ファスティング回復食に人気の大根おろしの効果と回復食が必要な3つの理由

ファスティングの回復食

大根おろしとファスティングダイエット

ファスティングダイエットを成功させたい!コストをあまりかけずに、手軽で時短な回復食があればいいなあと思っている方には是非、大根おろしを取り入れた回復食をおすすめします。そこで今回は「大根おろし」についてお話ししていきたいと思います。

大根おろしに医者いらず

大根おろしは昔から「大根おろしに医者いらず」といわれるくらい体に良い食べ物で、薬効があるとされています。大根は煮て食べたり、炒めて食べたり様々な調理方法がありますが、生で食べることが体にとって一番良いとされています。そして、大根をすりおろすことで効果はさらに高まります。それは大根おろしに含まれるアリルイソチオシアネートという辛み成分に鍵があります。この成分は大根をすりおろすことにより、大根の細胞が破壊され生成されます。大根自体に存在せず、すりおろすことで化学反応を起こし発生する成分なのです。ワサビのツーンとした辛みも同様です。効果としては、消化促進、血液をサラサラにしてくれる、強力な抗菌作用、代謝を高めてくれるといった効果があげられます。大根をすりおろしただけで、これだけの効果がプラスされるのです。

大根おろしには酵素がいっぱい

そして大根には消化酵素が多く含まれています。酵素は熱に弱いので、火を通さないことで豊富に酵素を取り入れることができます。酵素はファスティングダイエットととても相性が良く、回復食と組み合わせることで効果を上げてくれます。消化酵素は消化の働きを活発にしてくれ、ファスティング後の胃への負担を最小限に抑えてくれます。消化酵素で使われなかった酵素は代謝酵素として脂肪分解を手伝い、代謝を上げてくれます。回復食では、いかに胃に負担をかけず、酵素を取り入れることができるかがポイントになってきますので、大根おろしを回復食にピッタリの食べ物です。

ビタミンCが豊富で丈夫な体や艶やかな肌になれる

そして大根には、食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。大根の皮にはビタミンCやビタミンPが多く含まれており、ビタミンCはコラーゲン生成を促してくれます。コラーゲンは体を構成するにおいて、とても大切な存在です。たんぱく質の一種であり、細胞と細胞の間の接着剤といった役割を果たし、歯茎や血管、骨や筋肉を強くして丈夫な体を作ってくれます。コラーゲン生成を促してくれるということは、お肌にもとても効果的で、皮膚のターンオーバーを整えてくれ、美肌効果も期待できます。ビタミンPはビタミンCのサポートする役割を持っています。大根の皮に豊富に含まれているので、大根は皮ごとすりおろすようにしましょう。

大根おろしは時間との勝負

大根おろしは時間が経つと辛み成分が抜けてしまい、効果も半減してしまいます。消化酵素も酸化しやすく、それに伴ってビタミンも失われていきます。30分で20%、2時間で50%の栄養成分が減少してしまうのです。なので、大根おろしは食べる直前にすることをおすすめします。

年間を通して出回っている大根は、値段もお手頃で気軽に手に取れる食材です。とても栄養価が高く、ファスティングダイエットにピッタリの食材ですので、皆さんもぜひ大根おろしを取り入れた、ファスティングダイエットに挑戦してみてください。

ファスティングは「誰でもすぐに始めることができる」「短期間で簡単に痩せることができる」「健康的なダイエット法」として、女性を中心に注目されているダイエット方法です。「誰でも簡単に」といわれているファスティングですが、実はファスティング後に回復食を摂るか摂らないかで、その効果は大きく変わってくるといわれています。そこで今回は、ファスティング後に回復食が必要だといわれている3つの理由について紹介します。

ファスティングで休ませた胃に負担をかけない

ファスティング中は酵素ドリンクを中心に、固形物を摂らない生活を送ります。固形物を摂らないことで胃や腸などの消化器官を休ませることもファスティングの目的のひとつです。ファスティングによって休ませた消化器官に、いきなり固形物を入れてしまっては大きな負担をなってしまいます。ファスティング後は胃や腸の働きがゆっくりになっているので、消化しやすいものを摂る必要があります。いきなり普通食を摂ってしまうと、消化不良を引き起こし胃痛や腹痛の原因となってしまうこともあります。

カロリーを抑えた回復食でリバウンドを予防

ファスティングでは食事を酵素ドリンクに置き換えることで、全体の摂取カロリーを減らすという目的もあります。1日から3日という短期間でも摂取カロリーを減らすことができれば、減量につなげることができるのは当然です。しかしせっかく摂取カロリーを抑えて痩せやすい体質に傾いているところに、高カロリーな食事をいきなり食べてしまっては、リバウンドの原因となってしまいます。特にファスティング後は体が軽い飢餓状態になっています。いつもよりカロリーを抑えているつもりでも、体は必要以上に栄養を吸収しようとします。これがリバウンドにつながる理由です。

回復食は食生活の見直しにつながる

回復食は胃や腸などの消化器官を少しずつ慣らしていくこと、リバウンドを予防するということの2つが大きな目的です。回復食が必要だといわれているもうひとつの理由は、食生活の見直しにつなげるということです。現代人は飽食過ぎるといわれていて、小腹がすいたらなんとなく食べ物に手を伸ばしてしまうという癖がついている人も少なくありません。ファスティングで食事を制限し、回復食で体に優しい食事を意識することで、今までの食生活を見直すきっかけとなります。消化にいいものはカロリーが控えめで太りにくいメニューが多いです。回復食をきっかけに食生活ががらりと変わり、継続したダイエットにつなげることもできます。

ファスティング後は焦らずに回復食を摂ろう

ファスティング後に回復食が必要な理由を知ることができたのではないでしょうか。ファスティングを成功させるには、いかに回復食期を丁寧に過ごすかによるとも言われています。ファスティングに取り組んだ期間と同じ期間を回復食期とし、ゆっくりと焦らずに過ごすことが大切です。「やっと食事が摂れる!」とうれしい気持ちが先走り、回復食期にたくさん食事を摂ってしまいがちですが、これもNGです。重湯や具のないお味噌汁から始め、おかゆや柔らかく煮た野菜を中心に腹5分目を目安に摂ることがポイントです。柔らかい食事でも咀嚼回数を増やすことを意識し、少量でも満腹を感じやすくしましょう。

ファスティング  ファスティング

関連記事

  1. 1日ファスティングのスケジュール

    ファスティングは一日と半日でも取り組めるのか

  2. ファスティングドリンクの代用

    ファスティング中のドリンクはコンビニにも売っているか

  3. ファスティング後は回復食でリバウンド防止!メニューやおすすめ…

  4. ファスティングの酵素ドリンク

    ファスティングで人気の酵素ドリンクランキング・代用品8選

  5. ファスティングの資格

    ファスティングの資格取得方法【取得難易度は高い?ファスティン…

  6. ファスティングの回復食

    1日ファスティングの初心者でも簡単にできるやり方【体重の減り…

  1. ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

    ファスティングの資格の種類は?口コミから徹底比較!

  2. ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指そう!

    ファスティングの通信講座の種類|通信教育で資格取得を目指…

  3. ファスティングドリンク人気のものを紹介

  4. ファスティングの回復食に豆乳

  5. ファスティングダイエット三日間の方法