ファスティングの回復食には豆乳が最適!得られる効果と選び方

断食ダイエット

豆乳は、大豆から皮や繊維が取り除かれた液体の状態となっているため、回復食1日目から摂取が可能です。
また、痩せやすい体づくりに役立つ大豆サポニンやイソフラボン、アミノ酸、オリゴ糖などの栄養素が豊富に含まれているため、ファスティングの回復食には最適な食品です。
今回は、ファスティングの回復食に豆乳を用いることで得られる効果と回復食に最適な豆乳の選び方について詳しくご紹介していきます。

豆乳は回復食1日目から摂取が可能

豆乳は、回復食1日目から摂取が可能です。
ファスティング直後である回復食1日目では、消化器官の機能が低下した状態であり、繊維質のものや消化しづらい固形物を食べるべきではありません。
豆乳は、大豆から皮や繊維が取り除かれた液体の状態となっているため、回復食1日目から問題なく摂取することができます。

痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が豊富

豆乳には、痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が豊富に含まれています。
それぞれの栄養素について以下に示しました。

・大豆タンパク質
食事でとった余分な脂質やコレステロールを吸着して排出する。また、脂肪の燃焼を促し、体脂肪の蓄積を抑える効果もある。

・大豆サポニン
満腹中枢を刺激して食欲を抑える。

・大豆イソフラボン
女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするため、ホルモンバランスが整えられて痩せやすい体を維持することができる。

・大豆ペプチド
吸収した脂肪の燃焼を促す。また基礎代謝を高める効果もある。

・アミノ酸
豆乳はアミノ酸の中でも体内で合成することのできない必須アミノ酸をバランスよく含む。筋肉を作るモトとなるため、筋肉量の維持に役立ち、基礎代謝低下を防ぐ。

・オリゴ糖
腸内に存在するビフィズス菌や乳酸菌のエサとなるため、腸内環境が改善されて便秘解消の効果が得られる。

・ビタミンE
血行を促進作用があるため、基礎代謝を高める効果が期待できる。

・リノール酸
善玉コレステロールを増加させて、悪玉コレステロールを減少させる。

無調整豆乳を選ぶのがおすすめ

回復食で用いる豆乳は、無調整豆乳を選ぶことをおすすめします。
豆乳には、無調整豆乳以外にも飲みやすい味付けとなっている調整豆乳や、コーヒー・紅茶などのフレーバー付きのものがあります。
調整豆乳やフレーバー付きの豆乳は、確かに飲みやすいですが、その分かなりの量の砂糖が添加されているのです。
ファスティング直後は体が栄養不足の状態となっており、非常に栄養吸収しやすいため、過剰に摂取した糖分は脂肪として体に蓄積されやすいです。
よって、ファスティングで手に入れたキレイな体を維持するためにも、回復食で用いる豆乳は砂糖が添加されていない無調整豆乳を選ぶことをおすすめします。

ファスティングの回復食には豆乳を!

今回は、ファスティングの回復食に豆乳を用いることで得られる効果と回復食に最適な豆乳の選び方について詳しくご紹介してきました。
ファスティングの回復食と言えば、おかゆや具なしの味噌汁などが定番ですが、豆乳はそれらと匹敵するくらいファスティングの回復食に適した食品です。
今回ご紹介した内容を参考に、ファスティングの回復食に豆乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティングで頭痛?1日目で現れる変化と正しい対処法・過ご…

  2. ファスティングが体験できるおススメのホテル

  3. ファスティングを成功させる方法

    ダイエットするなら酵素ファスティング

  4. プチ断食ダイエット

    ファスティングの回復食に取り入れたい!甘酒の効果と作り方

  5. ファスティングダイエットは専門家の元でやるのが効果的!おすす…

  6. 酵素ドリンクとサプリ

    ファスティングにおすすめする酵素ドリンク

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法