ファスティングダイエットの成功のカギは回復食にあり!

ファスティングを成功させるポイント

ファスティングダイエットが成功するか失敗するかは、ファスティング後の回復食の摂り方にあるといわれています。どのように回復食を進めていけばいいのか、どのようなものを食べたらいいのかわからないという人のために、ファスティング後の回復食の進め方について紹介します。

ファスティング後の回復食の重要性

ファスティングが終わると、ようやく食事が摂れるとほっとした気持ちになります。何を食べようかと楽しみにしている人もいるかもしれません。しかしファスティング後にいきなり普通の食事を摂ることは、ファスティングダイエットの失敗につながります。ファスティング後は体がちょっとした飢餓状態になっているため、たくさんの栄養を吸収しようとします。そんな状態の時に普通食を食べてしまうといつも以上に栄養を吸収してしまうため、リバウンドしやすくなってしまいます。質素な食事を少量から摂ることが回復食のポイントです。

回復食はファスティング期間と同じ日数を

回復食にかける期間は、ファスティングダイエットに取り組んだ日数と同じ日数をかけることが基本です。ファスティングが1日なら回復食も1日、ファスティングが3日な回復食も3日、というように考えましょう。ファスティング後は胃への負担を軽くすることも考えなければいけません。食事を摂らないと胃の動きが緩やかになり、消化にも時間がかかってしまいます。消化不良を起こすと体が必要としている栄養を十分に吸収することができず、体調を崩す原因となってしまうことも。体の調子をゆっくりと元に戻すという意味でも回復食は重要です。

ファスティング後の回復食におすすめのメニュー

ではファスティング後の回復食にはどのようなものを食べたらいいのでしょうか。今回は3日間のファスティングダイエットした後の回復食を想定し、取り入れたい食材を紹介します。ファスティング後の体調を見ながら、回復食を進めていくことがポイントです。

【回復食1日目】

朝は重湯を小さめのお椀に軽く1杯いただきます。お昼は重湯と具のないお味噌汁をいただきましょう。夜は10倍粥と梅干し、大根やニンジン、いも類などを柔らかく煮たものを少量いただきます。1日目は酵素ドリンクも合わせて摂りいれるのがおすすめです。補食として豆乳や野菜と果物のスムージーを飲んでもOKです。

【回復食2日目】

2日目の回復食は、主食を10倍粥にします。野菜をたっぷり入れたスープやお味噌汁をプラスしましょう。野菜は柔らかくなるまでよく煮こむことがポイントです。豆腐や納豆は2日目のお昼から食べるのがおすすめです。フルーツはすりおろしたものを食べるようにしましょう。りんごや桃、ぶどうは消化しやすいので回復食にぴったりです。1日かけて少しずつ量を増やしていきます。

【回復食3日目】

回復食3日目は普通食に近づけていくことをイメージしながら食べましょう。朝と昼は粒が少し残ったおかゆにし、夜は柔らかめに炊いたご飯をいただきます。昼間では2日目と同じように野菜を中心のおかずを用意します。夜にはヒジキや切り干し大根の煮物、漬物などをよく噛んで食べましょう。

肉や魚などの動物性タンパク質や揚げ物などは、ファスティング後には負担になってしまいます。ファスティング後1週間を目安に少しずつ取り入れるのがおすすめです。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティング後の回復食に果物を使う場合

  2. 断食ダイエット

    ファスティングの回復食で甘酒は効果があるのか?

  3. ファスティングドリンクの摂取量

    1日ファスティングダイエット!本来の「食べる」を取り戻す方法…

  4. ファスティングの回復食に甘酒がおすすめ!その理由は?

  5. プチ断食ダイエット

    札幌にファスティング(断食)ホテルはある?サロンやスタジオが…

  6. 酵素ファスティングは効果があるの?体験談と成功のポイントを解…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法