単!効果とコツも分かる!】

プチ断食ダイエット

〝ヨーグルトは体によい〟と、昔から言われています。ヨーグルトには便秘を解消し、お腹の調子を整える効果があるのを、多くの人が実際に体験して知っているからです。
では何故、便秘を解消する効果がヨーグルトにあるのかというと、乳酸菌や善玉菌であるビフィズス菌を豊富に含んでいるためです。また、最近ではヨーグルトにダイエット効果があるということで注目されていますが、それが便秘の解消からもたらされていると思っている人が多くいます。勿論、それも理由のひとつですが、実はヨーグルトそのものにダイエット効果があるのです。
そこで、ヨーグルトに含まれているダイエット効果について紹介します。

ヨーグルト断食ダイエットとは?

ヨーグルトを用いてダイエットする方法として最近、「ヨーグルト断食ダイエット」が人気を博しています。
「ヨーグルト断食ダイエット」というのは、月に一回、週末を利用して一日ヨーグルトのみを食べて過ごすダイエット方法のひとつです。
断食は本来、ダイエットを目的としたものでなく、宗教的行為として行われていた儀式のひとつです。断食が一定期間食べ物を摂らないことで胃腸などの消化器官の機能を休ませて、その分、代謝機能を向上させて細胞を元気にすることでダイエット効果を促進させるのです。つまり、体に摂取した食べ物を消化、吸収と代謝してエネルギー源に換えて蓄積するというメカニズムがあるため、食べ過ぎた分が余分な脂肪になり体内に蓄えてしまうのです。
また、常に食べ続けているということは、食べ物を消化する胃腸などの消化器官は常に稼働している状態を続けているので、やがて機能低下を招いて行きます。
断食する方法にもさまざまあり、ヨーグルト断食ダイエットもその中のひとつです。断食は何も食べないことですが、食事としてヨーグルトのみを摂ることで体に必要な栄養を補いながら消化器官の負担を少なくしていくダイエット方法です。

ヨーグルト断食ダイエットのポイント

ヨーグルト断食を行うときに、おすすめのポイントが3点あります。

①プロバイオティクスが含まれているヨーグルトを選ぶこと
ヨーグルト断食するときに使用するヨーグルトは好きなものでいいのですが、プロバイオティクスが含有されたヨーグルトをおすすめします。プロバイオティクスは、腸内細胞のバランスを改善し、より多くの乳酸菌を腸へ届ける効果を高めると言われています。
②シンプルなプレーン味を選ぶこと
市販のヨーグルトには果汁や果肉を混ぜている加工品が多く出回っていますが、胃腸の消化機能を休ませるという観点からおすすめできません。シンプルなプレーン味のものを選びます。甘味が足りないという場合にはプロバイオティクスの善玉菌が好むオリゴ糖をかけるくらいがおすすめです。
③炭酸水の活用
ヨーグルトは飲むというより噛み込むという感覚で、満腹感が得られやすいです。断食中、水分補給は欠かせません。満足感が得やすいということで、ヨーグルトとともに炭酸水を活用する方法があります。少しでも満腹感が得られれば、ファスティング中に空腹でイライラしてストレスを溜めずにダイエットに励むことができます。

ダイエットにヨーグルト効果はあるのか?

断食をするといっても、本格的な断食でなく、決められた食べ物を摂るプチ断食でさまざまな食品が用いられています。その中のひとつに、ヨーグルトがあります。
ヨーグルトには、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの筋肉や内臓を維持するために欠かせない栄養分が含まれているだけでなく、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌も摂取できて直接腸内に送ることができ、腸内環境を整えるのでダイエットだけでなくデトックス効果にも役立ちます。

ファスティングはダイエット効果だけでなく、実際に試した人は「世界観が変わる」「食事に対する意識が変わる」というような乾燥を持つ人が多いです。食事を酵素ドリンクに置き換えるファスティングをもっと手軽に取り組みたいという人におすすめなのが、酵素ドリンク一緒にヨーグルトを摂る方法です。ヨーグルトを取り入れるメリットを紹介します。

ヨーグルトでファスティング中に不足しがちな栄養を摂る

ファスティングで摂りいれる酵素ドリンクには、ダイエット中に必要な栄養がたっぷり含まれています。ビタミンやミネラルなど、必要な栄養を摂りながら行うファスティングは、リバウンドを予防し代謝をアップさせる目的があります。酵素ドリンクにはビタミンやミネラルは豊富ですが、タンパク質が不足しがちです。タンパク質は肉や魚に多く含まれますが、ファスティング中に肉や魚を食べるわけにはいきません。

ファスティング中でも問題なく取り入れられるのが、ヨーグルトというわけです。ヨーグルトは乳製品なのでタンパク質が豊富で、ミネラルもバランスよく含まれています。タンパク質を摂りながらファスティングを行うことで、筋肉量の低下を防ぎ脂肪燃焼を促します。

ヨーグルトは腸内環境を整える

ファスティングを行うことで得られる効果として、デトックスがあります。酵素ドリンクを飲むことでデトックスが進みますが、ヨーグルトを食べることでデトックスをサポートする役割もあります。ヨーグルトには乳酸菌が含まれ、腸内環境を正常に整える働きをします。腸内環境が整うとデトックスがスムーズに進み、減量に必要な栄養を効率的に吸収することができるようになります。結果、痩せやすい体質へと導いてくれるのです。

腸内環境が整うことで、肌質の改善にも役立ちます。腸の調子=肌の調子といわれ、肌荒れや乾燥などの肌トラブルを改善する近道は、腸内環境を整えることだとも言われています。ファスティングによって腸内環境が整うことで、肌の調子が良くなったという声も多く聞かれます。

酵素ドリンク×ヨーグルトファスティングの取り組み方

ヨーグルトを取り入れたファスティングに取り組む場合、酵素ドリンクと合わせて摂ることでファスティング効率をアップさせることが可能です。おすすめのファスティングスケジュールを紹介します。

まずはファスティングに取り組む期間を決めましょう。1日から3日程度がおすすめです。初めてファスティングに取り組む人は1日から始めてみてはいかがでしょう。ファスティング期間を決めたら、ファスティング期間と同期間を準備期間として設けます。ファスティング当日までに食事を徐々に減らし、消化のいいものを中心に摂りましょう。ファスティング前日は腹7分目を目安に、軽めの食事を心がけます。

ファスティング期間は、酵素ドリンクとヨーグルトで過ごします。酵素ドリンクは食事のタイミングを基本に、空腹を感じたりのどが乾いたらいつでも飲むことができます。ヨーグルトはプレーンタイプを用意し、食事のタイミングで取り入れます。1回につき100g程度を目安にゆっくりと食べましょう。酵素ドリンクは1回で200mlから400ml飲みます。これと合わせて水か白湯も同量飲むようにしましょう。

ファスティングが終了したら、ファスティング期間と同期間を回復食で過ごします。おかゆやお味噌汁、野菜スープや野菜の煮物を中心に、消化しやすいものを中心に摂るようにしましょう。1週間ほどで完全に普通食に戻すといいでしょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの酵素ドリンクを市販で購入しよう

  2. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティングで食欲を抑える方法と挫折しないポイント

  3. 日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判

  4. ファスティング後の回復食で二日目に適した食材について

  5. ファスティングの回復食

    ファスティングダイエットの回復食におすすめのメニュー5選【甘…

  6. ファスティングの酵素ドリンク

    バナナはファスティング後の回復食に適しているのか

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法