1日おきファスティングの効果と体重の変化

ファスティングの効果

ファスティングには様々なやり方があり、その人に合ったやり方で取り組めることが魅力です。今回紹介する「1日おきファスティング」は、その名前の通りファスティングに取り組む日と食事を摂る日を交互に繰り替えるやり方です。1日おきファスティングにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

1日おきファスティングのやり方

ファスティングは1日から3日の期間、食事の代わりの酵素ドリンクで必要な栄養を摂りながら、減量を目指すダイエット法です。1日おきファスティングは、ファスティングをする日は酵素ドリンクだけで過ごし、翌日はいつも通り食事を摂る、さらに翌日はファスティングに取り組む、というように、長期間にわたって取り組みます。ファスティング中は酵素ドリンクと水分のみですが、食事を摂ってもいい日は特にカロリー制限などはなく、好きなものを食べてもよい、というルールが基本です。一般的なファスティングと異なる点は、短期間ではなく1か月や3か月というように、ある程度長期間にわたって取り組むということです。

1日おきファスティングはアメリカで研究されている

肥満大国ともいえるアメリカでも、ファスティングは注目されている健康法です。アメリカのイリノイ大学では、栄養学者である教授が肥満状態の成人100人を対象に、1日おきファスティングの成果について研究結果を出しています。1日おきファスティングに取り組む人とカロリー制限に取り組む人、特に制限なく過ごす人の3チームに分けて1年間の観察を行いました。1日おきファスティングに取り組む人はカロリーを25%まで抑える日と125%まで食べてもいい日を設けます。カロリー制限に取り組む人は毎日75%までカロリーを抑えます。研究の結果、1日おきファスティングでは平均6%、カロリー制限では平均5.3%の減量効果が出たそうです。

ある程度カロリー制限をするのが1日おきファスティングのカギ

アメリカの研究では、ファスティングに取り組まない日はいつもよりもカロリーをたくさん摂ってもよいということになっていますが、ファスティングの効果を上げ効率的に減量に励むなら、ある程度カロリー制限をしながら取り組むことが重要です。ファスティングには胃や腸などの消化器官を休めるという目的もあります。1日休めても翌日の高カロリーの食事を摂ってしまうと、胃に負担になるだけでなく、翌日のファスティングの効果を下げてしまうこともあるのです。

1日おきファスティングに取り組む場合、いきなり1か月など長期で取り組むことはせず、まずは1週間など短めに期間を設定して取り組んでみましょう。ファスティングの日は酵素ドリンクとたっぷりの水分で過ごします。食事をしてもいい日は、おかゆや柔らかめに炊いたご飯を主食とし、野菜中心のおかずをいただきます。肉や魚は消化に時間がかかってしまうので、1日おきファスティングに取り組んでいるときは、控えるかごく少量にしましょう。肉や魚の代わりに大豆製品からタンパク質をたっぷり摂ることがおすすめです。豆腐や納豆を食事に取り入れ、豆乳はおやつや朝食に取り入れるのがおすすめです。フルーツと豆乳をミキサーにかけてスムージーにして飲んでもいいでしょう。

ファスティング1日で体重を何キロ減らせるのか

たった数日間で体質改善やダイエット効果のあるファスティング。3日間がスタンダードというイメージですが、半日・1日ファスティングという言葉もよく耳にします。実際、半日や1日食事を抜いて酵素ドリンクなどに置き換えるだけでも胃腸を休ませることができ、ある程度の体内のリセット効果を得ることは可能です。しかし、体重そのものは一体どれくらいの変化を見込めるのでしょうか?

ファスティング1日=約1キロのマイナス

1日で具体的に何キロ減らすことができるのか、やはりファスティングを始める前に具体的な数字を知っておきたいですよね?実は、ファスティングによって減少する体重は「1日で平均1キロほど」というのが、様々な体験談などからも示されている一般的な数値なのです。1日ファスティングなら平均1キロ、3日間なら平均3キロほど体重が減少すると言われています。もともとあまり体重が重くない人、普段から食事を抜きがちな人などは、効果が出にくく個人差はあるようです。しかし、1日ファスティングを頑張ったあと体重計に乗って「マイナス1キロ」だったとしたら、かなり嬉しい結果と言えるのではないでしょうか。

1日ファスティングは定期的におこなうのがオススメ

ただ「1日で1キロ痩せる」と言っても、実は普段の生活の中でも、食事の量や排便などによって1日のうちに1キロぐらいは体重の変動はあるものです。さらに1日ファスティングで減る体重の半分は「水分」であり、実際に減っている体脂肪はその半分の500グラムほどと考えられます。つまり、たとえファスティングで1キロ痩せたとしても、翌日から普段通りの生活をしていれば、すぐに元の体重に戻ってしまう可能性のほうが高いと言えるのです。

そのため、1日ファスティングでダイエット効果を得たいという人は、週に1回、月に2回など、定期的にファスティングをおこなうことが理想的です。気軽な1日ファスティングでも、継続して行うことで徐々に体質改善が見込め、継続的に体重を減らしていくことが期待できるのです。

1日ファスティングの基本的なやり方

ではここで、基本的な1日ファスティングの方法を紹介します。

①ファスティング前日……いつも通りの食事でOKですが、食べ過ぎはNGです。できれば夕食は軽めに済ましましょう。

②ファスティング当日……用意するものは水と酵素ドリンク。3食を酵素ドリンクに置き換えて過ごします。脱水症状にならないためにも水分は1ℓ~2ℓほど十分に補給してください。

③ファスティング翌日……朝食はお粥やスープなどの消化の良いものを食べ、あとの2食は普段の食事に戻してOKです。ただし、油っぽいものや肉類、アルコールはできるだけ避けて、和食を中心にするのがおすすめです。

たったこれだけです!明日からでも始められますよね。

気軽に始められるのが1日ファスティングの魅力

1日ファスティングは特に準備期間が必要ないため、思い立った時にすぐ取り組めるのが魅力です。「3日間の断食にはちょっと自信がない」「とりあえずファスティングを始めたい!」というような人には特におすすめできるプランなのです。また、1日という短期間のため、定期的に生活に取り入れやすいというメリットもあります。1日ファスティングに慣れてきたら3日間、さらにはもっと長期間の本格的なファスティングにステップアップするのも良いでしょう。ファスティングが気になっている方、ダイエット法を探している方、まずは1日ファスティングから体重管理を始めてみませんか?

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 日本デザインプランナー協会口コミ評判はどんな感じ?

  2. ファスティングの頭痛の原因

    ファスティングとは?失敗しないための食欲を抑える方法を紹介!…

  3. 1日ファスティング

    1日ファスティング!プチ断食ダイエットで何キロ痩せるのか徹底…

  4. 3日間以上のファスティングダイエットに成功するための12のル…

  5. ファスティングの回復食に豆乳

  6. ファスティングのメリット

    ファスティングに大切な酵素ドリンクの「作り方」と「飲み方」

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法