ヨーグルト&野菜ジュースでファスティング成功!やり方と効果

ヨーグルトと野菜ジュースを使ったファスティングは、満腹感が得られやすく、またどちらもお手頃な価格で購入しやすいため、初心者の方でも気軽に取り組むことができます。
今回は、ヨーグルトと野菜ジュースを使ったファスティングに成功するやり方とその効果、また、注意点をご紹介していきます。

ヨーグルト&野菜ジュースファスティングの効果

ヨーグルトには、腸内の善玉菌を増やす働きのある乳酸菌が豊富に含まれているため、腸内環境が整えられてデトックス効果を高めることができます。
さらに、筋肉の材料となるタンパク質が豊富に含まれているため、筋肉量を維持して基礎代謝(1日に何もしなくても消費されるカロリー)の低下を防ぐことが可能です。
また、野菜ジュースはビタミンやミネラル、食物繊維、酵素などのダイエットに効果的だと言われている栄養素が豊富に含まれているため、痩せやすい体づくりに役立ちます。
ヨーグルトや野菜ジュースは、通常ファスティングに用いられる水やお茶、酵素ドリンクなどの飲料よりも満腹感が得られやすいため、空腹感によるストレス溜まりにくく、継続しやすいです。

ヨーグルト&野菜ジュースファスティングのやり方

ファスティング前3日間(準備期間)

・消化の良い食材を用いた薄味の和食を中心とした食事とする(ご飯や味噌汁、高タンパク質低カロリーなおかず、野菜・きのこ・海藻をたくさん取り入れた副菜などがおすすめ)。
・腹八分目以上は食べないよう意識する。

ファスティング1〜3日間

・ヨーグルト100g+野菜ジュース200〜300mlの食事を3食とる。
・さらに、炭酸水や水を1日あたり2Lを目安にしてこまめに摂取するのが良い(炭酸水は満腹感が得られやすくておすすめ)。

ファスティング後3日間(回復食期間)

・準備期間と同じく、消化の良い食材を用いた薄味の和食を中心とした食事とするが、胃腸の機能が弱っているために消化の難しいタンパク質の摂取は避ける(その代わり回復食期間以降、高タンパク質低カロリーなタンパク質食品を積極的に摂取する)。
・主食については、回復食1日目では重湯(おかゆの上澄み)を食べて、2日目ではおかゆや軟らかく炊いたご飯、3日目では通常のご飯とし、徐々に水分を減らしていくようにする。
・ファスティング後は体が栄養不足の状態となっており、非常に栄養吸収されやすいため、食べる量は極力少なくし、お菓子やジュース、油が多い食品など高カロリーなものは絶対に食べないようにする。

ヨーグルト&野菜ジュースファスティングの注意点

ヨーグルト&野菜ジュースファスティングに取り組む場合には、体調を見ながら慎重に行うようにしましょう。
ヨーグルトや野菜ジュースを摂取しているといっても、普段より摂取カロリーが少なくなるために体の栄養不足が著しくなって体調不良を起こしてしまうことも考えられます。
そのため、体調が悪くなった場合にはファスティングをすぐに中断して、おかゆなどの消化の良いものを少しだけ食べて回復を待ちましょう。
また、ファスティングを長期間実施すると体調が悪くなりやすいため、取り組む期間は1日や2日、多くとも3日までとしましょう。

きちんと栄養を摂取しながらファスティングに取り組みたいという方は是非、今回ご紹介したヨーグルト&野菜ジュースファスティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングホテル

    効果的にファスティング!伊豆の老舗ホテル断食体験をしよう

  2. ファスティングサプリとドリンク

    ファスティング後の回復食に甘酒やリンゴが人気!メリットとおす…

  3. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの効果と回復食のとり方【初心者でも簡単!】…

  4. 週末の1日半を使ってファスティングに挑戦!

  5. ファスティングの効果

    酵素ファスティングで効果を実感する3つのポイント

  6. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法