ファスティングの回復食にフルーツはOK?

ファスティングが終わったらいきなりいつもの食事に戻すのではなく、おなかの調子を少しずつ元の状態に戻すために回復食を摂る必要があります。ファスティング後に回復食の期間をしっかり取ることで、ファスティングが成功するか失敗するかを大きく左右するといわれています。回復食はおかゆが基本ですが、「ちょっとだけならフルーツもいいのでは?」と思っている人もいるでしょう。ファスティングの回復食にフルーツを食べてもいいのでしょうか。

ファスティング後1回目の回復食にフルーツはNG

ファスティン期間が終わって初めての食事は、おいしいものを食べたいという気持ちになるのもわかります。ファスティングは1日から3日という比較的短い期間ではありますが、その間固形物は摂っていませんから胃が休んだ状態です。休んだ状態の胃にいきなり固形物を入れてしまうと、消化不良を起こしたり体のだるさを感じてしまうケースもあります。そのため1回目の回復食にはフルーツはもちろん、消化しにくいものはすべてNGです。

回復食1日目は重湯から始め、少しずつおかゆの粒を大きくしていきます。量もごく少量から少しずつ増やしていくといいでしょう。1日目は重湯や具のないお味噌汁を中心にし、夜には野菜ペーストをプラスしてもOKです。おやつ代わりに豆乳やフレッシュジュースなら飲んでも問題ありません。

回復食にフルーツを取り入れるならファスティング後2日目から

回復食1日目は形がほとんどない食べ物が基本ですが、2日目からは少しずつ固形物を増やすことができます。柔らかく炊いたおかゆを主食に、野菜スープやお味噌汁で十分です。デザートとしてフルーツをプラスしましょう。リンゴや桃、ブドウは消化も良く回復食に向いています。回復食2日目とはいえ、まだ胃の調子は完全に元に戻ってはいません。消化のいいフルーツを選んでいてもいきなり固形のまま食べてしまうと胃の調子が悪くなってしまうこともあります。回復食で初めてフルーツを食べるときは、すりおろしたり細かくすりつぶしたりした状態のものから始めるのがおすすめです。

また、回復食期にフルーツを取り入れる場合は、1回につき1種類のフルーツを食べるようにします。フルーツは口当たりもよくつい食べ過ぎてしまうことも多いです。「1回につき1種類を少量」これをフルーツを回復食に取り入れるときの基本と考えておくといいでしょう。

回復食に向かないフルーツも

中には回復食に向かないフルーツもあるので注意が必要です。回復食3日目になると、ある程度のものを少量ずつなら食べることができますが、体を冷やす食べ物は避けたほうがいいとされています。ファスティングによってせっかく代謝を上げることに成功したのに、体を冷やす食べ物を多く摂ってしまっては意味がありません。夏野菜は体を冷やす働きがありますが、フルーツにも体を冷やすものが多くあります。夏野菜と同様スイカやメロンなど夏のフルーツは体を冷やします。また、マンゴーやキウイ、バナナなど南国育ちのフルーツも同様です。

フルーツは柔らかく甘みもあるので消化によさそうと、おかゆの代わりに回復食として利用する人もいますが、これは絶対に避けましょう。フルーツはあくまで回復食の+αと考え、ごく少量を摂ることが好ましいです。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判を集めました

  2. ファスティングの回復食

    効果的にダイエットをしたい!大阪で人気のファスティングホテル…

  3. 断食ダイエット

    ファスティングの回復食には豆乳が最適!得られる効果と選び方

  4. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティング1日目で頭痛の3つの原因と正しい対処法

  5. 酵素ドリンク

    ファスティングの決め手は回復食。2日目に食べるべきものは?

  6. プチ断食ダイエット

    札幌にファスティング(断食)ホテルはある?サロンやスタジオが…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法