ファスティング後二日目の回復食から野菜を摂ろう

プチ断食ダイエット

ファスティングよりも重要だといわれている回復食では、どのようなものを食べればいいのかわからないという人も少なくありません。回復食一日目は重湯から始め、夕食にはほとんど粒のないおかゆを食べることができます。実はファスティングよりも気を使う必要があるといわれているのが回復食なのです。今回は回復食二日目の過ごし方について紹介します。

回復食二日目の朝は野菜スープでお腹を慣らす

ファスティング後一日目の回復食では、重湯やおかゆ、お味噌汁の上澄みなど水分を中心に過ごします。回復食二日目からようやく野菜を摂ることができるので、朝食から少しずつ慣らしていきましょう。朝食は10倍粥に野菜スープをプラスした、シンプルな食事を用意します。野菜スープに入れる野菜は、玉ねぎや大根、ニンジンやキャベツなど、煮ると柔らかくなるものを中心にいろいろなものを入れるのがおすすめです。細かくカットしてくたくたになるまでしっかり煮込むこともポイントです。お椀に軽く1杯よそったら、野菜をスプーンやフォークの背で粗くつぶしてから食べましょう。しっかり噛み、消化しやすくすることも大切です。

野菜の煮物は回復食二日目のお昼から

回復食二日目のお昼には、もう少し形が残ったものを食べてみましょう。主食は10倍粥にし、野菜を柔らかく煮たものを用意します。カボチャの煮物や粉ふきいもは消化もよく栄養価も高いので、回復食に取り入れたい食材です。大根やカブは、煮込むと柔らかく食べやすいのでスープ仕立てにして汁ごといただきましょう。玉ねぎとジャガイモを一緒に煮こんだものを用意するのもおすすめです。煮ると柔らかくなる野菜を用意することと、どの野菜でもしっかり噛んでゆっくり食べることで消化を促し満腹中枢も刺激します。ファスティングが終わってから2日目は、まだ胃の調子は完全に戻ってはいません。この段階でお腹いっぱい食べることはまだNGです。野菜だからといって、満腹になるまで食べないようにしましょう。

夜はファスティングで摂った酵素も意識した食事を

ファスティング中は酵素ドリンクでたっぷりと酵素を摂取しています。回復食を始めると酵素の量が急激に減り、体のだるさを感じてしまうこともあるようです。回復食二日目の夕食からは、ファスティングをしていた時と同様に、しっかり酵素を摂ることを意識してみましょう。酵素は生の野菜やフルーツに多く含まれていますが、生野菜はまだ胃の負担となってしまいます。回復食二日目の夕食から、フルーツを少しずつ摂ってみましょう。桃やイチゴ、ブドウは果肉が柔らかく消化しやすいのでおすすめです。リンゴはすりおろすことで消化が良くなるので、リンゴを食べる場合はすりおろして食べましょう。糖分が多い果物は消化に時間がかかるので、少量をよく噛んで食べることがポイントです。

回復食二日目は野菜スープや味噌汁が大活躍

ファスティング後2日目の回復食では野菜を食べることができるようになるとはいえ、まだ柔らかく煮たものが中心となります。スープや味噌汁は野菜のエキスを汁ごといただくことができるので、2日目の回復食に大活躍します。1日目からたっぷりと作っておいて、体調や日数に合わせてスープだけ飲んだり、野菜を潰して食べたりするといいでしょう。味をつけていないものを用意しておけば、味噌や醤油などその時の気分で味を変えられるのでおすすめです。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. お手伝いで安いプランも!関東のファスティングホテルを紹介

  2. ファスティングの回復食に甘酒がおすすめ!その理由は?

  3. ファスティングドリンク

    楽しくファスティングを!酵素ドリンクの基本の飲み方

  4. ファスティングの回復食とスケジュール

    ファスティングを体験できるホテルはどんなメリットがあるのか

  5. ファスティングを成功させるポイント

    健康の美容のための資格「ファスティングマイスター」とは

  6. 美容と健康の基礎知識を学ぶ、ファスティングマイスター初級につ…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法