1日1食ファスティングって効果があるの?初心者はここから初めてみましょう。

ファスティングを成功させるポイント

ファスティングとは、食事を絶つことで胃や内臓を休ませ、身体を健康な状態に回復させる食事法です。
体質改善の効果が期待されるため注目を集めていますが、中には長期間「食べないこと」を続けられるのか不安という方もいます。

そんなファスティング初心者の方におすすめするのが、1日1食ファスティングです。
ここでは、1日1食ファスティングの意味と効果をお伝えします。

消化は身体にとってのストレス

「食べ過ぎ」とは、身体の細胞にとって有害となる行為であることをご存じでしょうか。
飽食を続けていれば、細胞に毒が運ばれ続け、ガンをはじめとした多くの生活習慣病を引き寄せるとも言われています。

食べ過ぎたり、自然のままではない加工食品を食べたりすると、消化・吸収作業は繁雑になり、余分なエネルギーを使い、身体のストレスも増してしまいます。

もっとも身体にストレスがかからない食事とは、「自然なもの」を「ほどよい量だけ」食べることです。
これこそが、本当の意味での豊かな食事と言えます。

重要なのは悪い物をとらないこと

1日3食という常識を疑ったことはありますか?
先述の通り、食べ過ぎること=1日3食に執着すること自体が病気の源と言われています。

元々、江戸時代までは大半の人が1日2食でした。
朝と昼に食事をとり、夜には何も食べないという習わしだったのです。

ところが現代の日本は、習慣も食べ物も異なります。
食品添加物、農薬、有害ミネラル等、現代社会には身体に毒になる食べものが溢れています。
「身体にいい物をとる」よりも「悪い物をとらない」という考え方が重要です。

本来の「食べる」を取り戻す

現代の日本人の食は、本来の意味での「食べる」にはなっていません。
本来の「食べる」とは生命を健康に維持するため、食べ物から必要な栄養を正しく取り入れることです。
それにより、身体が自分が望む高いレベルでのパフォーマンスを行うことができます。

現代は、内容が伴わないうえに食べ過ぎる食生活をしているため、十分に栄養を消化・吸収ができない身体になってしまっています。

本来の「食べる」を取り戻すためにもっとも手っ取り早く、本格的な解決方法が「食べない」ことです。
ファスティングによって「食べ間違い」の状態から脱し、きちんとした栄養を吸収・利用できる身体に作り直すしかありません。

1日1食を継続して輝いている人

1970年代、一世を風靡したピンク・レディーの未唯mieさん。
現在も現役アーティストとして、舞台に立たれています。

既に50歳を超えているとは思えぬ若々しさで噂になっているのをご存じですか?
体型は、1976年のデビュー当時より更に引き締まっています。
また、52.5キロだった体重が現在は45キロという驚きの数値です。

よく「どのような方法でスタイルを維持されているのでしょうか?」という質問をされるそうです。
そして、その秘密は彼女の食事法にありました。

「かれこれ30年以上続く食事スタイルが『1日1食』です」
「食事は夕食だけ。1日の仕事が終わってから食事をとっています」

インタビューでこのように回答されています。
無理して食事を我慢するのではなく、継続することで自然と空腹になるまでは食べないという習慣になったそうです。
また、40代とは思えない若さを保っている歌手のGACKTも1日1食主義者です。

正しい食事を継続して行うことで、老化防止や免疫力アップに繋げましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ヨーグルト&野菜ジュースでファスティング成功!やり方…

  2. 草津の人気ファスティングホテルを紹介!温泉でリラックス効果も…

  3. 日本安全食料料理協会口コミ評判

  4. ファスティング

    ファスティングに重要な酵素は、サプリメントでもいい?

  5. ファスティングホテル

    横浜近郊でホテルファスティングをするなら「SCAPES TH…

  6. ファスティングの効果

    ファスティングダイエットの4つの効果と口コミ

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法