理由は3つ!ファスティングの回復食にりんごを食べよう

ファスティングドリンク

ファスティングの効果をより実感するためには、回復食の期間をしっかり摂ることがポイントです。回復食にどのようなものを取り入れていいのかわからないという人もいるでしょうが、今回ファスティングの回復食におすすめしたいのは「りんご」です。りんごが回復食におすすめしたい3つの理由について紹介します。

りんごは体を温める効果がある

ファスティングをすると摂取カロリーが制限されるため、代謝は上がるものの体温はいつもよりもやや低めをキープすることが多いです。ファスティングが終わり、回復食の期間に入ったらなるべく体を温める食事を摂ることが大切です。フルーツには酵素がたっぷり含まれているので、少量であれば回復食にも向いています。しかしフルーツは生食をすることがほとんどなので、たくさん食べると体を冷やしてしまうこともあります。特に南国で育つフルーツは体を冷やす作用があるので避けたいところです。りんごは冬に旬を迎えるフルーツです。冬に旬を迎える作物は体を温める働きがあるため、回復食にもぴったりです。

消化のいいりんごはファスティング後のお腹に優しい

りんごはすりおろしてもおいしく食べることができるフルーツです。すりおろしたりんごは消化吸収がよく、離乳食や病気の時にも食べられるものとして知られています。ファスティング後は胃の働きはもちろん、腸の働きも鈍くなっているため消化吸収のいい食べ物を摂ることが大きなポイントとなります。すりおろしりんごは刺激が少ないので、回復食にも取り入れることが可能です。りんごに含まれる食物繊維は水溶性なので、腸内環境を整えてくれる働きも期待できます。

りんごには酵素も含まれていて回復食にぴったり

回復食初日は重湯やお味噌汁の上澄みしか口にすることができませんが、2日目のお昼からは少しずつほかの食材も食べることができるようになります。野菜やフルーツを食べられるようになったら、回復食からも酵素を摂取することが好ましいです。ファスティング後にも酵素を摂り続けることで、ファスティングの効果を落とさずに過ごすことができます。回復食で食べることができるフルーツは限られていますが、りんごなら問題なく食べることができます。りんごには酵素がたっぷり含まれていて、皮ごとすりおろして食べることで酵素のパワーをより効率的に摂取することが可能です。

ファスティングの回復食にりんごを食べるときのポイントは?

りんごはファスティングの回復食にぴったりの食材ですが、取り入れる際にはいくつかポイントがあります。一つ目は回復食の時期には必ずすりおろして食べることです。すりおろすことで胃への負担を減らし、体の調子を保ちます。二つ目は口当たりがいいからと言って、たくさん食べすぎないようにすることです。回復食はおかゆを中心にし、デザートやおやつに8分の1切れ程度の量から始めましょう。三つ目は熟したものを選ぶことです。酵素や栄養はしっかり熟したもののほうがたっぷりと含まれます。見た目よりもずっしりと重く、皮にハリがあるものを選びましょう。表面が少しでこぼこしたものの方が甘みが強いとも言われています。回復食にりんごを選ぶときの参考にしてみてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングのホテル

    ファスティング1日目に頭痛?身体に出る反応と対処法

  2. 酵素ドリンク

    ファスティングは酵素ドリンク以外のもので代用OK?

  3. ファスティングの回復食

    ファスティング・断食の回復食後にさらに痩せるおすすめメニュー…

  4. 酵素ドリンク

    ファスティングダイエットの回復食に。Myぬか漬けのすすめ

  5. ファスティングの効果

    ファスティングを3日続けるべき理由について

  6. ファスティングドリンクの摂取量

    酵素のたっぷり含まているヨーグルトはファスティングに向いてい…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法