1日ファスティングダイエット!本来の「食べる」を取り戻す方法を紹介

ファスティングドリンクの摂取量

ファスティングとは、食を絶つことで内臓を休める食事法です。
ここでは、ファスティングを行う必要性と、初心者が取り組める1日ファスティングの方法をご紹介します。

日本人の誤った食生活

「食」というと、「食べる」ことだけを指すと思われがちですが、「食べない」ことも含めて「食」です。
日本人のほとんどは、「一日三食をしっかり食べること」が正しい食事という誤った認識を持っています。

消化・吸収というプロセスを経て、食べものは栄養素として身体に活用されます。
この過程で、身体のエネルギーは大きく費やされてしまいます。
これは、体内で作られるエネルギーの8割程度が消化に使われていると言われている程です。
多大なエネルギーを必要とする消化という負荷を、日本人は朝昼晩、毎日ずっと身体にかけてきています。

江戸時代には朝食を食べていませんでしたし、中国では消化によいとされるおかゆが朝食の定番となっています。
ファーストフードや炭水化物過多の食事は考えられませんでした。

本来の「食べる」を取り戻そう

本来の「食べる」ことは、生命を健康的に維持するために、食べものから必要な栄養を正しく取り入れることを指します。
それによって身体が、本来の高いレベルでのパフォーマンスを行えるようになります。

しかし、現代の日本人は、内容が伴わない上に、食べ過ぎの食生活を行うことによって、栄養を消化・吸収できない身体になってしまっています。
そのため、生命を健康に維持するための「食」ができていないです。

本来の「食べる」を取り戻すために、現代の日本人がどうすればいいかというと、もっとも手っ取り早く、かつ本格的な解決方法が、「食べない」という選択肢です。
ファスティングを行うことによって「食べ間違っている」状態から脱出し、きちんと栄養を吸収・利用できる身体に作り直すいつ用があります。

1日ファスティングでダイエットしよう

初心者の方でも無理なく気軽に始められるのが、1日ファスティングです。
仕事や予定のない日に、楽しむ気持ちでチャレンジしてみてください。
本来、体脂肪を燃やすには3日以上のファスティングを行う必要がありますが、1日のファスティングでも身体をリセットし、身体の中の毒素や老廃物の排出が可能です。

1日ファスティングのメニュー

1日ファスティングの当日は、ジュースを3回、朝昼晩、食事のタイミングでとります。
ジュースはミキサーで自作することがおすすめです。
イチゴやレモン、トマト、キウイなどを混ぜ合わせて手作りすることで、ビタミンやミネラルが豊富なものを作れます。
また、ファスティング翌日は急に糖質や脂質の高いものを食べることは避けて、おかゆなどの回復食で胃腸をならしていくことが大切です。

例えば週末に実施をするならば、金曜日を準備期間に、土曜日に1日ファスティングを実践、日曜日に回復期間とすると、学業や仕事に影響なく挑戦できるでしょう。

たった1日の実践でも、身体は軽くなったと感じられます。
週1回や隔週のご自身にあったペースで習慣化することで、よりダイエット効果を期待できます。
無理なく楽しくできるファスティングで、身体の調子を内側から整えましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングサプリとドリンク

    ファスティング後の回復食に甘酒やリンゴが人気!メリットとおす…

  2. ファスティングドリンク

    ファスティング初心者におすすめ!1日1食置き換えと体重の変動…

  3. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングダイエット1日のスケジュールと効果

  4. ファスティングで失敗しない回復食のポイント

  5. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの初心者でも簡単にできるやり方【体重の減り…

  6. 酵素ドリンク

    ファスティングの回復食はフルーツや野菜がおすすめ!理由とレシ…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法