ヨーグルトファスティングに挑戦!その効果は?

ファスティングの回復食

食事を摂らずに水分だけで過ごすことで、体と消化器官を休めることが目的のファスティングが注目されています。一般的なファスティングは酵素ドリンクを食事の代わりに摂りますが、今回はヨーグルトを利用したファスティングについて紹介します。ヨーグルトを使ったファスティングの取り組み方と、気になる効果について見ていきましょう。

ヨーグルトファスティングのメリット

ファスティングは消化器官を休めることが目的ですが、酵素ドリンクだけで行うファスティングは空腹を感じやすいことがデメリットだといわれています。ファスティング期間が長くなれば空腹感も増し、空腹に耐えられず挫折してしまう人も少なくありません。ファスティングにヨーグルトを取り入れることで、次のようなメリットがあります。

・腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整えることで便秘解消に効果的

・腸内環境がよくなることでデトックスをスムーズに進め、ダイエット効果が期待できる

・タンパク質が豊富なので、筋肉量を落とさずにファスティングに取り組むことができる

・水分とは異なった「飲み込む」という感覚があるので、満腹を感じやすい

・アレンジしやすいので味の変化を楽しむことができる

ヨーグルトを使ったファスティングのやり方

ヨーグルトを使ったファスティングと聞くと、ヨーグルトだけを食べて数日を過ごすというイメージがありますが、ヨーグルトだけでは栄養が偏るので理想のファスティングができないかもしれません。ヨーグルトと合わせて酵素ドリンクや野菜ジュースを取り入れることがポイントです。初めてヨーグルトファスティングに取り組む人は、1日ファスティングから始めてみましょう。

1食のメニューは、無糖ヨーグルト100gと野菜ジュース200mlから400mlを基本とします。野菜ジュースは加糖されていない無添加のものを選びましょう。補食として豆乳やレモンを絞った炭酸水を飲むのがおすすめです。これらのほかに、デトックスを促すために1日1.5リットル程度の水か白湯を飲むこともポイントです。無糖ヨーグルトには少量であればはちみつやきなこをかけてもOKです。

気になる効果は?

ヨーグルトファスティングはとても簡単に取り組むことができますが、気になるのはその効果です。もともとの体重や体質によって実感できる効果は個人差がありますが、3日間のヨーグルトファスティングでは平均1.5kgほどの減量が期待できます。腸内環境を整えながら行うヨーグルトファスティングは、ダイエット効果だけでなく肌の調子を整える効果も期待できるようです。

また、ヨーグルトファスティングでの結果を維持するには、その後の食生活に大きく左右されます。ファスティングを行うと、どんな人でもある程度減量することが可能です。ファスティング期間が終わったからといって、翌日から普通食に戻したりいきなり高カロリーのものを食べてしまうと、あっという間に体重は元に戻ってしまいます。中にはファスティング前よりも増えてしまったというケースも珍しくありません。ファスティング後は少量のおかゆから始め、少しずつ普通食に戻していくことが大切です。毎日ヨーグルトを食べる習慣をつけたり、月に1回など定期的にヨーグルトファスティングに取り組んでみるのもおすすめです。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティング1日目。早く成果をあげたい人がやるべきことは?…

  2. 酵素ドリンク

    ファスティングは酵素ドリンク以外のもので代用OK?

  3. ファスティングを成功させる方法

    ダイエットするなら酵素ファスティング

  4. ファスティングのメリット

    1日だけのファスティングで体をすっきり!

  5. ファスティングドリンクの代用

    ファスティング酵素ドリンクの選び方やヨーグルトや野菜ジュース…

  6. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングダイエットに取り組んでみよう

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法