ファスティング後の回復食に甘酒やリンゴが人気!メリットとおすすめの理由

ファスティングサプリとドリンク

ファスティング回復食に甘酒を使うメリット

1~3日のファスティングを終えた後には、「回復食」を食べながら徐々に普段の食事に戻していくのが一般的ですよね。この「回復食」を食べる期間というは、実はファスティング本番と同じくらい大切な、ファスティング成功の鍵と言えるプロセスでもあるのです。

一般的におすすめされている回復食で多いのは、重湯やお粥、豆腐や大根など、消化が良く低カロリーな食材です。しかし、日本の伝統食である「甘酒」も回復食としておすすめってご存知でしたか?この記事では甘酒の回復食としてのメリットをご紹介しています。

 回復食に甘酒がオススメの理由

ファスティングをした直後の体内は、胃腸が空になりすべての毒素が排出されたいわば「まっさら」な状態と言えます。ですから特に、ファスティング直後に食べるものには気を使わなくてはなりません。例えば、空っぽになり吸収率が格段にアップしている状態で、高カロリーの食事や肉、ファストフードなど添加物たっぷりの食事を摂れば、せっかくキレイになった体内に、脂肪や油、毒素をめいっぱい吸収してしまうことと同じになってしまいます。

そこで、日本人が古くから親しんできた「甘酒」が回復食としてとてもおすすめなのです。甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ヘルシーでありながらビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。かつては夏バテ予防や滋養強壮のためにも飲まれていた甘酒は、栄養価が高いうえ消化が良く、実はファスティング後の回復食としてはピッタリなんですね。しかも白米100gのカロリーが167kcalなのに対して、甘酒100gのカロリーは81kcalと半分以下のため、リバウンド防止にも効果的なのです。 実際に回復食として甘酒を使用しているファスティング教室もあるんですよ。

回復食にオススメの甘酒はコレ

甘酒にも様々な種類がありますが、回復食にオススメなのはアルコールが含まれない「米麹」から作られた甘酒です。そしてできれば糖類無添加のものが望ましいです。そこで、「どの甘酒を選べばいいか悩んでしまう!」という人のために、ファスティングの回復食してもオススメできる甘酒をひとつご紹介します。それがコチラ…

「造り酒屋の甘酒」/遠藤酒造場

です。米と米麹のみから作られ、砂糖も不使用なので回復食としても安心して飲むことができます。楽天ランキングなどでも好評なので、ファスティングの回復食を迷っている方はぜひチェックしてみてください。

 甘酒は実はファスティングドリンクとしても優秀

ファスティングに用いるドリンクと言えば、「酵素ドリンク」が一般的ですが、実は甘酒もファスティングドリンクに向いているんです。甘酒には、代謝のために欠かせない「酵素」や「ビタミンB群」が豊富に含まれており、ファスティング中のデトックス効果・ダイエット効果を後押ししてくれます。さらに、カロリーは低く栄養価は高い・腹持ちがよい、などの利点があり、ファスティング中の栄養補給の役割をしっかり担ってくれるのです。「酵素ドリンクは苦手」「甘酒の方が飲みやすい」というような人は、ファスティングドリンクとして甘酒を取り入れてみることもおすすめです。選ぶポイントとしては、やはりアルコールの含まれない「米麹」から作られた甘酒、そして砂糖不使用のタイプが良いでしょう。

さらに、通常の食事を一食だけ甘酒に置き換える「甘酒半日ファスティング」も、体質改善しながら無理なく痩せられるので非常におすすめです。日本人には親しみのある「甘酒」を、ファスティングやダイエットに活用してみてはいかがでしょうか?

1日半分のりんごは医者いらず

りんごは果物の中でも特に健康や美容に関して優れている効能を持っているため、通常の置き換えダイエットなどでも使えますがファスティング後の回復食としてもおすすめできる食材です。この記事では、回復食として取り入れられるりんごの食べ方などについてご紹介いたします。

固形物は回復食2日目から

ファスティング後の回復食初日は柔らかいお粥や具無しのスープで済ませることが推奨されていますので、もしそのままのりんごを食べたいのでしたら、二日目の昼から取り入れることをおすすめします。りんごは固い果物でありますので、しっかり口の中で固形がなくなるまで噛まなければいけません。空腹感を満たすにも良い食材で、少量でも満足できるでしょう。まずは一かけらから挑戦して、3日目からは一食をりんご半分に置き換える程度が丁度良いです。しかしりんごだけでは中々栄養も補えないため、3食全てりんごに置き換えるなどは控えましょう。朝食をりんごに置き換えるダイエットは非常に効果的であり、栄養もバランスよく摂取できて尚且つローカロリーであるためおすすめです。

ここで気を付けていただきたいのが、リンゴが回復食に適しているからといって果物全般が回復食として食べられるわけではありません。特にりんごと同じく朝食置き換えダイエットによく使われるバナナは、実はファスティング後の回復食には適していません。体を冷やす効果のある熱帯産の果物は断食後の回復食としては、危険ではありませんがおすすめはできません。バナナ以外にもマンゴーやパイナップルは避けましょう。

回復食1日目からのりんご

果物は多くの調理法があり、どんな姿にでも変身できると言われています。もし回復食1日目からりんごを食べようと思っている場合には、まずすりおろしたりんごから挑戦してみましょう。それならば初日の一回目の回復食で食べても問題ありません。最初は液体状のものを摂取することになると思いますので、ヨーグルトや豆乳、甘酒などで代用するのもおすすめです。他の野菜や果物でもジュースにして飲むと栄養も摂取しやすく消化に優しいため、1日目から取り入れることができます。

果物や野菜でジュースを作るときに注意しなければいけないことは、いきなり色々な種類の素材を混ぜて作らないようにしましょう。それぞれの野菜や果物が持つ酵素が混ざり合ってしまい反発する可能性も考えられますので、最初はりんごジュースやニンジンジュースなど一つの材料から作ったジュースを飲むことを推奨します。

消化と代謝に優しい果物

果物には酵素がたっぷり含まれており、その主な成分は消化や代謝を整えるために必要なたんぱく質で、食べたものをしっかりエネルギーにする作用を持つ大事な酵素です。このような酵素を取り入れたものがファスティングで使われる酵素ドリンクでありますので、その元となる果物や野菜はファスティングやダイエット関係なしに日常的に食べなければなりません。特にりんごはとても食べやすい果物でありながら安価ですので、一日に半分や1個食べることはそれほど苦ではないと思います。この機会にぜひ毎日少しでもりんごを食べてみてください。ビタミン剤などのサプリメントを飲むくらいでしたらりんごを半分程度食べた方が確実に身体に染み渡り、肌のトラブルやちょっとした体の不調も改善されるはずです。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの効果のあるポイント

    ファスティングの酵素ドリンクを販売している薬局と簡単にヨーグ…

  2. ファスティングの回復食

    ファスティング後の3日目におすすめ回復食5選

  3. 断食ダイエット

    酵素ドリンクの代用に!ファスティングに役立つ飲み物をご紹介し…

  4. 酵素ドリンクとサプリ

    ファスティングにおすすめする酵素ドリンク

  5. ファスティングの回復食にバナナはNG!?その理由は?

  6. 断食ダイエット

    ファスティングの回復食で甘酒は効果があるのか?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法