1日だけのファスティングで体をすっきり!

ファスティングのメリット

ファスティング=断食というイメージが強く、「辛そう」とか「修行みたい」という声をよく聞きます。断食はもともと僧侶の修行のひとつで、水1滴も口にできない過酷なものでした。今注目されているファスティングはこういった修業のようなものとは大きく異なり、食事の代わりに酵素ドリンクを飲みながら行います。今回は初めての人でも取り組みやすい「1日だけ」取り組むファスティングについて紹介します。

1日だけのファスティングなら気軽に取り組める

ファスティングは1日から3日ほどの短期間で行うことが基本です。ファスティングに取り組んだことがないという人でも取り組みやすいのは、やはり1日だけ取り組むやり方です。3日間食事を抜くのは自信がなくても、1日だけなら意外となんとかやれるものです。ファスティングは空腹やのどの渇きを感じたら、いつでも酵素ドリンクを飲んでもよいというルールなので、満腹感はなくとも空腹を感じにくいということが特徴です。

1日だけ取り組むファスティングのやり方

ファスティングに1日だけ取り組むときのスケジュールを紹介します。まず、ファスティングの前日は準備期間として食事量を減らしておきましょう。揚げ物や肉、魚など消化に時間がかかるものは避け、野菜の煮物や具だくさんのお味噌汁がおすすめです。前日の夕食は腹7分目を心がけます。ファスティング当日は、酵素ドリンクと水だけで過ごします。酵素ドリンクは1回200mlから400mlを目安に、6回から10回に分けて飲みましょう。酵素ドリンクを飲んだら同量の水を一緒に飲みます。食事のタイミングだけでなく、いつでも酵素ドリンクを飲んでもOKです。ファスティング翌日は胃に負担をかけないために、重湯から口にしましょう。昼食はおかゆとお味噌汁、夕食はおかゆと野菜の煮物をいただきます。

1日だけのファスティングは減量よりもデトックス

ファスティングをすると短期間で減量できると思っている人が多いですが、1日だけのファスティングでは大幅な減量は期待できません。食事を摂らない分体重は減りますが、食事を摂り始めればすぐに戻ります。1日だけファスティングに取り組む場合、減量よりも体のデトックスを目的としましょう。固形物を摂らないことで消化器官が休まり、酵素の力で老廃物が体外へ排出されます。デトックスが進むとむくみや便秘が解消されます。ファスティングに取り組む期間が1日だけでも体はすっきりと軽くなり、ファスティング翌日はだるさや倦怠感を感じることがぐっと減ります。1日だけのファスティングでは大幅な減量は期待できないものの、1日だけのファスティングを定期的に行うことで、痩せ体質へと変えていくことが可能です。

体をリセットするために1日だけファスティングをしよう

たった1日だけのファスティングは減量できないなら意味がない、と思われるかもしれませんが、体内では大きな変化が起こっています。おすすめは1日だけのファスティングをひと月に1度のペースで取り組むことです。実際に食事を摂らない日は1日だけですが、ファスティングの前後の食事を消化のいいものにすることで、3日間はカロリーを制限していることになります。意識的にカロリーを制限し、胃腸を休ませることで痩せやすく太りにくい体質へと導いてくれます。体をリセットすることを目的に、1日だけのファスティングに取り組んでみてはいかがでしょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食で気を付けるポイント

  2. ファスティングの回復食に豆乳がおすすめ!3つの理由とは

  3. プチ断食ダイエット

    ファスティングを温泉に浸かりながら行えるホテル

  4. ファスティングの回復食

    ファスティング後の回復食3日目以降に食べたい「まごわやさしい…

  5. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの効果と回復食のとり方【初心者でも簡単!】…

  6. 女性に人気!おすすめの宿泊型ファスティング・断食施設3選

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法