ファスティング1日目の過ごし方【頭痛の原因と対処も分かる!】

ファスティングの過ごし方

ファスティング1日目に起こりやすい頭痛

3日間のファスティングをした場合、1日目に頭痛を感じる人は多くいます。体の変調を感じれば不安になり、ファスティングを続けていいのかと迷ってしまいますよね。ここではなぜファスティング中に頭痛が起きるのか、そして頭痛が起きた場合の対処法を解説しています。

頭痛は好転反応という体のサイン

ファスティング中に起こる頭痛などの体調不良は、実は「好転反応」という、体が正常な状態に戻ろうとしているサインなのです。

ファスティングは体の中の毒素を排出する作業。ファスティングを始めると、まず体内に溜まっていた老廃物や様々な化学物質などの毒素が血液中に排出されます。それらの毒素が完全に体外に出てしまうまでの間、一時的に頭痛などの体の変調が起こってしまうのです。好転反応には、頭痛以外にも吐き気、軟便、肌荒れなど様々な症状があります。しかしこれは、ファスティング中に体が浄化されていく過程で必ず起こる現象なので、必要以上に心配をすることはありません。適切な対処をすれば、症状は治まり、ファスティングを続けることができるのです。

1日目に頭痛が起きた場合の対処法

では、好転反応で頭痛が起きた場合は、どのような対処をすればよいのでしょう?

頭痛は体の毒素が排出される際に起こるものなので、まず、水分を多くとることをおすすめします。水分補給をすることでデトックス効果が促され、毒素もすみやかに排出されていきます。また半身浴や、ウォーキングなどの軽い運動も、体を温めて毒素の排出を促進してくれるのでおすすめです(ただし激しい運動などは避けてください)。それでも収まらない場合は、生のレモンを絞ったジュースや、または梅干しなど多少の塩分の摂取で症状が緩和されることもあるようです。頭痛がひどい場合はこういったものを少し口に入れてみましょう。

さらに、ファスティング中の頭痛のもう一つの原因には「低血糖」があります。特に普段から甘いものを多く食べる人などは、ファスティング中に低血糖の状態になりやすく、頭痛がともなう場合があります。低血糖状態による体の不調の場合は、無添加のハチミツや黒砂糖などをゆっくりと食べて、ゆるやかに血糖値を上げることが大切です。

好転反応が出やすいタイプの人

頭痛などの好転反応は、人によって様々な現れかたをします。ではどんな人に出やすいのでしょうか?

それは、普段から毒素を多くとっている人=「添加物の多い食事をしがちな人」です。コンビニ食、ファストフード、お菓子などには添加物が多く含まれていますから、普段からそのようなものをよく食べている人の体内には、それだけ毒素が多く溜まっているということになります。排出される毒素が多い分、頭痛などの症状も現れやすくなるのです。また、甘いものを多くとりすぎている人も、ファスティング中に低血糖状態になりやすいですから要注意です。いずれにせよ、普段から生活習慣が乱れ体に毒素が多く溜まっている人ほど、好転反応が強く表れてしまう傾向があります。

無理しすぎないファスティングが大切

好転反応は決して病気ではありません。上記のような対応をし、専用のドリンクをしっかり飲んでいれば、徐々に治まってくるのが普通です。ファスティング初期に頭痛が起こっても、あわてることなくしばらくは様子を見て過ごしましょう。

ただし、それでも頭痛が収まらないような場合は、勇気をもってファスティングを中断することも必要です。無理をしてファスティングを続けてしまえば、逆に体を壊してしまうことに繋がりかねません。ファスティングを辞めてしばらく経っても症状が治らない時は、早めに医師に相談しましょう。

ファスティングに好転反応はつきものと言えます。その原因を理解して、無理のないファスティングを心がけてくださいね。

みなさんはファスティングをご存知ですか?誰でも簡単に取り組めて効果がでやすいということで、世間に広まりつつあります。基本的にはダイエットの延長線上にあるものですが、実施期間が通常2~3日程度であり短期で終わらせられるという特徴があります。目的として一番大きいのは減量のように、日常酷使された消化器官を休ませるということです。そんなファスティングですが、正しい進め方というものがあり、その中でも1日目を無事に過ごせるかどうかで成否が変わってきます。今回は、ファスティング1日目の過ごし方をご紹介します。

ファスティング1日目の過ごし方

ファスティングの1日目は、ファスティング前の準備期間から継続して行われます。準備期間では体を慣らす段階として食事量を減らしているので、ここの調整がうまくいった人はすんなりと1日目を迎えられるはずです。体の中に入れるものには十分な注意が必要です。基本的には水や酵素ドリンク・野菜ジュースなどだけを摂取するようにしましょう。また、ファスティング中は体を日常とは異なる環境に置くことになりますので、激しい運動やストレスがかかってしまう行いなどは避け、心身ともにリラックスした状態にしておくことが理想です。そうした観点から、ファスティングを行うタイミングとしては「週末ファスティング」と呼ばれているように、週末の土日を使うことがおすすめです。

ファスティング1日目に体に現れる変化とそれらを乗り切る方法

ファスティングを1日行うと体に変化が現れることがあります。空腹・頭痛・眠気やだるさなどが個人差はありますが現れる人がいるようです。空腹については、食べる量を減らしているので当然現れるものですが、あまりにも空腹を感じる場合は耐えることがつらいです。日数が進めば体が慣れてきて空腹感が紛れてくるのですが、どうしても耐えられない場合は水を飲んだり、空腹が襲ってきたタイミングで酵素ドリンクを摂取するなど工夫しましょう。頭痛については、体内から毒素が排出される過程に体が過敏に反応することによっておこるようです。基本的には好転反応といって体がファスティングに対応し痩せ始める過程であるため、我慢できるのであれば我慢するにこしたことはありませんが、耐えがたい痛みが襲ってきた場合はファスティングを中止し医師に相談するなどしましょう。眠気については、体が普段と違う環境におかれているため一種のストレス反応として現れるようです。ファスティング後のやせてキレイになった自分を想像するなどして気を紛らわせるといいかもしれませんね。

ファスティング1日目の過ごし方のまとめ

何事も始めが肝心です。1日目を無事に過ごすことがファスティングの成否の分かれ道です。今回の記事でご紹介したように、ファスティング1日目は体に変化が良いも悪いも変化が訪れやすい時期といわれています。特にファスティング初心者などにとっては経験もないため、精神的な面からもこれらの変化に過敏となりやすいでしょう。しかし、知識を正しく持って自分と向き合いながら無理のないペースで実践すれば必ずファスティングは成功します。今回の説明を参考にぜひ、ファスティングに取り組んでみてくださいね。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食で気を付けるポイント

  2. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティングとは?失敗しないための食欲を抑える方法を紹介!…

  3. 札幌でのファスティングはホテル滞在なしでもサポート

  4. ファスティングの回復食

    1日1食のファスティングにより得られる良い効果とは

  5. 酵素ドリンク

    ファスティングの決め手は回復食。2日目に食べるべきものは?

  6. ファスティングのホテル

    質のよいファスティングを行える人気のホテル5選【温泉や旅行気…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法