ファスティングダイエットで効果を出すための5つの方法

ファスティングの効果のあるポイント

ファスティングダイエットは、「短期間で痩せる」「体質改善ができる」などのメリットがあるダイエット法です。TVや雑誌で取り上げられたり、モデルや芸能人が紹介したりと話題にもなっていますよね。ファスティングに挑戦するには正しい知識が必要不可欠です。ここではファスティングでダイエットを成功させるための、ファスティングの準備~復食までの流れや基礎知識を解説しています。

ファスティングで短期間のダイエットが可能

ファスティング(Fasting)とは「断食」のこと。一定の期間食事を取らないことで、内臓の機能を休ませ、体の中の毒素を排出して体内をクリーンにする作業です。ダイエットだけでなく、体質改善・便秘の解消・デトックスや美肌など、体のために様々な良い効果をもたらしてくれると言われています。断食の期間は、半日~3日が一般的です。気軽に半日から始めるのも良いですし、しっかり準備をすれば3日間でかなりのダイエット効果を見込めます。

ファスティングの基本的な流れを解説

ファスティングは、「準備期」「ファスティング期」「復食期間」の3つのステップに分かれています。では、それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

まずは、1~3日間のファスティングの場合です。

準備期…

ファスティングを始める前に、体を整えるための期間です。和食を中心としたバランスの良い食事に変え、食べる量も普段の7割くらいに抑えましょう。肉類・油もの・アルコールなどは控えます。3日間のファスティングの場合は、準備期間は3日、1日のファスティングなら準備期間は1日が最適とされています。

ファスティング期…

断食の本番です。3食をファスティング用のドリンクに置き換え、それ以外には水分(ミネラルウォーターやノンカフェインのお茶など)しか摂取しないようにします。ファスティング用のドリンクは、栄養バランスなどの点で通販などでも買える「酵素ドリンク」を用いるのが最も一般的です(ヨーグルトやスムージーなどを勧める場合もあります)。水は1日1~2リットルほどを目安に摂取してください。

復食期間…

ファスティングの後、食事を元に戻していくための期間です。まずは具の入っていない味噌汁やスープなどから始め、その後、お粥などの消化の良い固形物に徐々に変えていきます。お腹が減っているからと言って、急にカロリーの高いものを食べてしまうと、せっかくリセットされた体が元通りになってしまうので要注意です。ファスティングの期間に合わせて1~3日、しっかり復食期間をもうけましょう。

半日ファスティングの場合…

半日ファスティングの場合、準備期間は特に必要ありません。3食のうち、朝・夕どちらか1食をファスティングドリンクに置き換えるだけでOKです。この方法でも、胃腸を休ませ、普段の消化器官の疲れをとることができます。まずは気軽にファスティングを始めてみたいという人にはお勧めです。

ファスティング後の暴飲暴食には要注意

ファスティング後には、体内から余分なものが排出され、3日間なら2~4㎏ほど体重が落ちると言われています。しかし、その後ファスティング前と同じ食生活に戻してしまえば、体重もやはりすぐに元に戻ってしまう場合が多いのです。短期間で体重が落ちると、反動で体は元の状態に戻ろうと作用します。そのため、ファスティング後につい暴飲暴食をし、ダイエットに失敗してしまうという例がよくあります。一気に痩せるぶん、リバウンドもしやすいという弱点がありますから、ファスティング後の暴飲暴食には十分注意しましょう。

しっかりと復食期間をとること、そして改善された体質を維持するために、食生活にも気を配っていくことがダイエット効果を長持ちさせるコツでもあります。ファスティングの基本を押さえて、リバウンドの無いダイエットを成功させましょう!

プチ断食と呼ばれるファスティングダイエット

2013年頃から雑誌やテレビなどで特集されていたことをきっかけに、ファスティングはプチ断食ダイエットとして認識されていきました。その多くは酵素が入ったドリンクを使った半日~3日程度の断食ダイエットで、自分の都合に合わせて日にちなども決められるお手軽なものですが、これは本当にダイエットに繋がるのでしょうか。この記事ではファスティングダイエットの効果について詳しくご紹介いたします。

ファスティングは健康と美容に気遣うダイエット

酵素ドリンクを使ったダイエットなのですから、固形物を口にしない分だけ減量することは可能です。多くの方は空腹感に耐えられず一日目で通常の食事を取ってしまう事が多いですが、一日目さえ越せるのであれば二日目からは空腹になれてしまいドリンクのみでも大きな苦になりません。普通の断食のように水のみでダイエットするのでしたら栄養もその分取れないため、体はどんどん弱ってしまいます。そこで酵素ドリンクを一定量体に取り入れることによって、生きる為の栄養と体をリセットさせるために必要な酵素を摂取できるため、健康や美容の面でも心配はありません。ファスティングは減量のためのダイエットと言うよりも、体を基礎から作り直し消化器官を休めるという目的があり、その効果もルールを守り行えば絶大なものになります。

ファスティングで気を付ける点

効果についてはこの通り非常に期待できるファスティングダイエットですが、注意点もいくつかあり、これを気を付けなければダイエットどころか一気にリバウンドしたり胃腸を痛めることもあります。上記の通りファスティングを始めた最初は酷く空腹感が襲ってきます。これは対策も難しく、もし胃に何かを入れるとするならば酵素ドリンクや水、炭酸水で凌ぐしかありません。1日目を乗り切れば、それよりも辛くなることはありませんので忍耐強く決めた日にちまで頑張りましょう。そしてその空腹感を乗り越えた後の回復食こそがファスティングにおいて大事なポイントとなります。

予備断食・回復食について

これはファスティングする際に非常に重要なポイントであり、特にファスティングを行う期間が長ければ長いほどどちらも気を使わなければなりません。予備断食はこれからファスティングするための食事であり、前日の食事を白米と味噌汁、納豆のような消化に良い食事にすることを指します。一日程度の短いファスティングでしたら、予備断食は必ずしも行わなくても問題ありませんが、三日程度のファスティングを考えている場合には回復食は必須といえます。ファスティングが終わった後の最初の食事はお粥でも厳しいと言われており、重湯から始め、その日の昼食や夕食で柔らかめのお粥を食べることが推奨されています。

ファスティングで本当に大変なこと

ファスティングで一番危険なことがリバウンドであり、終わった後いきなり好きなものをたくさん食べると急激な固形物の摂取により、胃腸が弱ってしまったり栄養を過剰に吸収してしまう場合があります。ファスティングする前よりも体重が増えることも十分に考えられますので、回復食の最後まで注意しましょう。せっかく体の中をファスティングで綺麗にしたのに、それを終わった後の食事ですぐに戻してしまうのはあまりにも勿体ありません。無事終わらせた自分へのご褒美も欲しいかもしれませんが、それはもう少し先に取っておきましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 簡単ダイエット

    大阪のファスティングホテル“アンベリール”

  2. ファスティング後の回復食に果物を使う場合

  3. 酵素ドリンク

    ファスティングの回復食は何が効果的?レシピを紹介!

  4. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティング1日目。早く成果をあげたい人がやるべきことは?…

  5. ファスティングの回復食

    1日1食のファスティングにより得られる良い効果とは

  6. ファスティングの酵素ドリンク

    ファスティングで人気の酵素ドリンクランキング・代用品8選

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法