ファスティング後の回復食で二日目に適した食材について

固形物を食べられる二日目

ファスティング後の回復食は質素な食事しか食べられませんが、お粥一つでもその食材のありがたさを実感することができます。回復食二日目となるとやっと固形物が食べられますが、この記事では具体的にどのような食材やメニューが適しているのかをご紹介いたします。

二日目は食卓におかずを並べる

一日目は重湯や柔らかめのお粥、それに夜は具のない野菜スープなどまるで入院している方の食事のようになっていますが、二日目になると今まで食べていた料理も少しずつ食べられるようになります。それでも汁物が多くなってしまいますが、お粥のほかに推奨されているメニューは、味噌汁や野菜の煮物、野菜スープなどです。二日目からは固形物を少しずつ食べることができますので「ま・ご・は・や・さ・し・い」を意識しながら、動物性たんぱく質である肉や魚を抜いて献立を作ることができます。納豆やひじきの煮物も食べることができますので、夕食では是非挑戦してみてください。そして二日目であれば温野菜のサラダを食べることもできますが、この際にマヨネーズやドレッシングは使わないようにしてください。野菜とともに食べられるのは塩やポン酢のみです。回復食の時は素材本来の味を楽しみましょう。

二日目の献立の例

回復食二日目となると、一日目の定番であるお粥(重湯)や具無し味噌汁など同じものを食べると栄養が偏ります。それなりに使える食材も増えるため、どのような献立にするか迷うと思いますが、二日目で食べる回復食として簡単で人気のあるメニューについてご紹介いたします。
朝はまだお粥にするのが良いでしょう。それに加え生姜の重湯や具のある味噌汁、野菜スープが非常に相性も良くおすすめです。少しずつ固形物に慣らしていく必要がありますので、漬物や果物など歯ごたえのあるものを選んでも良いですが、いつもよりもよく噛んで食べることを念頭に置いてください。ファスティングを続けていると自然と食欲がなくなってしまうため、固形物を食べることが面倒だったり嫌になってしまうこともあります。しかし固形物を食べないと、回復食の期間が終わっても普通の食事がとれなくなってしまう可能性がありますので、回復食を食べている期間中に体と胃腸を固形物に慣らしてください。二日目はまだ朝昼晩ともお粥ですが、夕食につきましてはそれに加えて豆乳や甘酒、ヨーグルトなどをデザートのように食後に食べても良いでしょう。

三日目に繋げるための回復食

回復食最終日である三日目となると、もう通常の食事に近いものを食べることができます。しかしここまでたどり着くためには、初日と二日目で消化に良く栄養豊富である物を食べていなければいけません。そうでないと三日目で食べられる食材も胃が受け付けなくなってしまいます。三日間のファスティングを三日の回復食で通常の食事に変えられるように、回復食は正しい献立や食材で食べましょう。正しい知識で回復食を取り通常の食事に戻った際には、食に対する意識や食材への感謝がファスティング前とは大きく異なると思われます。これを機に自炊を目指したりコンビニでの食事で済ませないように心がけると、これからの健康にも繋がりますので、食に対して関心を持てるファスティングは、ダイエットだけではなく健康的にも良い減量方法とも言えます。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 1日ファスティングのスケジュール

    ダイエット効果が期待できるファスティングとは?

  2. ファスティングの効果

    ファスティングを3日続けるべき理由について

  3. りんごがファスティングの回復食にピッタリ!その理由と食べ方

  4. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  5. 3日間以上のファスティングダイエットに成功するための12のル…

  6. ファスティングのホテル

    質のよいファスティングを行える人気のホテル5選【温泉や旅行気…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法