ファスティングの回復食に豆乳がおすすめ!3つの理由とは

手軽に始められるとして話題のファスティングですが、実は食べ物を口にしない「ファスティング期間」よりもファスティングが終わった後に食事を摂る「回復食期間」のほうが、ダイエットを成功させるには重要だといわれています。回復食は重湯やおかゆを中心に過ごすことが基本ですが、豆乳も回復食に取り入れてもらいたい食材のひとつです。ファスティング後の回復食に豆乳を取り入れたい3つの理由とはどのようなことなのでしょう。

回復食に豆乳を飲んでファスティングで落ちがちな筋肉をキープ

豆乳には良質なタンパク質が豊富に含まれています。ファスティングにはタンパク質を摂取することはNGとされていますが、NGなのは肉や魚に多く含まれる動物性タンパク質のことです。人の体はおよそ70%がタンパク質でできていて、タンパク質が不足すると筋肉の低下につながります。動物性タンパク質には必須アミノ酸が十分に含まれていて、筋肉量をキープするには欠かすことができません。植物性タンパク質は必須アミノ酸がひとつ以上少ないことが多く、筋肉量をキープするためには動物性タンパク質のほうが良いとされています。

ファスティング後の回復食では消化の悪い肉やさなかなどを摂取することができません。しかしタンパク質はしっかり摂っておきたい、という時に活躍するのが豆乳です。大豆に含まれるタンパク質は動物性タンパク質と性質が似ており、必須アミノ酸を十分に含んでいます。豆乳は消化を妨げる皮や繊維が取り除かれた状態ですから、消化吸収にも優れています。ファスティングで落ちがちな筋肉量をキープするために、豆乳は回復食におすすめです。

豆乳の大豆サポニンがファスティングのダイエット効果をサポート

豆乳にタンパク質のほかに大豆サポニンという成分も含まれています。大豆サポニンは脂肪を燃焼させる働きをするため、ファスティングのダイエット効果のサポートにもなります。強い抗酸化作用もあり、体内で脂質が参加するのを防ぐので肥満予防にも役立つとしてちゅうもくされている成分です。

ファスティング後に食事を摂ると、ある程度は体重が戻ってしまいます。豆乳を飲むことで急激に体重が戻ることを防ぐとともに、痩せやすい体質作りにも役立ちます。

ファスティング後1日目の回復食から豆乳を飲める

ファスティング後の回復食は、重湯から始めることが基本です。少しずつ量と固形物を増やしながら、胃を鳴らしていくことで体への負担を最小限に抑えます。豆乳は栄養価が高く、液状ですから1回目の回復食から取り入れることが可能です。回復食はおかゆしか食べられないと思われがちですが、豆乳を取り入れることで味の幅を広げることもできます。

豆乳をそのまま飲んでもいいですが、人肌に温めて飲めば体を温める効果もありおすすめです。回復食2日目からは、豆乳にフルーツを合わせてフルーツ豆乳ジュースを作って飲んでみてはいかがでしょう。野菜とフルーツのスムージーに豆乳をプラスしてもOKです。豆乳が苦手だという人は、ほんの少しはちみつを加えてみてください。はちみつは殺菌作用もあり、砂糖よりもカロリーが低いのでダイエット中にもおすすめの甘味料です。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングホテル

    ファスティングを体験できる関東のホテル

  2. ファスティングサプリとドリンク

    ファスティング後の回復食に豆乳は適しているのか

  3. ファスティングドリンク

    単なるダイエットじゃない!ファスティングとは?

  4. ヨーグルトでファスティングダイエット

  5. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティングとは?失敗しないための食欲を抑える方法を紹介!…

  6. ファスティングの酵素ドリンク

    ファスティングの酵素ドリンクの選び方・効果的な飲み方

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法