成功率アップさせる酵素ファスティングダイエット方法5つのポイント

ファスティング

酵素を取り入れたファスティングダイエットで成功率アップ

一定の期間食事を摂らず、体内の内臓器官を休めることで、健康的な美を手にすることができるというファスティングダイエット。近頃よく耳にするダイエット法ですが、酵素を取り入れて行うことで、より成功率がアップし、効果を得ることができると評判になっています。なぜ、酵素を取り入れることで、成功率が上がり、より高い効果を得ることができるのか?今回は酵素を取り入れたファスティングダイエットについてお話したいと思います。

ファスティングダイエットが向いている人

これまでいろんなダイエットに挑戦したけど、続かず挫折してしまった人

短期間で痩せたい人

近頃、以前に比べて体型が元に戻らなくなったと感じる人

暴飲暴食してしまう人

肌荒れが気になる人

どれか一つにでも当てはまるなら、酵素ファスティングダイエットに挑戦して、自分の体型に対する悩みや、食べてしまったという罪悪感などから解放されましょう。

酵素とは

私達の体の中で絶えず働き続けているもので、食べ物を消化する消化酵素、生命活動において不可欠な代謝酵素の二種類があります。そのうち代謝酵素は、代謝をコントロールしてくれ、新陳代謝を活発にして肌の調子を整えてくれ、血行を良くしてくれる働きがあります。二つの酵素はとても密接です。まず酵素は消化酵素で使用され、その残りの酵素が代謝酵素として活躍してくれます。ファスティングする事で、消化酵素で使われるはずだった酵素が使われる事なく、代謝酵素として活動してくれることにより、体内の血管の巡りがよくなったり、肌が綺麗になったり、代謝をコントロールしてくれる力が高まり、その結果体重が減るという効果が得られる事になります。さらに、ファスティング中に酵素ドリンクを取り入れるという事で、普段食事から摂取している酵素をドリンクにより摂取することができ、その酵素を代謝酵素で活用できるというメリットがあります。

酵素ファスティングダイエットの期間

断食期間3日、回復期間1日間、復食期間2日間の計6日間で行います。回復期間~復食期間とは、断食期間を終え通常の食事に戻るまでの期間です。ファスティングダイエットにおいて最も大切な回復期と復食期。断食直後の胃に負担をかけないよう元の食生活へと戻し、さらにリバウンド防止として行います。

酵素ファスティングダイエットを行う前日

準備期間として、お粥や雑炊、野菜などを摂り、体内環境を整えましょう。お酒やたばこ、お菓子や、塩分の多い食事、脂っぽい食事は控えて、翌日からのファスティングダイエットに備えておきましょう。体だけではなく心も明日からのファスティングダイエットに備えます。

酵素ファスティングダイエット1日目

酵素とお水で一日を過ごしましょう。酵素は炭酸水で割って飲むことで腹持ちが良くなります。酵素ドリンクは、朝昼晩に分けてゆっくり飲むようにしましょう。軽いストレッチやウォーキングもお勧めですが、体調を見ながら行ってください。水分補給は1日2リットルを意識し、こまめに行ってください。またミネラルバランスを整えるため、1日8gの塩を摂るように意識しましょう。この後起こる頭痛や、だるさを緩和させてくれます。

酵素ファスティングダイエット2日目

酵素ファスティングダイエット期間中、一番きつく感じる方が多い2日目。だるさや頭痛といった体調の変化が現れます。これは、体内の毒素や老廃物が排出されることにより起きる症状です。個人差はありますが、体内に毒素が多く溜まっている人ほど不快な症状に襲われる傾向にあります。好天反応と言い聞かせ乗り切りましょう。酵素は1日目と同様、ゆっくり飲むようにし、水分も多く摂ってください。体重計に乗ってモチベーションを上げたり、感覚が敏感になるともいわれていますので、自然な空気を取り入れたりして、気分を落ち着かせることも良いでしょう。

酵素ファスティングダイエット3日目

個人差はありますが、体がファスティングに慣れて、酵素ドリンクや水だけで満腹感を感じます。好天反応が続いている方、3日目で出てくる方もいらっしゃいますが、あと少しでファスティング期間の終了です。もう少しの辛抱なので頑張ってください。また3日目は便通が良くなり、驚くほど快便になり宿便が出て、腸内環境が整ってきます。酵素より体内が浄化されていきます。

回復期の食事

酵素ファスティングダイエットでとても重要な回復期。回復期で気を緩めるとこれまでの努力が水の泡。ファスティング期間を終えた内臓器官は赤ちゃんと同じです。固形物を避け重湯や、具なしの味噌汁などの消化に良いものから食べるようにしましょう。そして薄味を意識しましょう。

復食期の食事

復食期は回復期に似た期間ですが、通常の食生活に対応できるようにする大切な期間です。お粥やお味噌汁、野菜や、お豆腐、豆乳、野菜ジュースなどを取り入れ、高たんぱく、高脂質、塩分過剰なものは控えましょう。

復食期も終え、酵素ファスティングダイエット終了です。終わったからといって油断は禁物です。以前の食生活に戻すことなく、新しい食習慣をスタートしてください。酵素ファスティングダイエットを行うことにより、味覚も敏感になり、薄味で満足できるようになります。また、胃も小さくなっていますので、少量の食事で満腹感を得られます。酵素ファスティングダイエットは、体重減少だけではなく、体内をリセットしてくれ、健康的な体を手に入れる手助けをしてくれるダイエットです。3ヶ月に1回など、定期的に取り入れることでより効果を感じられるので、是非お試しください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食にバナナはNG!?その理由は?

  2. お手伝いで安いプランも!関東のファスティングホテルを紹介

  3. 週末の1日半を使ってファスティングに挑戦!

  4. ファスティングホテル

    ファスティングを体験できる関東のホテル

  5. ファスティングを成功させるポイント

    1日1食ファスティングって効果があるの?初心者はここから初め…

  6. ファスティングの回復食とスケジュール

    ファスティングの回復食の作り方とスケジュールの立て方

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法