酵素のたっぷり含まているヨーグルトはファスティングに向いているか

ファスティングドリンクの摂取量

発酵食品であるヨーグルト

ヨーグルトは発酵食品であり、他の食物よりも酵素が豊富に含まれていると言われています。しかし酵素を体に取り入れることを目的として食べることには向いていません。それならば野菜や果物を食べた方が効率的に酵素を摂取することができます。それにヨーグルトは食べたらお腹を壊してしまうという人も多く、胃腸が弱めである方にはおすすめできない食品でありますので、ファスティングにピッタリの食材とは言えません。しかし、1日限りのファスティングや食事の置き換えダイエットには非常に効果的ですので、乳製品を摂取してお腹を壊さないという方は是非試してみてください。

ヨーグルトに含まれる栄養や成分

ヨーグルトは酵素のほかに、乳酸菌やカルシウムが豊富に含まれています。ヨーグルトを習慣的に食べる人のほとんどは、含まれている乳酸菌やビフィズス菌の腸内環境を改善する効果のために食べていると思われます。腸内の善玉菌を応援して活発にする乳酸菌は、生きたまま腸に届かなければ意味がありません。それがビフィズス菌であり、他にも多くの種類の乳酸菌が確認されています。もしヨーグルトでファスティングやダイエットに挑戦しようと思っている方は、このような生命力の強い乳酸菌が含まれているヨーグルトを選んでください。
通常のヨーグルトならば当然乳酸菌が含まれていますが、この菌が血液に流れ込むことにより免疫細胞を元気にさせる作用があり、風邪などの免疫力が高まります。中にはなんとインフルエンザの予防としても使えるヨーグルトも存在し、そのヨーグルトは「クレモリス菌FC株」の含まれたものになります。これは独特な粘り気により胃酸で溶けずに腸まで届くため、非常に優秀な菌だと言われています。

酵素ドリンクとヨーグルト

酵素の効率的な摂取方法で考えると、ヨーグルトよりも酵素ドリンクの方が勝っているように思えます。しかし、ヨーグルトは上記のような乳酸菌やビフィズス菌を手軽に摂取できるため、どちらの方が優れているかどうかは決められません。長期的なファスティングを行うのでしたら酵素ドリンクに軍配が上がってしまいますが、ヨーグルトも腸内環境の改善や免疫力向上のために毎日少しずつ摂取していただきたい食品です。しかし酵素ドリンクと違い、ヨーグルトは乳製品であるがために食べるとお腹を壊してしまう方も多いため、万人へ良い食品とは言いづらいです。食べ過ぎると高コレステロール血症になったり、太ってしまったりと悪い面も多いため、ヨーグルトのみを食べるダイエットはおすすめできません。

ヨーグルトと牛乳の関係

もし牛乳を飲むとお腹を壊してしまうためヨーグルトも控えているという方がいらっしゃれば、是非一度ヨーグルトの乳酸菌を腸内に摂取していただきたいです。ヨーグルトは加熱処理を行い加工しているため、牛乳の成分(乳糖)もある程度分解されており、腸に悪い影響が出ない場合もあります。それでもまだヨーグルトに乳糖は残っていますので、お腹を壊してしまったという方もいらっしゃいますが、牛乳は飲めないけれどヨーグルトならば飲めたという人もいます。しかし、飲んで自分に合わないと思ったのならば体調を考えて、すぐにやめましょう。ヨーグルトは適量ならば体に良い影響を与えますが、必ず取らなければいけない食品ではありませんので無理は禁物です。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判を集めました

  2. ファスティングのメリット

    ファスティングに大切な酵素ドリンクの「作り方」と「飲み方」

  3. 心と体をリセット!横浜でファスティング・断食できるホテルをご…

  4. ファスティングの酵素ドリンク

    酵素ドリンクで内からきれいに!今話題のファスティングとは?

  5. 草津の人気ファスティングホテルを紹介!温泉でリラックス効果も…

  6. ファスティングの効果のあるポイント

    ダイエット効果が期待できるファスティングとは?

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法