ファスティングダイエットの回復食におすすめのメニュー5選【甘酒も人気!】

ファスティングの回復食

ファスティングダイエットを成功させる秘訣は、「ファスティング期間が終わった後に摂る回復食にあり」といわれています。ファスティングはダイエット目的だけでなく、消化器官を休ませること、代謝を上げること、デトックスを進めること、食生活を改善することも目的のひとつです。ファスティングダイエット後の回復食を上手に摂ることで、さらなるダイエット効果も期待できます。そこで今回は、ファスティングダイエットの回復食におすすめのメニュー5選を紹介します。

ファスティングダイエットで回復食が重要な理由

まずはファスティングダイエットでなぜ回復食が重要視されているのか、その理由を知ることから始めましょう。ファスティング中は酵素ドリンクから体に必要な栄養とカロリーを摂取していますが、普段の摂取カロリーに比べるとかなり制限されています。カロリーが制限された状態でいきなり普通食を食べてしまうと、いつも以上に栄養を取り込もうとしてしまうため、リバウンドの原因となってしまいます。また、ファスティングでは消化器官が休んでいる状態でもあります。消化に時間がかかる食べ物を食べてしまうと、胃や腸に負担がかかり、消化不良を起こしたり腹痛を起こしたりする原因にもなります。ファスティングダイエット後には、しっかり回復食を摂ることでリバウンドを防ぎ、胃腸を少しずつ元の状態に戻してあげることが大切なのです。

ファスティングダイエット後の回復食におすすめメニューはコレ!

①お味噌汁・スープ

お味噌汁やスープは具のないものであればファスティング中でも摂ることができるといわれています。野菜のエキスから栄養を摂ることができますし、汁ものは胃や腸にもやさしいです。回復食1日目は具のないものを、2日目からは柔らかく煮た野菜を具にしたものを摂るといいでしょう。

②重湯・おかゆ

重湯とおかゆは回復食の定番です。重湯は1回目の回復食に取り入れましょう。おかゆは少しずつ粒を残していくことがポイントです。味付けなしでも甘みを感じることができますが、物足りなく感じたら少量の味噌や梅干しを添えてみてください。

③豆腐・納豆など大豆製品

ファスティングダイエット後の回復食では、タンパク質も少しずつ摂っていきたいものです。大豆製品は良質なタンパク質を摂ることができるのでおすすめです。豆腐や納豆回復食2日目の昼以降からOKです。よく噛んで食べましょう。豆乳は1日目から飲むことをおすすめします。

④すりおろした野菜や果物

生の野菜や果物には酵素がたっぷり含まれています。すりおろすと吸収しやすく消化も助けるのでおすすめです。大根はおかゆやお味噌汁に混ぜていただきましょう。果物はりんごや桃、梨など季節のものを取り入れるのがポイントす。

⑤野菜の煮物

回復食には少しずつ野菜も取り入れていきましょう。大根やニンジンを柔らかく煮たものや、カボチャやジャガイモの煮つけ、ヒジキの煮物がおすすめです。回復食3日目から数種類の野菜を取り入れることが好ましいです。

ファスティングダイエットの回復食はとてもおいしい!

たった数日食事を摂らないだけでも、人の味覚はとても敏感になります。重湯や薄味のお味噌汁では味気なさそうと思われがちですが、お米やお味噌の甘みはとてもおいしく感じます。味付けがほとんどされない煮物なども、野菜の甘みを感じることができ、野菜本来のおいしさを実感することができるはずです。ファスティングダイエットを通して食生活の見直しをし、今後のダイエットにつなげていくことができれば理想的です。

日本の冬、お正月といえば初詣。初詣の飲み物といえば、お神酒もうれしいですが「甘酒」も暖かさと甘さが絶妙で飲みたくなりますよね。お正月限定の飲み物かというと決してそんなことはなく、日常的に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。そんな日本人とは切っても切れない関係にある甘酒ですが、ファスティングの際の補助食品としても注目を集めています。今回は、ファスティングの回復食に甘酒を用いるメリットや、回復期間の具体的な過ごし方について紹介します。

甘酒の歴史

日本人とはとてもなじみの深い食品である甘酒ですが、その歴史は古く古墳時代から人々に愛されていたようです。初詣のお供ということで冬のイメージが強いですが、江戸時代には栄養が豊富で夏バテ予防にも優れた効果があるため「夏の栄養ドリンク」として広まっていました。また、俳句の季語においても冬ではなく夏の季語となっており、江戸の町を商人が「あ~ま~ざ~け~」と威勢よくかけまわるのが夏の風物詩だったようです。

ファスティングの回復食に甘酒を取り入れるメリット

そんな甘酒は、ヨーグルトやキムチなどを代表とする発酵食品の一種です。乳酸菌が多く含まれ腸内の善玉菌を増やし悪玉菌の増加を抑えるため腸内環境の改善に優れています。また、ビタミンB群や食物繊維を多く含んでいるため、美肌効果や疲労回復、便秘解消などにも高い効果を発揮します。さらに、甘酒は何も初詣の際に訪れる神社でしか手に入らないというわけではなく、近所のスーパーや薬局などで簡単にしかも安価で手に入れることができます。また、温めて飲んでよし冷やして飲んでよしと飲み方のバリエーションも豊富です。これらの特徴から、ファスティングの回復食に用いる際には文句なしの食品といえます。

甘酒を用いた回復期間の過ごし方

ファスティングの回復期間には脂っこいものや香辛料が多く含まれたものなど消化器官に負担のかかるものを食べてはいけません。そこで、甘酒の登場です。回復食のセオリーである豆類やゴマなどの胃腸にやさしいものを食べるといった部分は押さえておいて、朝昼晩と好きなタイミングで食事を甘酒に置き換えてみるとよいでしょう。温めたり冷やしたりして飲むのもいいですが、牛乳などと混ぜてもおいしいですし、みそや豆腐と一緒に和えてみても新鮮な味がして食べやすいですよ。いろいろなアレンジができるのが甘酒の魅力の一つですので、クックパッドやネットで調べてみても面白いですね。注意点は甘酒はとてもおいしいのでつい飲みすぎてしまうといったことがありますが、当然食べた分は自分の体重に跳ね返ってきて本末転倒の結果を迎えてしまうのでそこはぐっと我慢してくださいね。

ファスティングの回復食には甘酒がおすすめのまとめ

甘酒をファスティングの回復食に取り入れる方法について紹介させていただきました。焦点を回復食に合わせて話をさせていただきましたが、もちろん、回復期間以外のファスティング期間に甘酒を用いてもなんら問題がありません。酵素ドリンクやスムージー(野菜ジュース)を使用したファスティングも効果は認められていますが少し面白みに欠ける、そのように感じられた方はぜひ甘酒を利用したファスティングに取り組んでみてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの効果のあるポイント

    ダイエット効果が期待できるファスティングとは?

  2. りんごがファスティングの回復食にピッタリ!その理由と食べ方

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングドリンク

    薬局で購入できる市販のファスティング酵素ドリンク選び方のポイ…

  5. ファスティングの効果のあるポイント

    1日ファスティングでどのくらい体重が減るの?

  6. 手軽にコンビニで買える!ファスティング酵素ドリンクの代用品

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法