ファスティングの回復食の作り方とスケジュールの立て方

ファスティングの回復食とスケジュール

ファスティングは食事を酵素ドリンクに置き換えている期間よりも、ファスティング後の回復食の食事内容が大切だといわれています。ファスティングによってデトックスが進みリセットされた体には、胃腸など体が喜ぶ食事を摂ることが好ましいです。そこで今回おすすめしたいのは、ネットでも話題の「すっきり大根」と呼ばれる回復食です。ファスティングの仕上げとして取り入れると、その後の減量などにもつながるといわれています。「すっきり大根」の詳しい作り方と食べ方を紹介します。

ファスティング後の回復食が必要な理由

ファスティングが終わると、「やっと食事が摂れる」とうれしくなってつい食べ過ぎてしまうケースが多いです。ファスティング中は軽い飢餓状態となっているため、いつもより控えめに食べているつもりでも体は栄養を無駄なく吸収しようと働きます。必要以上に栄養を取り込んでしまうと、せっかくリセットした体があっという間に戻ってしまい、リバウンドにつながってしまうのです。また、ファスティングでは胃腸が完全に休息している状態です。そこへ消化しにくい食べ物を摂ってしまうと消化不良をおこし、胃痛や腹痛の原因となってしまいます。回復食は流動食から徐々に固形物へと進め、少量から食べ始めることで体への負担を最小限に抑えます。

食物繊維がある程度含まれ、消化のいい食材が大根です。大根はファスティングの回復食としてもともと取り入れたい食材として扱われていました。次ではファスティングの回復食にぴったりの「すっきり大根」の作り方を紹介します。

ファスティングの回復食にぴったり「すっきり大根」の作り方と食べ方

「すっきり大根」の作り方

・大根3分の1本

・だし昆布

・水2リットル

3分の1本分の大根を1cm幅の短冊切りにします。厚さは2~3mm程度でそろえましょう。短冊切りにした大根とだし昆布、水2リットルを鍋に入れ火にかけます。沸騰するまでは強火で、沸騰してからは弱めの中火にし、大根がくったりと柔らかくなるまで40分から1時間ほどゆでます。大根がゆであがったら火を止めて完成です。茹で汁は大根と一緒にいただくので、茹でこぼさないようにしましょう。

「すっきり大根」の食べ方

①大根を食べる前にコップ1杯の白湯を飲みます。

②湯呑にたたき梅とお湯を入れて梅湯を作り、ゆっくりと飲み干します。300mlを目安に飲みましょう。

③大きめのお椀に茹でた大根を茹で汁と一緒に盛り、よく噛んで食べます。

④お椀に大根の茹で汁とたたき梅を足し、大根の茹で汁で梅湯を作って飲みます。大根も一緒に食べましょう。

大根はよく噛んで食べることが大切です。よく噛むことで満腹中枢を刺激するだけでなく、ファスティング後の胃に負担をかけにくくします。ゆっくりと30分から1時間ほどかけて食べきることもポイントです。梅干しは胃腸の働きを促し、消化を助けるため必ず一緒に摂りましょう。「すっきり大根」は回復食2回目から始めるのがおすすめです。

ファスティングの回復食に大根が良い理由

ファスティングを終えたら、少しずつ食物繊維を摂る必要があります。しかし食物繊維は消化しにくく胃に負担をかけてしまいます。大根は加熱すると舌で潰せるほど柔らかくなるので、食物繊維を摂りながらも体への負担を最小限に抑えることができます。柔らかくなった大根は消化しやすく、ファスティング後の回復食でも問題なく摂ることができます。腸内環境を整える働きもあるため、ファスティングによって整った腸の活動をサポートしてくれます。

ファスティングを成功させるには、ファスティング後の回復食を正しく摂ることが大きなポイントとなります。回復食とは、ファスティングによって休んでいる胃や腸に負担をかけずに普通食に戻す段階の食事のことですが、具体的な摂り方がわからないという人も多いでしょう。どのように回復食を撮ればいいのか、どのような食事が好ましいのか、ファスティングを成功に導く回復食の摂り方を紹介します。

回復食はファスティングの日数と同じ日数をかけて

ファスティングは断食をしている期間だけのことがイメージされがちですが、回復食の期間までがファスティングの期間として考えるのがおすすめです。回復食を1日だけで済ます人も多いですが、たった1日では十分ではありません。ファスティングを行った期間と同じ期間、もしくはそれ以上の期間を回復食に当てることが好ましいです。

ファスティングの期間が1日なら回復食は1日から2日、ファスティングの期間が2日なら2日から3日、というように回復食の期間を決めていくといいでしょう。ゆっくりと普通食に戻していくことで体への負担を最小限に抑え、リバウンドしにくい体作りにも役立ちます。

ファスティング後の回復食のスケジュール

ファスティング後は液状のものから徐々に固形物へと鳴らしていくことがポイントです。今回は回復食の期間を3日間と考え、おすすめの回復食スケジュールを紹介します。

1日目の朝は重湯もしくは具のないお味噌汁やスープを少量摂りましょう。お椀に軽く1杯程度から試しましょう。暖かいものは胃にも負担がかかりにくいのでおすすめです。お昼と夜も同様のメニューにし、少しずつ量を増やしてもOKです。捕食代わりに豆乳や100%フルーツジュースを少し飲むのもおすすめです。

2日目の朝は少し粒が残る柔らかさのおかゆを食べましょう。お昼はおかゆや豆腐など柔らかい具の入ったお味噌汁やスープを摂ります。夜もおかゆを摂り軟らかく煮た野菜をプラスしてもいいです。

3日目の朝はおかゆと少量のおかず、果物などを摂ります。お昼は普通食を摂ってみましょう。夜は様子を見て調子がよさそうなら軽めに普通食を摂り、おなかが重く感じたらおかゆと温野菜など軽めの回復食で様子を見るといいでしょう。

回復食には豆乳や果物もOK

ファスティング後の回復食というと、おかゆや重湯だけというイメージがありますが、ほかの食材でも代用することができます。ファスティング後は体が栄養を欲していて、代謝が落ちていたり筋肉量が減っていたりするため、十分な栄養を摂ることも大切なことです。

豆乳や豆腐は良質なタンパク質が含まれているうえ、消化もいいため回復食にはおすすめです。果物も少量であれば食べても問題ありませんが、回復食として取り入れるならミキサーにかけてスムージーにするといいでしょう。体を冷やす働きのあるパイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツは避けたほうがいいかもしれません。普通食に戻る一歩手前の回復食には、柔らかく煮たうどんやそうめんなども摂ることができます。野菜はスープなどにして柔らかく煮こめば、回復食として食べることができます。

脂分が多いラーメンやナッツ、チーズは胃に負担がかかりやすいので避けたほうがいいでしょう。また肉類も柔らかく煮てあったとしても消化しにくいため回復食には向きません。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングドリンク

    ファスティング初心者におすすめ!1日1食置き換えと体重の変動…

  2. 1日ファスティング

    ファスティングとはどんなダイエット?【食欲を抑える方法を伝授…

  3. ファスティングを成功させる方法

    美味しく続けるために、ファスティングドリンクを作ってみません…

  4. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングダイエット1日のスケジュールと効果

  5. ファスティングのドリンク

    ファスティングダイエットのリバウンドしない成功のポイント【ブ…

  6. 日本安全食料料理協会口コミ評判

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法