ファスティング後の回復食に豆乳は適しているのか

ファスティングサプリとドリンク

栄養価が豊富な豆類

豆腐や納豆、豆乳などの豆類はたんぱく質やビタミン、ミネラルなど人間が生きていく上で絶対必要になる栄養をバランス良く含んでいるため、健康食としても使われ親しまれています。そんな豆類や、豆乳はファスティング後の回復食としても非常に役立つ食材となります。この記事では、ファスティング後の回復食に適した豆乳の飲み方についてご紹介いたします。

初日や2日目で飲む豆乳

豆乳は大豆たんぱくやイソフラボンが多く含まれており基礎代謝を活発にするため、ダイエット関係なしに習慣的に飲んでも効果があるドリンクです。飲み過ぎはいけませんが、一日にコップ一杯程度でしたら飲むことをおすすめします。豆乳を毎日飲むことによってがんの予防や動脈硬化など血液に関する病気の対策にもなります。そのため回復食の時以外でも是非飲んでいただきたいものなのですが、回復食に切り替えた初日などは、まだ固形物があまり食べられません。3日以上のファスティング後でしたら尚更で、初めての食事は重湯などしか食べられない場合もあるため、豆乳は腹持ちも良く初日から飲めるありがたい飲み物です。初日の1食目から飲めるため、朝食を豆乳に置き換えても良いでしょう。納豆や豆腐など他の豆類は、豆乳を飲んでいるのならば特別食べる必要はありませんが、2日目からならばよく噛んで食べることができますので、どんなメニューが良いか考えて献立を作ってください。

回復食に必要な食材

回復食に関して「ま・ご・に・わ・や・さ・し・い」という言葉を聞いたことがないでしょうか。これはそれぞれの頭文字を食材と合わせた言葉で、最初の「ま」がまさに豆の「ま」になります。それぞれに異なる栄養が含まれているためバランスよく食べることが理想ですが、回復食としてはこんなに多くの食材を使った料理を食べることはできません。それこそ1食が豆乳1杯になる回復食ですので、深く考える必要はありませんが、これらの食材は通常のダイエットにも適しています。ファスティングが終わった後の食事にもこのようなバランスを考えた献立にすると、再びダイエットする必要もなくなるでしょう。

豆乳のような液体を推奨

特に、初日の固形物を食べることができない日などには、豆乳を食事として置き換えるのは最適だといえます。腹持ちも良く尚且つ栄養価も豊富でありますので、是非ファスティング後の回復食として活用してください。

そして豆乳にはバナナや紅茶など様々なフレーバーがありますが、豆乳本来の栄養を体に取り入れたいのであれば、出来るだけ通常の豆乳を飲んでください。豆乳は苦手という方も多く、甘いフレーバーをジュース感覚で摂取している方もいますが、通常の豆乳とフレーバー付きの豆乳では栄養価が大きく異なりますので気を付けてください。豆乳そのものの栄養があまり活かされていなかったり、普通のジュースよりも少し栄養価が高いだけのものも存在しますので、必要な栄養がしっかり入っているかを見て購入しましょう。いずれにしても回復食で使う豆乳は通常のものを選ぶことを推奨します。回復食として使える食材は、豆乳以外でも上記の「まご(に)わや(さ)しい」のように沢山存在しますので、自分の好きな食材や合う献立で作ってみてください。回復食をしっかり摂れて通常の食事に戻れるまでがファスティングの成功とも言えます。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの初心者でも簡単にできるやり方【体重の減り…

  2. ファスティングの過ごし方

    ファスティング の回復食にバナナは不向き。その理由を徹底解説…

  3. ファスティングを行える人気のホテル6選

  4. ファスティングドリンク

    楽しくファスティングを!酵素ドリンクの基本の飲み方

  5. 関東でファスティング・断食体験!おすすめホテルランキング

  6. 断食ダイエット

    ファスティングの回復食で甘酒は効果があるのか?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法