3日ファスティングダイエット(断食)の効果・方法・注意点

ファスティングは短期間取り組むだけでも十分に効果が得られると人気が高いダイエット方法です。
具体的な取り組む日数は、「3日間」が最も無理なく続けられ、しかもきちんと効果が得られると言われています。
今回は、3日間のファスティングで取り組んで得られる効果や取り組む方法、また、注意点について詳しくご説明していきます。

3日ファスティングダイエット(断食)の効果

3日間のファスティングダイエットに取り組むことで得られる効果には個人差がありますが、口コミによると、ファスティングのダイエット効果は比較的大きいようです。
3日間のファスティングを終えて、6kgの減量に成功した方やウエストを4cm絞ることができた方もいらっしゃいます。
ファスティングは、酵素ドリンクや水などのほとんどカロリーのない飲み物のみを摂取するため、消費カロリーが圧倒的に多くなり痩せることができるのです。
さらに、普段は消化活動に使っているエネルギーが体内の老廃物や毒素を排泄する働きに使われるため、体内の浄化が行われて痩せやすい体をつくることができます。

3日ファスティングダイエット(断食)の方法

3日間のファスティングの方法について、以下に示しました。

①1日あたり3〜4Lをを目安に水分を摂取する。
②固形物は摂取せずに水分のみを摂取する。

・OKドリンク
酵素ドリンク・水・炭酸水(無糖)・お茶・昆布のだし汁・具なし味噌汁・野菜ジュース

・NGドリンク
カフェイン含量の多いもの(コーヒー・紅茶など)・お酒類・牛乳・豆乳

③朝昼晩に6〜8回に分けて飲む。
④キンキンに冷やしたドリンクはNG(内臓の働きが低下して代謝が悪くなる)。
⑤好転反応(軽い頭痛や体のだるさなど)が現れた場合には水分・塩分摂取や軽い運動、十分な休息などで対処する。

3日ファスティングダイエット(断食)の注意点

3日間のファスティングに取り組む際に、注意していただきたい点について以下に示しました。

・3日ファスティングの前後2〜4日は消化の良い食材を用いた薄味の和食中心の食事とする。
・ファスティングは体が痩せやすい状態となっている生理後に行う。
・体調が悪くなった場合にはすぐに中断し、おかゆなどの消化の良いものを食べて様子を見る。
・運動をするなら激しい運動は避けてストレッチなどの負担の少ない運動を行う(栄養不足の状態での負荷が大きい運動はかなり危険)。
・3日以降も続けてファスティングを行うことは避ける(体調を崩しかねないため)。
・胃腸に障害がある方や摂食障害を患っている方、また、妊娠中・授乳中の方は必ず医師に相談した上で実施する。

これらのことに注意して取り組むことで、失敗してしまう心配を軽減できます。

痩せやすい体づくりができる3日ファスティングダイエット

今回は、3日間のファスティングで取り組んで得られる効果や取り組む方法、注意点について詳しくご説明してきました。
ファスティングダイエットに取り組むことで、効率よく痩せられるだけでなく、痩せやすい体づくりもできるため、ファスティング終了後にも効果が持続します。
最近痩せにくくなってきたと感じている方は、今回ご紹介した内容を参考にぜひ、3日間のファスティングダイエットに挑戦してみてください。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. ファスティングの回復食の選び方

    ファスティング中の頭痛は大丈夫?

  2. ファスティングを成功させる方法

    ダイエットするなら酵素ファスティング

  3. ファスティングの効果

    ファスティングは酵素ドリンクの飲み方次第で楽に!

  4. 断食ダイエット

    ファスティングの回復食には豆乳が最適!得られる効果と選び方

  5. ファスティング

    ファスティングに重要な酵素は、サプリメントでもいい?

  6. ファスティング後の回復食で二日目に適した食材について

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法