ファスティングの回復食に甘酒がおすすめ!その理由は?

ファスティングでしっかり休ませた胃を徐々に慣らし、普通食を食べられるようにしていくための食事を回復食と言います。ファスティング後は回復食をいかに計画的に摂るかが重要です。回復食はおかゆを中心とした食事が基本ですが、おかゆと合わせて摂りたいおすすめの食材が「甘酒」です。なぜ甘酒がファスティング後の回復食に向いているのか、その理由について紹介します。

ファスティング後の回復食には発酵食品である甘酒を摂るのがおすすめ

ファスティング中は酵素ドリンクをたっぷり飲むことが基本です。酵素ドリンクは野菜や果物のエキスを発酵させた健康食品で、体に必要な栄養を摂りながらデトックスを進めます。酵素ドリンクは発酵食品のひとつなので、ファスティングの延長と考えて回復食にも発酵食品を摂り続けることが好ましいとされています。

発酵食品にはいろいろあり、納豆やヨーグルト、キムチなどの漬物は発酵食品の代表です。乳酸菌が豊富に含まれているため、ファスティング後の回復食にも必要な栄養素ではあります。しかしこれらは消化が悪く胃に負担をかけてしまうため、回復食3日目以降から摂るようにしましょう。そこでおすすめしたいのが発酵食品のひとつである甘酒です。

栄養価が高く消化吸収のいい甘酒はファスティング後の回復にぴったり

甘酒は「飲む点滴」とも言われていて、栄養価が高いことも魅力です。ビタミンB群やブドウ糖、タンパク質が豊富に含まれていて、ファスティング後にたっぷり摂りたい栄養がしっかり含まれています。病院で受ける点滴にもビタミンや糖類、タンパク質がバランスよく含まれており、甘酒はこのバランスによく似ていることから、「飲む点滴」と言われています。特にタンパク質は体の筋肉を作る働きをするため、ファスティング後にもしっかりと摂りたい栄養素のひとつです。

消化吸収がいいことも甘酒の魅力です。回復食では消化吸収がいいことは必須です。甘酒は胃腸炎の後にも飲むことができるほど消化がいい食材です。消化がいいだけでなく、胃の働きをサポートしてくれます。

回復食に甘酒を取り入れるなら米麹から作ったものを

甘酒には酒粕から作ったものと米麹から作ったものの2種類があります。酒粕を使ったものはアルコールが含まれるうえ、発酵させずに飲むことができます。一方米麹から作ったものは水と米麹を炊飯器などで保温しながら発酵させて作ります。回復食に利用するなら米麹から作った甘酒がおすすめです。米麹から作った甘酒は、砂糖を加えなくても自然の甘みが出るので、回復食でも問題なく取り入れることができます。酒粕を使ったものは回復食には向きませんので、注意しましょう。

美肌や健康維持のために甘酒が注目されるようなり、最近では季節に関係なく甘酒を購入することもできるようになりました。ファスティングの回復食に市販の甘酒を使用する場合、加糖されていないものを選ぶようにしましょう。市販の甘酒は飲みやすくするために糖分を加えたり香料を加えたりしているものも少なくありません。回復食に糖分などは必要ないため、余計なものが含まれていないシンプルな甘酒を選ぶようにしましょう。酒造やお米屋さんが作った甘酒を選ぶと安心です。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 1日ファスティングのスケジュール

    ダイエット効果が期待できるファスティングとは?

  2. 3日間以上のファスティングダイエットに成功するための12のル…

  3. ファスティング後は回復食でリバウンド防止!メニューやおすすめ…

  4. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングダイエットに取り組んでみよう

  5. ファスティングの回復食で気を付けるポイント

  6. 1日ファスティングのスケジュール

    酵素ファスティングでダイエットしませんか?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法