ファスティング(断食)回復食3日目!メニューや注意点を教えます!

ファスティングを成功させるポイント

ファスティング後の回復食は、3日間は設ける必要があり、回復食3日目には1日目は2日目に比べると普通食に近い食事が可能となりますが、油断は禁物です。
ここで、食事の取り方を間違えるとリバウンドしてしまったり、体調を崩してしまったりしかねません。
今回は、ファスティング回復食3日目でのおすすめメニューや注意点について詳しくご説明していきます。

ファスティング回復食3日目のおすすめメニュー

ファスティング回復食3日目は、消化の良い食材を用いた薄味の和食中心の食事としましょう。

朝食・・・ご飯、冷奴、ひじきの煮物
昼食・・・ご飯、納豆、きゅうりとわかめの酢の物
夕食・・・ご飯、鮭のホイル焼き、野菜炒め

そのほかにも、サバの塩焼き、豆腐サラダ、ほうれん草のおかか和え、きのこの炒め物、味噌汁、すまし汁、無糖ヨーグルトなどを食べるのがおすすめです。

回復食1日目は2日目は重湯(おかゆの上澄み)やおかゆを食べますが、3日目からは完全にご飯が食べられます。
おかずについても普通食のものが食べられますが、肉や卵、脂っこいものは避けるようにしてください。
消化が難しいタンパク質は、1日目と2日目では摂取しないことをおすすめしますが、3日目からは大豆製品や魚を用いて積極的に摂取するようにしましょう。
タンパク質は筋肉の材料となる栄養素であるため、タンパク質を十分に摂取することで筋肉量を維持することができ、基礎代謝低下を防ぐことができるのです。

ファスティング回復食3日目での注意点

ファスティング回復食3日目では、回復食1日目・2日目の食事によって消化器官の機能はかなり回復してきていますが、体の栄養状態はまだまだ栄養が不足した状態となっており、栄養吸収されやすいです。
そのため、油断していつも通りの食事を取ったり、暴飲暴食してしまったりするとリバウンドしてしまう可能性が高まります。
よって、油分が多い食品(揚げ物・ジャンクフード・脂身の多い肉など)や砂糖が多い食品(お菓子・ジュース・シリアル・ジャムなど)はカロリーが高いため、特に摂取を避けるようにしてください。

もう少し減量したい・痩せたいという方は糖質摂取を工夫!

ファスティングを終えたけれど、ダイエット効果に満足していないという方は、ファスティング食3日目において、糖質摂取を少なくしましょう。
糖質は太るモトとなる成分であるため、糖質の摂取を減らせば減らすほど痩せやすくなれますし、ファスティング終了後は胃袋が小さくなっているために摂取量を減らしてもそれほど辛い空腹感はありません。
糖質が多く含まれているのはご飯や芋類ですから、ご飯や芋類の摂取量を少なくして、さらなるダイエット効果を実感しましょう。

ゆっくりとよく噛んで食べることも大切

今回は、ファスティング回復食3日目でのおすすめメニューや注意点について詳しくご説明してきました。
回復食中は食事量やメニューを工夫することに加えて、ゆっくりとよく噛んで食べることも忘れないようにしてください。
ファスティング回復食3日目を迎える方は今回ご紹介した内容を参考に、ファスティングで手に入れたスリムな体を維持できるような食事としてください!

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食に甘酒がおすすめ!その理由は?

  2. ファスティング

    ファスティングに重要な酵素は、サプリメントでもいい?

  3. プチ断食ダイエット

    ファスティングで人気の市販酵素ドリンクとサプリおすすめ10選…

  4. ファスティングを行える人気のホテル6選

  5. ヨーグルトでファスティング!効果と失敗しないポイントをご紹介…

  6. ファスティングの回復食に豆乳がおすすめ!3つの理由とは

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法