ヨーグルトでファスティング!効果と失敗しないポイントをご紹介

ヨーグルトを用いたファスティングは、満足感が得られやすくファスティング初心者の方でも比較的取り組みやすいファスティング方法です。
今回は、ヨーグルトファスティングの効果や具体的なやり方、また、失敗しないポイントについて詳しくご紹介していきます。

ヨーグルトファスティングで得られる効果

ヨーグルトファスティングに取り組むことで、ヨーグルトに含まれる善玉菌の腸内環境を整える効果が得られ、デトックス効果を高めることができます。
また、ヨーグルトには筋肉の材料となるタンパク質が豊富に含まれているため、筋肉量を維持して代謝低下を防ぎながらファスティングに取り組むことが可能です。
さらに、ヨーグルトを用いたファスティングは、ドリンクを用いたファスティングよりも食べているという感覚が大きいために、得られる満足感が大きく、継続しやすいです。

ヨーグルトファスティングのやり方

ヨーグルトファスティングのやり方として、ファスティング前日とファスティング1〜3日目それぞれの食事内容を具体的にご紹介していきます。

・ファスティング前日
消化の良い食材を用いた和食中心の食事とする。
食べる量は少なめにして、腹八分目を意識する。
・ファスティング1日目
ヨーグルト100g+豆乳もしくは野菜ジュース200〜300mlの食事を3食とる。
加えて、炭酸水(なければ水)を1日あたり2Lを目安にしてこまめに摂取する。
・ファスティング2日目
朝食と昼食は1日目と同様に、ヨーグルト100g+豆乳もしくは野菜ジュース200〜300mlの食事とする。
夕食はおかゆ+具なし味噌汁の食事とする。
1日目と同様に、炭酸水(なければ水)を1日あたり2Lを目安にしてこまめに摂取する。
・ファスティング3日目
朝食は2日目の夕食と同様に、おかゆ+具なし味噌汁の食事とする。
昼食と夕食は消化の良い食材を用いた和食中心の食事とする。

ヨーグルトファスティングで失敗しないポイント

ヨーグルトファスティングで失敗しないポイントは、体調を見ながら慎重に行うことです。
ヨーグルトファスティングでは、いくらヨーグルトや豆乳もしくは野菜ジュースから栄養を摂取しているからといっても、通常の食事で得られる栄養に比較すると随分少ない栄養摂取となります。
そのため、体調が悪い時に行ったり、無理に継続したりすると体調不良に陥り、ダイエット効果を得るどころか体に負担をかけてしまいます。
よって、ヨーグルトファスティングに取り組む場合には、必ず体調が良い時に行い、長期間行うことは避けるようにしてください。
また、取り組む最中で体に異変を感じたらファスティングを中断する、もしくはおかゆなどで糖分を補給するようにしましょう。

固形物を食べられるヨーグルトファスティング

今回は、ヨーグルトファスティングの効果や具体的なやり方、また、失敗しないポイントについて詳しくご紹介してきました。
ファスティングと言えば、固形物を食べないイメージが強いかと思いますが、ヨーグルトなら低カロリーでしかもダイエットに効果的な栄養素を多く含んでいるため、ファスティングに用いても問題ありません。
固形物を食べないファスティングは耐えられそうにないと思われる方はぜひ、今回ご紹介したヨーグルトファスティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティング(断食)回復食3日目!メニューや注意点を教えま…

  2. ダイエット

    ファスティング後の回復食には「スッキリ大根」がおすすめ!

  3. 置き換えダイエット

    ファスティングで大切な回復食

  4. 日本生活環境支援協会口コミ評判

  5. 酵素ドリンクとサプリ

    ファスティング酵素ドリンクの選び方・注意点と人気の代用品3選…

  6. ファスティングの酵素ドリンク

    バナナはファスティング後の回復食に適しているのか

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法