体が喜ぶ食材を!ファスティングの回復食後の過ごし方

ファスティングの回復食の選び方

ファスティングのカギともいえる回復食を過ごした後、ようやくいつも通りの食生活を送れるようになる、とほっとする人も多いです。回復食後においしいものをたくさん食べようと考えているなら、もう少し待ったほうがいいかもしれません。ファスティングと回復食で体が痩せやすい体質へと傾きかけた回復食後の食事にも気を使うことが大切です。ファスティングの回復食後の過ごし方について見ていきましょう。

回復食後は体が喜ぶ食材を摂ろう

回復食の期間はおかゆや柔らかく煮た野菜を中心に過ごします。回復食期はカロリーもある程度制限されていて、糖分や脂分もごく少量です。回復食が終わったからと言って、甘いものを食べすぎたり脂っこい食事を摂ったりすると、せっかく頑張った1週間があっという間に振り出しに戻ってしまうことも珍しくありません。

回復食後は回復食と同じようなものを摂るべき、とは言いませんが、体が喜ぶ食材を選ぶことが大切です。野菜もいろいろな種類を摂り、ビタミンやミネラルをたっぷり摂るようにします。海藻やキノコなどは食物繊維が豊富で低カロリーなので、回復食後に積極的に摂りたい食材です。ファスティング後1週間ほどたったら魚などの動物性タンパク質も少しずつ摂るようにするといいでしょう。

回復食後は発酵食品もおすすめです。回復食の期間が終わりファスティングから1週間が過ぎたら、ほとんどの食材を摂ることができるようになります。納豆やヨーグルトは比較的早い段階から食べることができるのでおすすめです。キムチやぬか漬けなども発酵食品のひとつで、回復食後様子を見ながら少しずつよく噛んで食べましょう。味噌や醤油、お酢などの調味料も発酵食品です。塩麹も発酵食品なので、様々な料理に取り入れてみてください。

ファスティング後は食への意識も変わる

ファスティングをした後の回復食は、味付けがされていないおかゆでも甘みを感じることができ、いつもの何倍もおいしく感じます。回復食では少しずつ調味料も増やしていきますが、回復食後も自然と薄味を継続できるようになります。ファスティングをすると体が喜ぶ食材を選べるようになり、食への意識が変わるという人も多いです。体にいいものを、体が喜ぶものを回復食後も継続して摂ることができるようになるはずです。

ファスティングをする前は口さみしくなるとお腹がすいていなくても、なんとなく何かを食べているという習慣がついてしまっている人も多いですが、ファスティングをすると無駄に食べることが減っていきます。

ファスティングの回復食後も酵素を意識して

酵素は体の調子を整えたりデトックス効果をサポートしたりと、健康に大きく役立ちます。ファスティング中だけでなく、ファスティングが終わった後も酵素を意識した食生活をすることがポイントです。間食に酵素ドリンクを飲んでもいいですし、酵素ドリンクに1食を置き換えるダイエットに定期的に取り組んでもいいでしょう。酵素や生の野菜や果物に含まれていますが、回復食後すぐに生のものを摂ることはおすすめできません。生で摂るならスムージーにしたり消化のいい果物を選んだりするなど、工夫をしながら摂るようにしましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食

    ヨーグルトファスティングに挑戦!その効果は?

  2. ファスティングダイエット

    ファスティングを体験したい!関東のおすすめホテル3選

  3. ファスティングの効果

    リラックスしながらホテルでファスティングダイエット

  4. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングダイエットに取り組んでみよう

  5. ファスティングドリンクの代用

    人気の酵素ドリンクでファスティングに挑戦!

  6. 置き換えダイエット

    ファスティングで大切な回復食

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法