正しい方法のファスティングとは?3ステップからなるファスティング

ファスティングの効果

最近、ファスティングからダイエットする人が増えています。しかし、ファスティングは日本語でいうと、断食です。如何に痩せたいからって、断食をずっとするわけにはいきません。
そこで、ダイエットに成功するためのファスティングの正しい方法を紹介します。

ファスティングとは何だ?

ファスティングするにあたって、きちんと理解していない人が多いと言われています。ファスティングは一時期でも身体に負担を負わせるので、危険を伴うイベントでもあります。危険を回避するためにも、ファスティングに対して正しく理解しておく必要があります。
ファスティングはただ断食をするだけでダイエットするのでなく、胃腸などの消化器官の働きを休め、その分、代謝機能を向上させて細胞を元気にすることでダイエットさせていくのです。細胞を元気にすることで結果的に脂肪を燃焼させ、更にはデトックスまで波及してくれるんです。
体内に何ら食べ物を摂り込まなければ、栄養が得られないので細胞も元気になりません。また、酵素を飲んでいるだけでも効果は得られません。
きちんと消化器官を休めるための準備期間を取って、その間にもきちんと栄養を摂り、再度消化器官を復活させるための期間が必要になります。修行するときの断食や、食事に置き換る酵素ダイエットとも違います。
雰囲気でやってしまうと、何ら効果が得られない結果となりますので、やり方を正しく理解してからファスティングを試みることが大切です。

ファスティングの3ステップ

ファスティングによるダイエットを成功に導くためには、消化器官の働きをコントロールすることが重要です。消化器官を休めた結果として細胞の働きを代謝に向けることができます。また、休めた消化器官を徐々に普段の生活に戻していくことでリバウンドも少なく健康的な身体が得られることができます。
消化器官の働きをコントロールするための方法は、ファスティング準備期間、ファスティング(断食)期間、回復期間の3ステップを順番に遂行していきます。
・ファスティング準備期間
ファスティングするのに、胃腸などの消化器官を休めるための準備期間です。概ねファスティングを行う倍の期間を取るように言われています。ファスティング期間が3日間なら1週間、6日間なら2週間ぐらいが目安です。この期間中は、消化器官の負担がかからない食事を心がけます。一般に言われているのが、「まごわやさしい」というキーワードの食材を用いた食事です。
ま・・・まめ:大豆、小豆などの豆類
ご・・・ごま:胡麻、ナッツ、クルミ、アーモンドなど
わ・・・わかめ:ワカメ、昆布、海苔などの海藻類
や・・・やさい:野菜、根菜、果物など
さ・・・さかな:魚類
し・・・しいたけ:椎茸、しめじなどのきのこ類
い・・・いも:ジャガイモ、サツマイモなどの芋類

準備期間中には「まごわやさしい」というキーワードの食材を摂るようにして、消化器官に負担がかかる食事は控えます。また、刺激性の飲食も控えます。例えば、酒類や、コーヒーなどのカフェインを含んだ飲み物です。豆乳はOKですが牛乳はダメです。米食では、白米でなく麦飯のほうがおすすめです。
保存料などの化学成分は大敵ですので、コンビニ弁当は控えます。同じ理由で、お菓子などの白砂糖が含まれているものも控えましょう。
準備期間は食事に気を付けながらも、まだ普通に食事できる期間です。気持ちの上でも準備をして、ファスティング前の最後の食事を楽しんでください。

・断食期間
準備期間が終了したら、断食になります。食事を水などの飲み物だけにして、消化器官の働きを休め、代謝に細胞の働きを移行させます。
ファスティング開始当初は消化器官が働いているので、空腹感を感じます。空腹になった場合には、飲料水をひたすら飲みます。空腹でなくても、水を飲むのは良いことです。ファスティング中は水分が不足気味になるので、水の補給は大事です。
ファスティング中は食事を控えているからって、じっとしている必要はありません。むしろ、軽い運動をしたほうがいいです。気晴らしにもなるし、返ってダイエットにも適しています。ただし、運動といっても、軽い有酸素運動で散歩や軽めのジョギング程度です。適度に汗をかいてリフレッシュできるぐらいが適切です。

・回復期間
断食期間が終了したら、元の生活に戻していきます。このとき、一気に戻してしまうと、胃腸などの消化器官に負荷がかかり過ぎて良くありません。リバウンドどころか、体調を崩してしまう恐れがあります。徐々に慣らしていくのが大切です。期間の目安は、概ねファスティングと同じ日数を取るのが一般的です。長めでもその2倍で十分です。
初日の朝食は、重湯です。昼食からは重湯から徐々にお粥になっていきます。2日目には麦飯、味噌汁になります。味噌汁も薄味で、具無しから始まります。これまで食べ物を摂って来なかったから消化機能が働いてないですが、味覚もないものばかりでした。消化機能の復活とともに、味覚感覚も復活していきます。

正しいファスティングで目標達成してください

ファスティングを正しい方法で行うための3つのステップを紹介しました。
準備期間、断食期間、回復期間をそれぞれ着実に行うことで、ファスティングの効果が得られます。
ファスティングを正しく行うことで、目標のダイエット、デトックスなどを達成しましょう!

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングドリンク

    ファスティング初心者におすすめ!1日1食置き換えと体重の変動…

  2. 酵素ドリンクとサプリ

    ファスティングに適している回復食と適していない回復食

  3. ファスティングサプリとドリンク

    ファスティング後の回復食に豆乳は適しているのか

  4. ファスティング

    手作りで無添加!酵素たっぷりファスティング用ドリンクの作り方…

  5. 初心者でも安心!ホテルで取り組むファスティング

  6. ファスティングの回復食

    ファスティング・断食の回復食後にさらに痩せるおすすめメニュー…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法