ファスティング後の回復食に果物を使う場合

回復食は必須

ファスティングの期間が長ければ長いほど、回復食は重要なポイントとなります。しばらく活動を停止していた胃腸にいきなり固形物を入れるとビックリしてしまい、腹痛や下痢の原因となります。せっかくファスティングが成功しても、その後の回復食で適切なものを食べなければ、すぐにリバウンドしてしまい苦労が水の泡となってしまいますので、正しい知識を身に付けましょう。この記事では回復食に果物を使う場合に気を付けることや、回復食に適している果物についてご紹介いたします。

回復食で食べてはいけない果物

果物を回復食として使う場合、まず熱帯産である果物は避けましょう。バナナやマンゴー、キウイフルーツなどが挙げられます。バナナは栄養価も高く、キウイは美容効果に良いと言われている果物ですが、どちらも残念ながら回復食としては適しません。熱帯産の果物は体を冷やすという特徴があるため、お腹も壊しやすくなってしまいます。体を温める効果のある果物を食べるとよいでしょう。

しかし、このような果物を絶対に摂取してはいけないということではありません。体が冷えてしまうため出来れば食べないでほしいというだけですので、身体を温かくするドリンク(お茶)などと一緒に摂取するのでしたら食べることはできます。例えば、ゴボウ茶などと一緒に食べるのでしたらほとんど問題は無いといえます。もしどうしても食べたくなった場合には、身体を温めるものと同時に摂取してください。

回復食に適している果物

では、どのような果物が回復食に適しているのかというと、これはりんごやぶどうなどが挙げられます。特にりんごは、1日半分で医者いらずと言われているように整腸作用やビタミンが非常に豊富であるため、回復食には摩り下ろしたりんごなどが良いでしょう。他にもサクランボやオレンジに葉酸やビタミン、カリウムなどの栄養が豊富に含まれているため回復食に向いています。サクランボの皮は少々固いため、よく噛まないと消化不良を起こしてしまうので食べる際は注意しましょう。

果物を栄養食にする際の調理法

回復食で果物を食べる時には、そのまま生で頂くことが多いと思いますが、果物は固形でもジュースなど液状でも食べられる食材です。回復食の一日目でしたら、固形のままではなく摩り下ろしたりジュースにして飲むことを推奨します。消化器官を少しずつ固形に鳴らしていくために、少し粗めのジュースでも良いでしょう。2日目あたりから固形の果物を胃に入れても問題ありません。しかし果物はすぐに飲み込んでしまう事が多いため、回復食として食べる時はよく噛んで、口の中で形を残さないように意識して食べましょう。
果物での回復食といえば、ドライフルーツも適しています。よく噛んで食べるドライフルーツは少なくても空腹感を満たしてくれて、尚且つゆっくり食べるため血糖値の上昇も緩やかになります。この時も出来るだけ熱帯産の果物は避けることを推奨します。ドライフルーツでおすすめの果物はプルーンや干し柿、イチジクなどが良いでしょう。ヨーグルトと一緒に食べると消化の助けにもなります。ドライフルーツのしょうがを生姜湯として飲むというのも体が温まるためおすすめです。なるべく自分の好きな果物を使って、美味しく食べられる回復食を目指しましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判

  2. ファスティングの酵素ドリンク

    バナナはファスティング後の回復食に適しているのか

  3. ファスティングドリンクの代用

    ファスティングダイエットに効果的!酵素ドリンクの作り方

  4. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティングとは?失敗しないための食欲を抑える方法を紹介!…

  5. 女性におすすめ!ホテルで取り組むファスティング

  6. ファスティング体験者の口コミを紹介!ダイエット効果はある?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法