ファスティングに使う無添加手作り酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンク

ファスティングには酵素ドリンクが必須アイテムです。ファスティングブームと言っても過言ではないほど、女性を中心に定期的にファスティングに取り組む人が増えています。酵素ドリンクは様々なメーカーから販売されていますが、皆さんはどのような基準で酵素ドリンクを選んでいますか?ファスティングに使う酵素ドリンクは無添加であることが大きなポイントとなります。そこで今回は、なぜ無添加の酵素ドリンクがいいのか、その理由を紹介します。

無添加ではない酵素ドリンクは多い

酵素ドリンクとして販売されているものは、実は無添加ではないものが多いのです。酵素ドリンクは「体にいいもの」として販売されているため、何の疑いもせずに無添加だと思っている人もいるでしょう。酵素ドリンクは野菜や果物から抽出されたエキスを凝縮し発酵させたもので、初めて酵素ドリンクを飲む人は飲みにくいと感じることもあります。独特のにおいや味、飲みにくさを緩和させるために、酵素エキスに糖液や香料を加え飲みやすく加工した商品もあります。糖液などが加えられた酵素ドリンクは保存料なども加えられるため、野菜や果物のほかに食品添加物がたくさん入っています。

無添加でないとファスティングの効果が落ちる?

ファスティングによって減量を目指しているという人や、効率的にデトックスを進めたいという人は、無添加の酵素ドリンクを選ぶことが大切です。ファスティングでは余計なものを摂らずに、酵素ドリンクから体に必要な栄養だけを摂取しデトックスを進めていきます。無添加の酵素ドリンクは栄養が低分子化されていて、消化酵素を使わずに吸収率を高めてくれます。食品添加物は体内で処理するために酵素をたっぷりと使ってしまい、体内酵素を無駄遣いしてしまいます。酵素ドリンクを飲むことで消化酵素を節約することを目的としているのに、酵素ドリンクに食品添加物が含まれていては全く意味がありません。添加物が含まれた酵素ドリンクを使ってファスティングに取り組んだとしても、減量はおろかデトックスもスムーズに進まなくなってしまうのです。

無添加の酵素ドリンクを選ぶポイント

ファスティングによって減量やデトックスを目的としている人には、無添加の酵素ドリンクを選ぶことが大切だということが分かったところで、どのようなことに気を付けて無添加の酵素ドリンクを選べばいいのでしょう。

まずは原材料をチェックしましょう。食品として販売するものは原材料を明記することが義務付けられています。原材料に野菜や果物の種類がずらりと並び、余計なものが含まれていなければ無添加と判断してもいいでしょう。酵素ドリンクにはスクラロースや果糖ブドウ糖液糖といった甘味料や、ソルビンや亜硫酸ナトリウムといった保存料、亜硝酸ナトリウムという着色料が含まれていることがあります。これらの食品添加物が含まれていないかもチェックすることをおすすめします。

野菜の産地を明記している会社は信頼ができます。酵素ドリンクに使われてる野菜や果物皮ごと使うことが多いので、無農薬であることもひとつのポイントです。食材の産地が明記されている会社は、食材の質や無農薬にこだわっていることが多いため、自信を持って提供していることがよくわかります。こういったことも選ぶポイントにしてみましょう。

手作り酵素ドリンク

3日間のファスティングを続けるために、酵素ドリンクは必要不可欠になります。固形物を食べない日が続くのですから、それを補えるほどの栄養を豆乳や野菜ジュースなどのドリンクで賄うのはなかなか難しく、健康的にもよろしくありません。しかし酵素ドリンクは非常に高く、なかなか手が出せずにファスティング自体を諦めてしまう方も多いのが現状です。この記事では、ファスティングの際に使える手作りドリンクについてご紹介いたします。

酵素ドリンクを作る際の注意点

手作りのドリンクを使うのならば、通販で酵素ドリンクの到着を待たずにその日にファスティングを行えます。ですが自分で酵素ドリンクを作る際の注意点や野菜の選び方など、正しい知識がないと作ることができません。酵素ドリンクは野菜ジュースと少し似ており、手作り酵素ドリンクも材料を見れば普通の野菜ジュースに見えます。しかし手作りの酵素ドリンクには糖類や添加物が入っていませんが、市販の野菜ジュースはどちらも多く含まれているという異なる点があります。市販の野菜ジュースは3日間のファスティングに使えないためご注意ください。
ファスティングのに使う酵素ドリンクを作るには、まず作ったジュースに食物酵素が含まれているかどうかが前提となります。これは毒素を体から出したり脂肪の燃焼を手伝う酵素でありますので、酵素ドリンクには必要不可欠な成分です。食物酵素は多くの野菜に含まれていますが、実は空気に触れてしまうと酸化が進むため新鮮な野菜を使う必要があります。作ったらすぐ飲み、出来ればその都度作りましょう。
そしてもう一つは、無農薬の野菜を使うことが望まれます。ファスティング期間中は胃に入った物を全て吸収するように働きますので、添加物が入っているとそれすらも取り込み、すぐ体に悪影響が出てしまいます。ですので、ジュースに使う野菜は無農薬のものを選びましょう。

手作り酵素ドリンクのレシピ

今回は酵素ドリンクが作れるレシピをご紹介いたしますので、上記の注意点を踏まえて是非挑戦してみてください。

<材料>

にんじん・・・半分

ホウレンソウ・・・半分

キャベツ・・・2枚程度

バナナ・・・半分

豆乳・・・100cc

レモン汁・・・適量

これらをジューサーに加え材料を絞ってください。この時ミキサーでなくジューサーを使う必要があります。ファスティング中は胃腸を休めている状態になりますが、食物繊維は消化が必要なものですので胃腸を働かせてしまうことになります。これでは内臓を休めることができないため、繊維を取り除けるジューサーを使ってください。そして豆乳を使っていますが、この豆乳は牛乳では代用できないためご注意ください。ファスティング中に乳製品は控えましょう。
野菜を選ぶ際には、ビタミンやミネラルも多く含まれている物が理想的です。ファスティング期間中何度も飲むことになると思いますので、野菜を変えてバリエーションを増やしてみたり、飽きないような工夫をすることもファスティングを長く続けるコツです。

手作りドリンクを使う時に気を付けていただきたいのですが、6日など長期のファスティングに手作りドリンクは向いていません。手作りの酵素ドリンクで補える栄養は3日が限度であり、それ以上長引かせるのならば医学的に体に必要な栄養が調整されている市販の酵素ドリンクを使う必要があります。それでも6日のファスティングは、正しい知識を身に付けなければ推奨されませんので、もし挑戦したいと考えるならば一度専門家に相談したり、自分の体調を考えながら進めてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティング(断食)回復食3日目!メニューや注意点を教えま…

  2. 薬局で販売しているファスティングドリンクの選び方について

  3. ファスティングの効果

    ファスティングの酵素ドリンクを薬局で購入する方法

  4. SARAスクール口コミ評判

  5. 酵素ドリンク

    ファスティングは酵素ドリンク以外のもので代用OK?

  6. ファスティングサプリとドリンク

    酵素ファスティングのやり方とは

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法