効き目抜群と噂のプチ断食ダイエット、ファスティングとは

ファスティングの資格

ファスティングについて

ファスティングとは、2013年頃からテレビや雑誌などのメディアで紹介されたことをきっかけに幅広い世代に認識されるようになった「プチ断食ダイエット」です。多くの芸能人やスポーツ選手なども取り組んでおり、その効果は絶大だと言われています。ただのダイエットではなく、一般的にファスティングは酵素ドリンクを使って行われるため減量はもちろん、体の悪いものを排出させるデトックス効果も期待できます。腸内環境をリセットさせ、代謝機能を働かせるという効果もありますので、体そのものを健康にさせることが出来るダイエットです。

基本的なファスティング

ファスティングは2~3日間で行うのが一般的ですが、中には6日や一週間でチャレンジする方も多いです。3食を酵素ドリンクで代用して間食などは一切無くし、あとは通常通りの生活で構いません。しかしカフェインの入ったお茶やコーヒーなども飲めないため、空腹感を凌ぐのが第一難関になります。ヨーグルトや炭酸水ならば飲んでも問題ありませんので、特に炭酸水は一日2リットルほどでも飲めるためどんどん使っていきましょう。

ファスティングの注意事項

長期のファスティングに取り組むのならば、特に必要なのが「予備断食」と「回復食」です。予備断食とはファスティングを行う前に体を慣らす準備の事を指します。3日間のファスティングならばその前日は肉や魚、乳製品などの油を取らず、出来るだけ白米とみそ汁や漬物などの所謂質素な食事を心がけてください。そして3日間のファスティングが終わった後に、3~5日ほど食べるのが回復食です。特にファスティング後の一日目の一食目にはお粥すらもおすすめできません。一食目はお粥の上澄みである重湯が推奨されています。二食目からは柔らかめのお粥や具無し味噌汁などで我慢しましょう。回復食二日目になると通常のお粥に梅干しや漬物など添えても構いません。よく噛んで食べましょう。
上記の回復食をしっかり摂らずに、断食に成功して体重が減ったからと言っていきなり好きなものを胃に入れてしまうと、胃腸が驚き栄養を過剰に吸収したり過敏になっているため、お腹を壊すことも十分考えられます。断食が終わった後のリバウンドがファスティングで一番恐ろしい部分です。本当に減量させ、綺麗な体にしたいのならばもう少し先のことも考える必要があります。1週間ほど我慢してファスティングと回復食を続けたらあとは好きなものを食べられますが、それでも再びファスティングする必要がないような食事を取ることも、頭の片隅には置いておきましょう。

おすすめのダイエット法であるファスティング

このようにファスティングは短期間でも取り組めるため、週末に取り組むOLや社会人の方も多いダイエット法です。その間固形物を取らないのですから、体重が減るのは必然とも言えます。ただ、その空腹感に耐えるのが辛いため、お風呂に入ったり炭酸水を沢山飲むなど自分なりの食欲の抑え方を見つけるのも、ファスティングのコツになります。1日のファスティングでも1kg痩せることが出来ると言われてますので、月に一回や週末に一回など定期的にファスティングを行うなど、自分の体重や健康状態に合わせて取り組めるのもおすすめできる一つの理由です。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食の選び方

    ファスティングの回復食後は何を食べればいいの?タイプ別に解説…

  2. ファスティング

    成功率アップさせる酵素ファスティングダイエット方法5つのポイ…

  3. ファスティングを成功させるポイント

    ファスティングダイエットの成功のカギは回復食にあり!

  4. ファスティングホテル

    効果的にファスティング!伊豆の老舗ホテル断食体験をしよう

  5. ファスティングの酵素ドリンク

    ファスティングの酵素ドリンクの選び方・効果的な飲み方

  6. 酵素ドリンク以外でもファスティングはできるの?手作りスープに…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法