ファスティングは一日のみでも回復食が必要

一日の短期ファスティング

三日間のファスティングならば絶対に必要な回復食ですが、一日固形物を食べていないだけの短期ファスティングでも、翌日の回復食は重要になります。この記事では、一日のファスティングで使える回復食の献立についてご紹介いたします。

回復食で食べても良いもの

三日間の回復食では、最初の食事は重湯から始まりその日はお粥や具無しの味噌汁、梅干しなどしか食べられません。それに比べると一日ファスティングの回復食はそこまで辛いものではありませんが、消化に良いものを食べることが推奨されています。特に初日の朝食が一番重要で、出来ればお粥を食べるのが一番消化によく体にも良いためおすすめです。
ほかに一日ファスティングの回復食で使うことが推奨されている食材は、豆類や海藻、きのこや芋などが良いと言われています。これらを組み合わせると消化も良く栄養も吸収しやすい料理を作ることができます。肉や魚などの動物性たんぱく質が含まれるものや乳製品は控えましょう。間食はできますがお菓子はNGですので、なにか食べたいと思ったのならば酵素ドリンクを小量飲んだり果物を食べましょう。

回復食でおすすめの果物はりんごになります。バナナもりんごとならびダイエットに適している果物だと言われていますが、実は熱帯産の果物は回復食に向いていないため、ファスティング期間中は控えましょう。

回復食の献立

食材を言ってもどのように料理すればよいか、いまいちピンとこないかもしれません。今回は一日分の回復食の献立例をご紹介いたしますので、回復食を考えている場合は是非参考にしていただきたいです。

朝・・・お粥、野菜たっぷりのスープ
昼・・・玄米(白米)、味噌汁、野菜の煮物
夜・・・油ものを避けたいつも通りの食事

このような献立ならば栄養バランスもよくヘルシーでおすすめです。夜の時点でほぼ通常の食事に戻れるのですが、肉や魚、油を使ったものは控えましょう。それだけで食事に含まれるカロリーや栄養が大きく変わりますので、回復食が終わってもこのようにヘルシーな食事を心がけてください。ファスティングは長ければ長いほど口にした食材を敏感に感じられ、食べ物のありがたさも同時に知ることができます。一日でもそれは十分に感じられると思いますので、この機会に食生活を見直して栄養バランスの良い食事を心がけるのも良いでしょう。

回復食にする期間

三日のファスティングであれば回復食も三日間、一日のファスティングであれば回復食も一日というように、ファスティング期間と回復食の期間は同じ日数にするのが目安です。これは個人の体調や胃腸の回復速度で大きく異なりますので、もし一日の回復食で胃が辛いと感じたら、もう一日消化に良いものを食べて落ち着かせましょう。このように少しずつ胃腸を慣らしていく必要があります。しかし逆も然り、早く通常の食事に戻したいという方も多いと思いますので、あまり早すぎない程度に様子を見てください。それでもファスティングと同じ日数の回復食は必要で、早すぎるとすぐにリバウンドしてしまう可能性も十分考えられます。せっかく辛い断食期間を終えて減量できたのに、回復食を適切に食べなかったせいで元に戻ってしまったら意味がありません。回復食は胃腸を整えるために非常に重要な期間になりますので、ファスティングの際は回復食についての知識もセットで身に着けておきましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングダイエット成功のカギは、酵素

  2. プチ断食ダイエット

    ファスティングの回復食に取り入れたい!甘酒の効果と作り方

  3. 酵素ドリンク

    ファスティングの決め手は回復食。2日目に食べるべきものは?

  4. 美容と健康の基礎知識を学ぶ、ファスティングマイスター初級につ…

  5. ファスティングの回復食の選び方

    体が喜ぶ食材を!ファスティングの回復食後の過ごし方

  6. ファスティングって?酵素水で実践するやり方を紹介!

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法