ファスティングの際に使うヨーグルトの量について

ヨーグルトを用いたファスティング

ファスティングといえば酵素ドリンクを使ったものが一般的ですが、ヨーグルトを代用品としてファスティングをすることも可能です。もしヨーグルトのみでファスティングを行うというのならば、2日以上のファスティングは控えましょう。この記事では、ヨーグルトを使ったファスティングを行う際の摂取量や注意点についてご紹介いたします。

ヨーグルトの一日の摂取量

ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌・ビフィズス菌などが多く含まれており、実際にその効果を体感している方も多いと思いますが、多く摂取すればよいというものでもありません。ヨーグルトの1日に適した摂取量は100~200mlと言われています。小さいカップのヨーグルトが二つで100ml、スーパーで売っている一番大きなタイプのヨーグルトが450mlなので、参考にしていただきたいです。
ですのでヨーグルトのみでファスティングを行うとなると、1食で100mlのヨーグルトを三食分しか食べられないということになります。その際は豆乳など他の飲料も100~200mlを飲むと、より栄養を摂取でき満腹感を味わえるためおすすめです。これで一日300mlのヨーグルトを摂取することになりますが、少し目安量を過ぎても体に大きな影響があるわけではないためご安心ください。しかし胃腸が弱い方でしたら少し食べ過ぎただけでも下痢や便秘になる可能性も考えられるため、その点は自己責任でお願いします。大きいパックのヨーグルトを一日で食べてしまっても、通常の場合は特に問題は無いと言われています。

ヨーグルトは食べ過ぎに注意

上記のようにヨーグルトには腸内環境を変えてしまう効果がありますが、多く食べ過ぎていないのならば過剰に心配する必要はありません。しかし、いくら低カロリーだからと言って一日に1000mlほど食べてしまうと、正常な胃腸の方でもお腹を壊すことが十分に考えられます。
ヨーグルトはカロリーが低くても、主な成分はたんぱく質と脂質であるため消化しにくいという特徴があります。食べ過ぎによる油分の摂りすぎなどで高コレステロールになってしまったり、単純に太ることも考えられます。そして消化が間に合わないため、長く腸に残ってしまった成分は悪玉菌となってしまい、さらに腸に悪影響を与えます。
このように多く食べ過ぎると体に悪い影響を及ぼすことも十分に考えられますので、いくらファスティングで摂取カロリーを抑えているからと言って、ヨーグルトを食事量と同じくらい食べる事は控えましょう。

ヨーグルトを習慣的に食べる

ヨーグルトは置き換えダイエットや習慣的に食べる食材にむいており、ファスティングのように1日それをメインで食べ(飲ま)なければいけないというダイエットには向いていません。それならば1日1食ヨーグルトに置き換えるダイエットを3日続けて取り組んだ方が栄養面でも非常に効果的です。上記のように食べ過ぎてしまうと悪い影響も出てしまいますが、容量を守って食べるのであれば腸内環境の改善や免疫力増加など非常に素晴らしい効果も期待できますので、ダイエットに関係なくヨーグルトは毎日少しずつ食べることをおすすめします。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. プチ断食ダイエット

    ファスティングを温泉に浸かりながら行えるホテル

  2. ファスティングの回復食とスケジュール

    効果的な減量を目指せるおすすめファスティングドリンク3選

  3. ファスティングホテル

    横浜近郊でホテルファスティングをするなら「SCAPES TH…

  4. ファスティング効果

    ファスティングでは1日にどのくらい量の酵素ドリンクを飲めばい…

  5. ファスティングのドリンク

    ヨーグルト×野菜ジュースでファスティングを楽しむ!

  6. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの初心者でも簡単にできるやり方【体重の減り…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法