ヨーグルトを使ったファスティングに効果はあるのか

ファスティングの資格

ダイエットと相性の良いヨーグルト

ヨーグルトは腹持ちも良く、置き換えダイエットとしてよく使われる食品です。そんな腸の動きを整えてくれる健康食品はファスティングに向いているのでしょうか。この記事では、ヨーグルトを用いたファスティングについてご紹介いたします。

ヨーグルトの栄養について

ヨーグルトは一日に一食を置き換えるダイエットには最適な食品ですが、実はファスティングに使うものとしては向いていません。一日だけのファスティングで、朝はヨーグルト、昼はスムージー、夜は酵素ドリンクなどの献立ならば、栄養面でも多少は整っているため3日程度であれば問題ありません。現実的な話で、一日限りでもヨーグルトしか食べられないファスティングを行うのでしたら、空腹とヨーグルトならば食べていいという安心感により大容量のヨーグルトを一つ丸ごと食べてしまう恐れもあります。ヨーグルトは健康に良い食品だからと言ってたくさん食べてしまうと逆に太ってしまったり、何よりお腹を壊してしまいます。
実はヨーグルトの主な成分は脂質やたんぱく質であるため、消化に良いものとは言えません。あまり多く摂りすぎると逆に悪玉菌が増えてしまい便秘になる恐れもあります。そしてヨーグルトには、ファスティングの天敵である体を冷やすという特徴もありますので、ヨーグルトのみを摂取するファスティングはおすすめできません。

選ぶべきヨーグルト

置き換えダイエットでもファスティングでも、ダイエット中に食べるヨーグルトとして知っていただきたいのが「プロバイオティクス系ヨーグルト」です。これだけ見るとどんなヨーグルトかわからないと思いますが、これは「ダノンビオ」や「明治プロビオヨーグルトLG21」などが当てはまり、一度は見た事があるようなパッケージの商品です。トップバリューでも「プロバイオティクスプレーンヨーグルト」として販売されていますので、安く購入することもできるヨーグルトです。これらは生きて腸まで届く善玉菌と言われており、消化器官中の細菌を良い方向に改善させてくれると言われています。お通じや腸内環境の改善に非常に有効ですので、ダイエットに関わらず知っていただきたいヨーグルトです。

ファスティングで食べるべき量

もしファスティングをする際にヨーグルトを使うのであれば、一日に500ml程度に抑えておきましょう。通常一日のヨーグルト摂取量の目安は100mlですので、これでもかなりオーバーしてしまいます。スーパーで見かける大きなヨーグルトが450mlですので、あの容量を目安に食べてください。それ以上食べるとなると、上記のような悪い影響が出てしまう事も十分に考えられます。3食で100mlずつ摂取して、食事のたびに豆乳などを100~200ml飲むという方法もあり、こちらならば多少腹持ちも良いため成功する確率も高いです。
この量のヨーグルトでもすぐお腹が空いて我慢できなくなるのに、酵素ドリンクだけのファスティングなんて出来ないと思われる方もいるはずです。しかし酵素ドリンクは栄養や酵素の量が計算されており、その分しっかりと体に染み込んでいくため摂取量は少なくても満腹感や満足感を感じることができます。それ故に高価であり、効果も期待できるものとなっています。もしヨーグルトを使ったダイエットを行う際は、まずは少しずつ食生活を変えていく、置き換えダイエットから実践してみてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食にはフルーツが最適!食べ方や選び方を伝…

  2. 3日間以上のファスティングダイエットに成功するための12のル…

  3. ダイエットで話題ファスティングとは

  4. ファスティングドリンク

    単なるダイエットじゃない!ファスティングとは?

  5. 薬局で販売しているファスティングドリンクの選び方について

  6. ファスティング2日目から試したい!大根の回復食

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法