ファスティングダイエットの回復食に。Myぬか漬けのすすめ

酵素ドリンク

ファスティングは、一定期間の食を絶つことでこれまで活動し続けていた内臓を休ませて、本来の消化機能・代謝機能を取り戻すための食事法です。

ファスティングは準備食→ファスティング食→回復食の順番で実施しますが、中でも成功を決めるのは回復食であるとも言われているほど、ファスティングが終わった後の食事が重要です。

ファスティングで空っぽになった胃腸は栄養分を吸収しやすい状態になっています。
この状態で回復食のタイミングで身体にわるい化学物質や糖質、脂質を取り入れると、リバウンドしてしまう可能性もあります。

そこで、ファスティングの回復食におすすめなぬか漬けをご紹介します。
手軽に作れるMyぬか漬けのレシピも記載しますので、ファスティング中の空いた時間に回復食を作りましょう。

ファスティングの回復食に効果的!Myぬか漬けとは

日本人の知恵が生んだ「最強の発酵食品」と言われているのが、ぬか漬けです。
ぬか漬けにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれていることに加えて、善玉菌の代表である乳酸菌が多く含まれています。
このため、ファスティング後の空っぽな腸内環境のバランスを画期的に整えることができます。

通常時でも、ぬか漬けを毎日食べることで頑固な便秘が改善したり、お肌が綺麗になったりと、発酵食品は健康的にきれいになる食材として知られています。

作り方はいたって簡単で、ぬかと塩と水を混ぜるだけです。
毎日かきまぜることが難しい場合には、タッパーにぬか床を作り、混ぜられない日は冷蔵庫で保存しても問題ありません。
できる範囲でぬか床ライフを楽しむことで、ファスティングをきっかけに古きよき日本人の知恵に触れてみてください。

最初の1週間だけ朝晩混ぜれば、そのあとは混ぜるのは2日に1日でも大丈夫です。
においもそれほどはありません。
混ぜ忘れた時に表面を白い膜がおおうことがありますが、それは産膜酵母とよばれる酵母ですので、捨てずによく混ぜ込んでください。

タッパーで作るぬか漬けの作り方

・材料(3人分)
タッパー:800~1000mlの容量
冷蔵庫に入れるため、場所をとりすぎない角形のもの
生ぬか:800g
科学農薬を使わないお米のぬかが望ましい
酸化が早いため、精米仕立ての物を選ぶ
天然塩:300g
水:600~800g
乾燥昆布:3×5cmを3枚
干ししいたけ:3枚
とうがらし:3個
すて野菜:適宜(冷蔵庫に余っているものや、しなびたもの)

・作り方
1.ぬかと塩を混ぜ、水を足しながら、耳たぶ程度野柔らかさになるまでよく混ぜる
2.底にだし類(乾燥昆布、干ししいたけ、とうがらし)を敷く
3.ぬかを足していく
4.捨て野菜を入れる
最初はにんじん、キャベツ、かぶ、大根、きゅうりなどアクの強くないものが望ましい
洗って水気をよく拭いてから入れること
5.ぬかをかぶせる
6.最初の1週間だけ朝晩混ぜる
室温が20~25度くらいなら、室温で保管すると発酵がすすむ
多忙で1日に1度しか混ぜられない場合には、夏場は冷蔵庫で保管

最初の1週間は塩辛く感じますが、次第に食べやすくなります。
ぬか床の様子や味をみて、適宜ぬかやだし類をたしていき、好みの味を作りましょう。

ファスティング後の回復食の時期になると、食事に対する考え方が変わってきます。
丁寧に自分の手で作ったぬか漬けを食べることで、食べものの大切さを改めて感じましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食

    ファスティングの回復食に効果的!大根等の野菜をつかったロース…

  2. ファスティングが体験できるおススメのホテル

  3. ファスティングの回復食に最適、甘酒の意外な効果とは

  4. ファスティングドリンク

    酵素ドリンクを使ったファスティング方法と効果

  5. ファスティングの過ごし方

    ファスティング1日目の過ごし方【頭痛の原因と対処も分かる!】…

  6. ファスティングの効果

    正しい方法のファスティングとは?3ステップからなるファスティ…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法