1日1食のファスティングにより得られる良い効果とは

ファスティングの回復食

プチ断食ダイエット法

一日一食しか食事を摂らないというダイエット法を取り入れている方は意外と多く、抜いた食事分のカロリーは当然体に入らないため、その効果は大きいと言われています。しかし一方で、栄養が足りなくなるため体に悪いとも言われている一日一食ダイエットは、一体身体にどのような負担や影響を及ぼすのでしょうか。この記事では、1日1食のファスティングについて詳しくご紹介いたします。

厳密にはファスティングではない

ファスティングは断食という意味のある言葉ですので、一日に通常の食事を一回でも摂るのでしたらそれはファスティングというより、ただ食事の回数を減らすダイエットと言うほうが正しいです。一日一食のダイエットは、その食べられる食事を好きなものにして好きなだけ食べてもいいと言われることが多いようです。しかし、あまりにも油ものやアルコールが多いようでしたら本来ダイエットで得られるはずの効果はほとんど無くなってしまいます。脂肪の燃焼や免疫力の上昇、消化器官が休まるとも考えられていますが、それはあくまで健康的な食事を摂っていたらの話ですので、それなら毎日3食ヘルシーな食事を摂った方が栄養にとりやすく、空腹に悩まされることもありません。間食したくなることもあるかもしれませんが、もちろんジュースやお菓子などもNGです。

1日1食ならば置きかえを行う

おそらくいきなり一日一食にしてしまうと、空腹により仕事や日常生活にも支障が出ると考えられます。もし実行したいのであれば、一日だけ様子見として試してみることをおすすめします。お腹が空いてどうしようもないという時がありましたら、スムージーやヨーグルトを使うのも良いでしょう。朝食はりんご半分、昼食は通常の食事で夕食も半分のりんごとサラダやスムージーなどでしたら、酷い空腹に襲われることは無いと思います。
1日1食を続けていると、栄養に関してその1食に頼るしかなくなるため、バランスの良い食事を摂らなければなりません。このようなダイエットで非常に役に立つものが、ファスティングで使う酵素ドリンクです。低カロリーで尚且つ栄養や酵素がたっぷり入ったドリンクを飲めば、一日一食プラス体が必要としている栄養を摂ることが可能です。栄養に関しては心配だけど余計なカロリーを取りたくないという方は、一度酵素ドリンクについて調べてみてください。

ダイエットの基準

1日1食ファスティングの注意点ですが、これは食べた食品がほとんど体に吸収されてしまうため、添加物が多く含まれているコンビニ弁当などを食べることはおすすめできません。今まで自炊しておりこれからもそのつもりだという方は問題ありませんが、いつも外食やコンビニの食品を食べているという人は、体に異常をきたしてしまう恐れも十分に考えられます。ダイエットしたいのであれば今までの食事を自炊に変え、和食メインのヘルシーな献立で一日2~3食食べればほとんどの場合痩せることができます。一日一食にしても結局ウォーキングなど少しの運動は必要になりますので、極力体を動かしたくない方はまず食生活から見なおしてください。1食だけを取るダイエットは体が慣れるまでは空腹に悩まされて、栄養バランスがとれていなければ体調を崩すこともあります。挑戦する際には準備や下調べをしっかり行ってから始めましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングドリンク

    単なるダイエットじゃない!ファスティングとは?

  2. ファスティングで失敗しない回復食のポイント

  3. ファスティングの効果

    ファスティングダイエットの4つの効果と口コミ

  4. 酵素ドリンクとサプリ

    ファスティングに適している回復食と適していない回復食

  5. ファスティングホテル

    ファスティングを体験できる関東のホテル

  6. 名古屋近郊ファスティング・断食ホテルでデトックス!人気体験プ…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法