ファスティングダイエットの効果と効果を高めるポイント

ファスティングの効果のあるポイント

最近、芸能人や海外セレブなど、多くの人々の中で実践されているファスティングダイエット。なぜ多くの人々から注目されているのでしょうか。そこで今回は、ファスティングダイエットをすることで得られる効果を3つに分けてご紹介したいと思います。

ファスティングとは断食ともいわれます。断食はこれまで、あらゆる宗教の修行として一般的に取り入れられてきました。断食を行う理由は宗教により様々ですが、ダイエットで行う断食=ファスティングダイエットでは「消化器官を休ませる」という目的を持って行われています。

近年の人々は飽食傾向にあり、加工食品や添加物を多く摂取しています。このため胃や小腸、大腸などの消化器官は、毎日休みなく働き続けており、とても疲れている状態です。その消化器官を休ませることで、体にとっていくつもの良い効果が出てくるといわれています。

ファスティングダイエットで得られる3つの効果

1.短期間での体重減少

体内に食べ物を取り入れないということは、物理的に体重が減っていくということです。ファスティングダイエットは、酵素や野菜ジュースを併用して行い、体内に溜まっていた老廃物などを排出する効果を促してくれます。老廃物が体の外に出ることで、さらに体が軽くなり、短期間で効果が出るダイエットといえます。

2.味覚や食欲の変化で食習慣の改善

食べ物にありふれている現代では、ストレス食いや、食べ癖、やけ食いなどの過食により、胃も大きくなり、脳も錯覚してしまい、満腹中枢が乱れがちです。その食事習慣を正常に戻してくれ、味覚も薄味へと変わっていきます。食べ物に対して考え方も変わり、体にとって良いものを取り入れたいと思うようになります。そうすることで、良い食習慣へと変わっていきます。体は食べ物でできているので、ファスティングダイエットにより食習慣が整い、便秘や肌荒れ、肩こり疲労などの症状が軽くなったという声を多く聞きます。

3.頭がスッキリする

消化に費やしていたエネルギーが余り、臓器も疲れにくくなります。余ったエネルギーは他のところに向けることができるようになります。勉強、読書などが普段より集中できたり、仕事もはかどったり、頭がスッキリし、心にもゆとりができていきます。

いかがでしょうか。ファスティングダイエットは体にとってとても良い効果をえることができます。せっかくファスティングを行うのであれば、効果を最大限引き出したいですよね。そこでこれから実践される方のために、ファスティングダイエットの効果を高めるためのポイントをご紹介したいと思います。

ファスティングダイエットの効果を高めるためのポイント

水分補給をしっかり行う

私たちは食べる時にも、その食材から水分を摂取しています。しかし、ファスティング中は、食事から得られる水分が取れなくなってしまいます。水分不足により、血流が悪くなり、体内細胞全体の水分が失われ、代謝が正常に働かなくなり、体調不良にも繋がってしまいます。脱水症状も引き起こす恐れもあります。人は、食事をとらなくても2~3週間は生きていけるといわれていますが、水を一滴も取らなければ、4~5日で命を落とす危険性があるそうです。ですので、最低でも2リットルの水は飲むように意識しましょう。また同時に塩分も不足してしまうので、1日必要な8g(大匙半分程度)を目安に摂取するとよいでしょう。

無添加酵素を取り入れる

ファスティング中は栄養不足状態にあり、栄養がなくなると代謝低下にも繋がってしまいます。酵素選びはファスティングダイエットの成果を左右するポイントになってきます。無添加で栄養価の高い酵素を取り入れることで、更なる効果を引き出してくれるでしょう。また、酵素は炭酸水で割ると腹持ちがアップし、空腹を和らげてくれます。

適度な有酸素運動で効果UP

適度に体を動かすことで、代謝を上げ、脂肪を燃焼させてくれます。ウォーキングやストレッチなど、体に無理のない範囲で取り入れてください。そして、普段より意識して水分補給を行いましょう。ですが、無理して行うことは絶対やめてください。ファスティングダイエット中は体力もなくなっている状態なので、自分の体と相談して行って下さいね。過度な運動は気分が悪くなったり、脱水症状になったりしてとても危険です。激しい運動や、サウナや岩盤浴などは避け、有酸素運動を行うことをおすすめします。

復食期で気を緩めない

復食期は、ファスティングした日数と同じ日数行いましょう。3日間のファスティングを終えて、気が緩みがちになりますが、この復食期こそ、ファスティングダイエットにおける重要な期間です。復食期をいかに過ごすかで、ファスティングダイエットが成功するかしないかが決まってきます。数日間食べ物を取り入れていない体は、食べ物を多く吸収しようとします。体が危機を感じ、少量の栄養素でも、取り入れられる分は全て取り入れようと必死になるのです。そんな状態で、普段通りの食事をしてしまうと、どうなるのかは一目瞭然ですね。また、ファスティングを終えた胃は、

赤ちゃんの胃と同じ状態にあります。胃がビックリして消化不良を起こし、体調不良に繋がるので要注意です。このように復食期は、ファスティングダイエットにおいて最も重要な期間です。リバウンドのないスリムで健康な体を手に入れるためにも、ファスティングが終わった後も気を緩めず、重湯や具なしの味噌汁などからスタートし、徐々にお粥や野菜入りお味噌汁など取り入れ、消化に時間のかかる肉類や油脂類を多く含むもの、小麦粉製品、お菓子などは取らないようにしましょう。カフェインや、糖分が入っているジュースなども避けましょう。

ファスティングダイエットは、正しく行うことで効果を絶大に感じられます。体重減少だけではなく、生活リズムも整えてくれ、健康的な体を手に入れることができます。短期間でのダイエットなので、これから夏に向けてダイエットされる方や、短期間で痩せたい方にはぴったりのダイエットだと思います。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食

    ファスティング後の回復食3日目以降に食べたい「まごわやさしい…

  2. ファスティングの回復食とスケジュール

    ヨーグルトを使ったファスティングの効果や食事方法

  3. ファスティングドリンクの代用

    酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットで-3kgを目指…

  4. ファスティングサプリとドリンク

    ファスティングの回復食に最適!知っておきたい豆乳パワー

  5. 日本デザインプランナー協会口コミ評判はどんな感じ?

  6. りんごがファスティングの回復食にピッタリ!その理由と食べ方

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法