1日ファスティング!プチ断食ダイエットで何キロ痩せるのか徹底調査

1日ファスティング

ダイエットや美容への効果が高いとして一般の人から海外セレブに至るまで注目の的となっているのがファスティングです。通常、ファスティング期間として2~3日、人によっては1週間程度をとるのが適正といわれています。しかし、初心者がいきなり取り組むのは少し長い感じがして、踏み出す勇気が出てこないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は1日ファスティング(断食)を行ってみるのがおすすめです。気軽に始めることができて、かつ、効果もてきめんです。今回は、1日ファスティングについて調べてみました。

1日ファスティングとは

通常のファスティング期間としてメジャーなものは2~3日程度行うというものです。これに対して1日ファスティングでは言葉通り1日だけの取り組みとなります。ここで、勘違いしてはいけないのが通常のファスティングも1日ファスティングもファスティング期間以外に、準備段階としての準備期間、ファスティング明けの体を労わる段階としての回復期間を設けるということです。1日ファスティングであればそもそもの期間が短いですので、準備期間・回復期間ともに1日設ければOKです。

1日ファスティングの効果

1日ファスティングを行うことで得られる嬉しい効果として、ダイエット効果・美肌効果・疲労回復効果などがあげられます。正しい方法で取り組めば1日のファスティング期間に対して1kgの体重減を見込むことができます。もちろん、すでに適正体重の方であればもう少し体重減は小さくなりますし、逆に太っている方であれば体重減は大きくなると思います。裏を返せば期間が1日である以上急激な体重減を期待することは難しく、あまり過度な期待を抱かないほうが精神衛生上いいのかもしれません。美肌効果については、普段栄養過多の体から一時的に食べ物からの栄養素が不足していますのでデトックス効果により体内から毒素が出ていくことを期待できます。疲労回復効果についても、日常的に酷使されてきた消化器官を休ませられることで体の調子がよくなり力が湧いてくることが実感できます。

1日ファスティングの方法

先ほども申し上げましたが、本格的なファスティングに入る前に、準備期間を設けます。期間は1日あれば十分だと思います。朝食は通常通り食べても構いませんが、昼食以降は徐々に食事量を減らしていきましょう。昼食では通常の6~8割程度、夕食では5割程度の摂取に抑えるとよいでしょう。食事内容についても、脂っこいものやアルコールなど消化器官への負担が大きいものは避けて過ごしてください。続くファスティング期間では、酵素ドリンクやスムージー(野菜ジュース)などだけで過ごしましょう。場合によっては1日水のみで過ごす水断食などという方法もあります。ファスティング期間を無事に過ごすことができたら最後は回復期間を設けましょう。回復期間中はおかゆや豆腐類など体に優しい食事をとりましょう。食事量は準備期間とは反対に朝食5割程度、昼食6~8割程度、夕食から通常の量を摂取するのがいいでしょう。

1日ファスティング(断食)で何キロ痩せるのかのまとめ

いかがでしたか。本格的なファスティングとなるとそれなりの覚悟であったり精神力が求められてしまいそうな気がしますが、1日ファスティングであれば気軽に取り組めそうな気がしませんか。実際に1日ファスティングであれば気軽に行うことができ、正しい方法であればしっかりと効果も出すことが可能です。ファスティングに興味があってもなかなか踏み出せないという方がいたら、ぜひ1日ファスティングに取り組んでみてくださいね。

最近、〝ファスティングダイエット〟という言葉をよく耳にしませんか?
「ファスティング(fasting)」とは日本語に訳すと「断食」ですが、断食したあとの身体のケアまでを含めて「ファスティング」と言っているのが一般的です。つまり、断食からその後、普通の生活に回復するまでの期間のことです。
〝最近、体重が気になってきた〟とか、〝早く痩せられる方法ないかな〟といった悩みを持っている人におすすめなのが、ファスティングです。
〝1日ファスティングしたら、どのくらい体重が減るのか?〟と気になりませんか?

1日ファスティングしたら、どんな効果があるの?

1日ファスティングした後、得られる効果は主に3点あります。
・ダイエット効果
1日断食の後は、体内に溜まっていた老廃物が排出されてクリーニングされるので身体が活性化してエネルギーが消費しやすくなり、ダイエットに適した状態になります。さらに適度な運動を取り入れると、より一層のダイエット効果が期待できます。
・デトックス効果
人体の生命維持は、食べ物の消化・吸収・排泄の活動から成り立っています。食べ物を体内に摂り入れた量が、排泄量より多いと体内に有害物質が溜まっていきます。
断食を行うと、口から摂り入れる食べ物がなくなるので消化や吸収するモノがなくなり、排泄のみとなり体内に溜まっていた有害物質が排出されやすくなります。
また、体内に蓄積された有害物質は、癌やアレルギーをはじめさまざまな病気や老化の原因にもなり、健康を向上させるのにも役立ちます。
・身体のメンテナンス効果
現代の食生活では栄養過多気味で、内臓機能が衰えている人が多いと言われています。
断食は食べ物を体内に入れないことから消化や吸収の機能が働かなくてもいいので、内臓を休めることができます。お酒を1日抜く「休肝日」と同じ狙いです。
また、体内で食べ物の消化に働く消化酵素や吸収された栄養を細胞に届ける代謝酵素を消費しないので、身体全体のメンテナンスにも役立ちます。

1日ファスティングで体重は何キロ減るの?

1日ファスティングすると、体重の減少率には個人差がありますが、約2%体重が減ると言われています。
1日ファスティングした食事経歴の一例を紹介します。
・断食前日
前日は昼食から準備態勢に入ります。昼食は普段通りのメニューでOKですが、満腹でなく腹八分目に留めます。夕飯はさらに減らして、普段の半分程度の量にして、寝る3時間前までに食べます。お酒はできるだけ控えて、水分を多く摂ります。
・断食当日
水を1.5リットルから2リットルのみで、1日の間、水以外は摂れません。
・断食翌日(回復食)
断食が終了したので、回復食を摂ります。朝食は重湯、昼食はおかゆ、夕食は固形物が多めのおかゆです。消化が良くないものや刺激性があるのは避けます。
・断食翌々日(副食)
回復食時期は過ぎていますが、朝食のみ腹八分目に控えます。消化が良くないものや刺激性があるのは避けます。以降は、普段通りの食生活に戻れます。

1日ファスティングを終えると!

1日ファスティングした成果として、どのくらい体重が減るかは個人差によりますが、普段の約2%減少したら、成功といえるのでないでしょうか?
1日何も食べられない苦痛を経験したご褒美と考えられませんか?

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 手軽にコンビニで買える!ファスティング酵素ドリンクの代用品

  2. 関東でファスティング・断食体験!おすすめホテルランキング

  3. ファスティングホテル

    横浜近郊でホテルファスティングをするなら「SCAPES TH…

  4. ファスティングドリンクの代用

    ファスティングに飲んでいい・飲まない方がいいドリンクの選び方…

  5. ファスティングの効果

    酵素ファスティングで効果を実感する3つのポイント

  6. 心と体をリセット!横浜でファスティング・断食できるホテルをご…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法